ー スポンサード リンク ー

見逃せない美容室におけるテクノロジーの進化

<<見逃せない美容室におけるテクノロジーの進化>>

b91712672fa86c495f07ccec5c9eb1c1
常に私たちは技術的な継承を身につけ、制作過程の時に駆使しながら制作することが必要ですさらにもうひとつ考えなくてはいけないことは、時代の進化とテクノロジー、コンピュータソフトの操作性とアプリケーションの質的向上の変化。

例えばカメラマンそれらは個人の画像処理能力を格段に進化させ、プロフェショナルの技術領域を侵食し、結果的に各自の現像技術やライティング技術に影響を及ぼし、逆にデザイン能力やコンピューターよる

画像処理能力が求められる様になり、町の写真館が姿を消しました。それは出版会社の編集システムにも侵食し、入稿方法のデジタル化を加速し、ページ全体のデザインを外部発注するという方向性も生み出しました。

<<ケミカルテクノロジーの進化は>>

7c57023148682cdbea2b6eba0708af9a
http://bit.ly/T3ZLno

メイクアップツールとヘアスタイリングツールに画期的な変化をもたらします。一口に「赤」といっても発色や装着感と粒子感の反射性などによって、どのようにでも変化させることができます。

また、医療用ラバーを転用した色素材は、単色に塗ることができ、不必要な場合には剥がせます。その他、1滴にも満たない少量で眉毛を張り付けることのできるボンドや、まつげのエクステと言う進化につながりました。

華氏80℃を境に形状を記憶するギブス用ネット、髪よりも細く染色自由なファイバーなどがあり、これらは色彩と形を表現する上で、不可欠なテクノロジーです。バイオテクノロジーの分野は、人間の肌を根本的に美しくする機能を持っています。

<<スキンケア分野のコラーゲン原料は>>

鶏・豚・牛に大別されます。動物性コラーゲンは人間の皮膚に近い組成を持ち合わせていますが、原料が持つウイルス感染の可能性から、特に牛コラーゲンは扱いが難しいものでした。

この問題に対してバイオテクノロジーは植物原料を牛コラーゲンの組成に近く開発し、広く使用されています。また視点を変えれば、無菌状態の牛をクローン技術によって、代用することも可能です。

整形外科分野における高純度な生理化学医療材料は、たとえば眉間にある縦ジワを即座に半永久的に消すことが可能です。また皮膚をつり上げる見えないテープ等開発されています。オプティカルテクノロジーの分野では、デジタルの進出が無視できません。

<<デジタルハイビジョンカメラの登場は>>

映画業界にとって画期的な出来事であり、それまでの職業カテゴリーを震撼させるインパクトがあるものでした。過去はフィルムで撮影していたものを今はデジタルデータのビデオ撮影で行い、画像クオリティは拡大率に耐え得るものとなり、ハイビジョンであることはフィルムより遥かに安価なコストになりました。

また、画像処理しやすいので映像の可能性が広がりました。画像処理の行いやすさは、ライティング担当者に新しい発想を要求するかもしれません。画像は画面内で簡単に明度・色層・彩度・全体部分を問わず

コントロール可能だからです。ソフトだけではくハードも、これまでのカメラよりも重量が軽くなったことにより、機動性を手に入れました。

<<このように様々な面から>>

常に新しい素材・科学・テクノロジーに目を向けることで、今までできなかった新しいデザインを発想することができます。いずれにしても、私たちの仕事は、手作業的な道具をベースに、単純かつ最小限なものによります。この根本はどのような未来であれ、変る事の無い部分でもあります。

シンプルでミニマルな道具と技術の鍛錬こそ、私たちに課せられた根本的かつ最大の課題です。表現をどのように機械的にオートメーション化しても、自分の手によって高い質の作品にすることができることこそ、表現者の喜びでもあります。

<<美容室分野でテクノロジーの大きな変化>>

17eb6b754eb59d7b51f9ba4ce9ec043e
http://bit.ly/14oRKLl

サービス面の変化が多く見受けられます。ポスレジも以前200万前後した物が今やipad、やiphoneでPOSレジが可能になり、iphoneでクレジット決済も今や可能になり、これもクラウドの進化によって何処でも売り上げ管理が出来る様に進化しています。

メニュー表示からレジ機能、電子書籍等、ヘアスタイルも、安格導入出来る様になりコスト削減につながりますこの様に気がつかないうちにデジタルの進化によって変化しています。

いかに早く取り入れてお客様に快適に又経営改善に取り組んで行くかがとわれてくると思います。

いずれにしてもこの変化は避けられないのですから考えてみてはいかがでしょうか?

表現は、コンサバティブであってはなりません。表現は新しい価値を発見することです。それは新しいと気づかないうちに表現されている場合すらあります。社会という多数派が信仰する価値に、次の新しい価値を提示することが表現者の使命でもあります。一部ある文献を使用

 

 

<<Just Tomio 塾>>

2月12日第一回セミナースタート 多くの方に参加いただきありがとうございます。

ゴールは、「売れるスタイリスト育てあげる」

第二回は3月12日です。

第1回 基本の価値

第2回 応用の力

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)