ー スポンサード リンク ー

WordPressのインストール方法:初心者でも簡単にできる方法

WordPressのインストール方法:初心者でも
簡単にできる方法


 

スクリーンショット 2014-01-14 21.24.27

 

 

WordPressは「どうやって作っていくの?」
「どこかでインストールしてくるのだろう?」

初心者向けにWordPressをインストールしてCSSやHTMLを
触る段階になるまでの設定順序を書いていきます。

WordPressのブログやホームページ作りは、今では小規模ビジネス
だけではなく大企業でも使われています。

特に美容サロンは頻繁に自分たちで,更新出来る,ホームページが
これから,集客に大きな武器となります。

それはWordPressが今や主流でソーシャルメディヤとの相性もよく
わからない点など、多くの人がNETを通じて説明しているので
後々調べやすい。

 

初心者でも安心といえるからです

書籍も多く出版されていますが、その辺を試した結果、僕自信が
実際ブログを作成していく中で
疑問や、わからなくなってつまずいた点を、網羅しながら説明します。

初めての人でもこの解説通り、すれば作成できるように解説して行きます

 

全体の手順


出来るだけ下記の手順通りに,こなすだけで、誰でも簡単に
WordPressをインストール出来る様に説明していきます。

まずはWordPressインストール方法の流れを解説します

 

  1. サーバー申し込み
  2. 独自ドメインの取得
  3. サーバー料金の支払い
  4. ワードプレスのインストール
  5. ログイン方法とWordPressの使い方

 

まずこの方法は、初心者がFTPと言うファイルをアップロードをする
ソフトを使わなくてもWordPressをインストールする事が出来切る事も
利点の一つです。

 

スクリーンショット 2014-01-14 21.25.02
 

1.サーバーの申し込み


サーバーとはとは「ネットワークで繋がったコンピュータ上で
他のコンピュータにファイルやデータ等を提供するコンピュータ、
またそのプログラム」を指します。

このやりとりをするために自分のブログを置いておく場所と考えてください

 

WordPressをインストールする為に必要な経費をですが

サーバー代金:初期費用3150円、月額1260円
ドメイン代金:年950円

期間によっては割引があったりするので、あくまでも標準金額です。

 

WordPressのインストールには、まず、専用のサーバーが必要になります。


サーバーのレンタルサービスは数多くあリますが、幾つかレンタルした結果、
僕はエックスサーバーを推奨している。


理由は下記の通りだ。


  • アクセス数が多くなっても安定して動作する
  • サイバー攻撃にも強く、サポートが早い
  • ファイルマネージャーといって、FTPを知らなくてもファイルを
    アップロードできる機能があり、初心者にも使いやすい

まずは、エックスサーバー にアクセスして以下の手順で申し込みをします。

http://www.xserver.ne.jp/


 

1.1トップメニューのお申し込みをクリックします


スクリーンショット 2014-01-12 12.26.10
 

1.2トップのメニューバーの申し込みフォームをクリックします


スクリーンショット 2014-01-12 12.31.52
 

 

その後この画面になったら新規お申し込みをクリックします

スクリーンショット 2014-01-12 12.31.12
 

1.3利用規約書に目を通し、同意するをクリック


スクリーンショット 2014-01-12 12.39.59
 

 

1.4サーバーアカウントの新規サーバーお申し込みをクリックします


スクリーンショット 2014-01-12 12.55.58
 

 

1.5任意のIDを入力作成します


スクリーンショット 2014-01-12 12.56.32
 

サーバーIDの欄に任意の半角英数字を入れて見ます。

スクリーンショット 2014-01-12 13.00.30
 

半角英数字で任意のIDを入れてみて、矢印の検索ボタンをクリックし
使用されていなければ申し込みボタンが表示されます。

お申し込みをクリックします。

 

1.6お申し込みフォームに必要事項を入力します。


お申し込みフォームの入力画面になるので、指定の通りに入力を
していきます。

スクリーンショット 2014-01-12 13.29.44
下図のように、お申し込み内容を下に書き進めていくと

申し込むプランを選ぶ、タブがあります。(小さい囲みの所です)
最も安いプランである月額1,260円のX10で問題ありません。

当ブログもX10プランで運用しています。

確認をしたら、下部に「お申し込み内容の[確認]」というボタンを
クリックします。

 

スクリーンショット 2014-01-12 13.30.13
必要事項内容に問題なければお申し込み確定をクリックします

 

スクリーンショット 2014-01-12 13.52.16
 

1.7サーバー設定の完了メールが届くまで待ちます。


この画面が表示されてから24時間以内にサーバ設定が行われ、完了次第
メールが届きます。実際は、2〜3時間で完了メールが届く場合が多いのです

定期的にメールボックスを確認しましょう。

スクリーンショット 2014-01-12 13.57.38
メールが届くまで申し込みは完了していませんが
申し込み完了メールが届くまでの間、次の作業をしましょう。

 

2.ドメインを取得する


WordPressを使う際に、サーバーと同時に、必要になるのがドメインです。

ドメインとは?

