ー スポンサード リンク ー

MCTオイルとココナッツオイルの違いは?効果や成分などの特徴を比較

注目を集めるMCTオイル、ココナッツオイルの違いは?


最近大きなスーパーでも見かける「MCTオイル」です。

 

バージンココナッツオイル、はミランダカーをはじめ、ハリウッド女優や
世界のセレブご用達オイルとして、「ココナッツオイル」の人気が
日本でも急騰しました。
 

一時は品切れで入手できないっ!なんてこともあり美容に健康にと
効果を発揮してくれる事は分かり、多くの人が使っています。

 


 

僕もダイエット効果もあり、体に良いオイルとして
使っております。

 
元々ココナッツオイルの持つ「中鎖脂肪酸」がその注目を集める
要因のひとつですが・・・
 

その中鎖脂肪酸100%と言われる「MCTオイル」とは?
 

それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか?
 

 

 

 

ココナッツオイルとMCTオイルは何が違うの?


様々な、うれしい効果を持つ「ココナッツオイル」は
いまや健康に良いオイルの代表的なもののひとつになっています。

 

以前は、ほとんど店頭でも見かけることはありませんでしたが
最近では多くのスーパーで取り扱われるようになりました。
 

また「MCTオイル」も注目されて大型スーパーで
見かけるようになりました。
 

どちらが良いのか悩んでしまう方も、多いのでは
ないでしょうか。
 

 

ココナッツオイルがなぜ、ここまで人気を集めたのか?


それはやはり「ダイエットや健康に良い」とされる
「中鎖脂肪酸」が含まれていること、これが大きなポイントです。

 

この中鎖脂肪酸は体に吸収されにくく、すぐに分解されて
エネルギーに変換されるという特徴を持っています。
 

一般的な油に含まれるのは「長鎖脂肪酸」です。
 

体に溜め込まれやすいためコンスタントに摂り続けると肥満の
原因となりやすいのです。
 

しかし「中鎖脂肪酸」の場合は、先述の通り、体に溜め込まれ
にくく、皮下脂肪を燃焼させてくれる特徴がありダイエットの
効果が期待できます。

 

また、殺菌作用や、アルツハイマー病や、中は生活習慣病が気になる
方にも効果が期待できます。
 

 

MCTオイルとは?


「MCTオイル」も「ココナッツオイル」と同じように注目を集める
オイルです。
 

「MCTオイル」はカラダの中に吸収されると、肝臓に運ばれて
すぐにエネルギーとして利用することができます。
 

カロリーをより、効率的にエネルギーに変えながら消費されていきます。
 

脂肪としても蓄積されにくく、長鎖脂肪酸と比べると
分解されて燃焼されるまでのスピードが約4倍も早いとも言われています。
 

 

MCTオイルとココナッツオイルとの違いは?その比較表!


ご存知の方も多いように、MCTオイルもいわゆる
ココナッツオイルです。

 

では、何が違うのでしょう・・・?
 

ヴァージンココナッツオイルは、ココナッツオイルの性質を
変えないように加熱しないで、ココナッツミルクから
ココナッツオイルを抽出して作ります。

 

ココナッツオイルの中鎖飽和脂肪酸は・・・?
「ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸」の3つの
成分でできています。
 

MCTオイルは、そのうち「ラウリン酸」だけを化学精製して
取り除き、「カプリン酸とカプリル酸」だけを残して作ったオイル
これがMCTオイルです。
 

MCTオイルは中鎖脂肪酸に特化しているオイル。
 

それぞれ中鎖脂肪酸という働きを期待できるという点に
おいては共通しています。
 

MCTオイルの場合は脂肪燃焼効果をより促してくれるなど
ダイエットに適した働きを見せてくれることが
大きな特徴のひとつとしてあげられます。

 

ようは、ダイエットを効率よく行いたい場合はMCTオイルの
方がよりおすすめと言うわけです。
 

まずココナッツオイルと違って無味無臭であること。
 

これは製造方法に違いがあり、ココナッツオイル自体は
胚乳を圧搾することで抽出されるものです。
 

MCTオイルはココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の
成分のみを取り出したオイルなのです。
 

ココナッツオイルには60~70%ほどの中鎖脂肪酸が
含まれるのに対して・・・
 

MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%となっています。
 

ココナッツオイルにたっぷり含まれる、中鎖脂肪酸の
「ラウリン酸」は、MCTオイルにはほぼ含まれていません。


 

中鎖脂肪酸の中でも「カプリル酸」「カプリン酸」だけを抽出したのが
MCTオイルだということが分かります。

 

成分比較

成分 MCTオイル ココナッツオイル
中鎖脂肪酸
C6:カプロン酸
中鎖脂肪酸
C8:カプリル酸
中鎖脂肪酸
C10:カプリン酸
中鎖脂肪酸
C12:ラウリン酸
長鎖脂肪酸
その他(オレイン酸、リノール酸、ステアリン酸)

 

 

MCTオイルには・・・?


MCTオイルの主成分はこの「カプリル酸」が多くを占めており
あとは「カプリン酸」です。

 

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)ダイエット本当の効果的なやり方は?



 

ではこの働きはとは?
 

 

カプリル酸とは?


脳内で代謝されるのが最速の脂肪酸です。

 

「脳オクタンオイル」とも言われます。

 
肝臓はこのカプリル酸を処理する必要がなく、脳細胞をはじめ
カラダの細胞へ直接届いて、エネルギーとして代謝されます。
 

カプリン酸は、ブドウ糖の代わりに脳の働きをサポートする
「ケトン体」を効率よく作ってくれるということで厳選されています。
 

 

カプリン酸とは?


ココナッツオイルでの含有率は「9%」以下です。
C8の「カプリル酸」に比べると、若干エネルギー変換効率が悪いですが
手頃な価格で手に入るのが特長です。
 

市場の多くの、MCTオイルメーカーがその成分の中心と
しているのがこの「カプリル」酸です。
 

その他、少し含まれている「カプロン酸」
鎖脂肪酸の中でも一番分子構造が短い中鎖脂肪酸になります。
 

しかし、ケトンに一番スピード変換されやすいという特長もあります。
 

この脂肪酸は若干の匂いや独特の味がします。
 

逆にちょっと喉焼けがしたりとか、胃腸の不調が
もたらされたりということもあります。

 

バターコーヒーには・・・?
脳を活性化させるために、MCTオイルが
使われている、意味が理解できたのでは無いでしょうか?
 

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」
紹介されているバターコーヒーにはMCTオイルを
使用しています。
 

脳が活性化され1日の活力が実感できます。

 

ココナッツオイルにも、もちろん脂肪燃焼効果は大きく
期待できますが・・・
 

抗酸化作用や美容面において高い効果を得やすいと
いうことがあげられます。
 

【自分を変える 最強の食事】「完全無欠コーヒー」が最強に痩せる組み合わせ

 

ココナッツオイルには・・・?
MCTオイルに無い「ラウリン酸」が含まれています。
 

「ラウリン酸」とは母乳などに含まれている成分の事で
 

 


その他・・・などの効果があります。
 

 

ラウリン酸とは?


ココナツオイルの成分で多くを占めているのはこのラウリン酸です。

 

一般的にラウリン酸は、抗菌効果があったり免疫力を上げたり・・・
「良い成分」とされていて「母乳」にも含まれることから
安全性が高いと言われています。
 

ラウリン酸には他のMCTには無いもっと大きな特徴があります。
 

それは抗菌性です。カンジダ菌や、クラミジア、腸内細菌に対する
抗菌性がとても大きいのです。

 

ココナッツオイルの抗菌性はこの「ラウリン酸」から来ています。
 

 

使い勝手


味の違いについて?
MCTオイルは・・・無味無臭です。
 

「MCTオイル」は温度の低い冬でもサラッと液体のままをキープし
います。

 

バージンココナッツオイルは?
味は、当然ですがココナッツオイルは「ココナッツ」の風味が
することで知られています。
 

独特の甘みがあって、好きな人もいますが、苦手な人も多いです。
 

また、ココナッツオイルは、24度以下だと固まるので
基本は固形です。

 

加熱は?

  • ココナッツオイルは加熱OKですが
  • MCTオイルは加熱NGです。

 
加熱OKという点では、「バージンココナッツオイル」
料理など幅広く使えます。

 

 

どちらを選べばよいか?


MCTオイル

値段が高くても、より効率的に「ケトン体ダイエット」
目指したい人に向いています。
 

ダイエットが主な目的なら、MCTオイルを選ぶべきでしょう。
 

中でも、ケトンに代わりやすいとされる、C6~C8がたっぷり
入ったMCTオイルを選ばないと意味がないかも知れません。
 

ただし加熱するような料理には向きません。

 

脳のための代替エネルギー源として作用してくれます。
 

近年、アルツハイマー病や認知症のような脳疾患の治療
または予防のためにMCTが利用できるのでは?
と研究者の大きな関心が集まっています。

 

バターコーヒーにはMCTオイルを入れて飲むが、ベストマッチングです。

 

 
また、ケトン生成により血糖値を下げる効果については
研究で実証されています。
 

MCTを豊富に含んだ食事を摂ることによって
2型糖尿病やインスリン抵抗性の改善効果が見いだされています。

 

バージンココナッツオイル
成分は、C12のラウリン酸です。

 

ラウリン酸はココナッツオイルには50%も含まれています。
 

価格もMCTオイルに比べれば安価ですし人工抽出された
オイルよりコールドプレスのエキストラバージンオイルで
あれば、なお安心とも言えます。
 

バランスの取れた天然由来成分はそのまま活かすのが
やはりベストです!

驚くべきヴァージン ココナッツオイルの効能、効果と使い道

 

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

健康に良い食材商品リンク
完全無欠朝食バター コーヒーで使用 健康に良い 食用油オイル 体に良いハチミツ 食品に関する 書籍
HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV

バージンココナッツ オイル

マヌカハニーMGO400+ 500g ジョコビッチの生まれ変わる食事
HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1  ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル  マヌカハニー バイオアクティブ 20+(UMF20+) 500g マヌカドクター【海外直送】 (1個) [並行輸入品] シリコンバレー式 最強の食事
業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター バージン オリーブオイル エキストラバージン オリーブオイル 酸度0.3%以下 250ml ココナッツ癒しパワー 健康で、美く
ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍 安全ですばらしい 亜麻仁油 フジッコ カスピ海 ヨーグルト 「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)
ギー・イージー 100g  MCTオイル グルテンフリー食品 はじめてのオーガニック手帖
コーヒー豆 プレミアムブレンド 100g レインフォレスト  ココナッツオイル100% ココヤシの泉 ナチュレオ 912g 【生活科学研究会】 オーガニック ココナッツ&ギー(グラスフェッドバター)325ml混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)にEU有機認証 

からだの中から若返るグリーンスムージー健康法

携帯出来る MCTオイル (20g×10包)  グルテンフリーパン 

あなたは半年前に食べたものでできている 実践編

 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー100g 携帯用日本製粉 アマニ油 ミニパック 5g 30袋  グルテンフリーパスタ