ブログやホームページの住所のようなものです。

スクリーンショット 2014-01-12 14.20.50
このドメインはブログや、ホームページを作るとしたら,出来るだけ短く
覚えてもらいやすく、ホームページだったら会社名及びショップ名

ブログだったら書こうとしているテーマにそった名前を(ゴルフをテーマに)
書く場合トップページに表示されやすいドメイン名にすると良いとされています

あなた自身の好きなドメインを取得しよう。
早速、バリュードメインにアクセスして、下記の手順で独自ドメイン取得に進めよう。

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BFELN+65H9TE+CO4+15OZHV
バリュードメインの登録からドメイン取得までの流れ

初めにユーザー登録を行い下記のような流れになります。

スクリーンショット 2014-01-12 16.35.39
 

 

 

2.1トップメニューのユーザー登録をクリックする


スクリーンショット 2014-01-12 15.01.53
 

 

2.2ユーザー情報を入力する


下の図のように、各種項目の入力画面に移りますので、必要項目を
入力しましょう。

スクリーンショット 2014-01-12 14.35.14
 

 

ユーザー登録はドメインを取る為にVALUS-DOMAIN.COMと言う
ドメイン会社に登録するので好きな名前とパスワードで登録します。

アルファベットと日本語で入力します。
特に電話番号入力は注意が必要です。

 

スクリーンショット 2014-01-12 14.35.47
 

入力項目を埋めたら、利用規約に目を通し、下の図の赤枠の部分の
「規約に同意する」のチェックボックスにチェックをいれて

「ユーザー登録」ボタンをクリックしましょう。

スクリーンショット 2014-01-12 14.37.21
 

下記の画面になります。赤枠で囲んだ「ログイン」の文字をクリックし
先ほど登録したIDとパスワードを入力して、早速ログインしましょう。

スクリーンショット 2014-01-12 14.57.54
 

 

 

2.3 新規ドメインの取得をクリック


ログインすると、ユーザーコントロールパネルの画面になります、
下図の矢印で示している 新規ドメインの取得をクリックします。

スクリーンショット 2014-01-12 15.32.37
 

 

2.4 希望するドメイン名に空きがあるかを確認する


下図で示しているボックスの中に、希望するドメイン名を半角英数字で
入力します。また、希望するドメイン名の末尾(.comや.net.jpなど)を

選んで、チェックボックスにチェックを入れましょう。
入力が終わったら、すぐ下 「空きドメインか検索」ボタンをクリックします。
特にこだわりがない場合は、価格が安くメジャーな.comをおススメします。

スクリーンショット 2014-01-12 15.43.29-1
 

 

希望ドメイン名に空きがあれば下の画面になります。
赤枠で囲った「取得する」をクリックしましょう。空きドメインが
ない場合は、希望IDを変更して再度検索して下さい。

スクリーンショット 2014-01-14 15.53.46
 

2.5ドメイン代金の支払い


下図のようにドメイン登録の画面になる

ドメイン登録
 

画面を下にスクロールすると、不足金額のご入金について という画面が
表示される。

クレジットカードで支払う方は上の枠を、銀行振込など
クレジット以外の方法で支払う方は下の枠をクリックして下さい。

 

スクリーンショット 2014-01-14 16.33.06
 

支払い方法や登録方法にに関して
詳しくはバリュードメインのマニュアルを参照して下さい。


スクリーンショット 2014-01-14 17.04.15
 

クレジット支払いも可能です。

スクリーンショット 2014-01-12 16.14.24
 

 

2.6 エックスサーバーと関連づける


ドメインを取得したら最後にもう一息です。

ユーザーコントロールパネルに移動して下さい。そして、下図の赤枠で
囲った「ネームサーバーの変更」をクリックしましょう。

スクリーンショット 2014-01-14 17.16.52
 

 

先ほど、取得したドメイン名の横のチェックボックスにチェックをいれて、
変更ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2014-01-14 17.17.16
 

 

このような画面に移ります。

スクリーンショット 2014-01-14 17.17.30
 

 

ネームサーバー1〜5のそれぞれの入力欄に下記の文字をコピー、ペーストします。
一つ一つ同じで大丈夫です


ネームサーバー1:NS1.XSERVER.JP
ネームサーバー
2:NS2.XSERVER.JP
ネームサーバー3:NS3.XSERVER.JP
ネームサーバー4:NS4.XSERVER.JP
ネームサーバー5:NS5.XSERVER.JP


入力したら「保存する」ボタンを押します。これでドメインの取得は完了です。

 

3. エックスサーバーの設定


 

ドメインを取得したら、先ほど途中まで進めておいた
エックスサーバーの設定に進みます。

 

3.1設定完了メイルを確認します


下図のように、エックスサーバーから
Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせというメールが
届いています。

スクリーンショット 2014-01-14 17.37.01
 

このメールの中には、次の重要な情報が含まれています。
▼ユーザーアカウント情報

  • 会員ID:
  • メールアドレス:
  • パスワード:

▼サーバーアカウント情報

 

  • サーバーID:
  • パスワード:
  • サーバー:
  • FTPホスト:
  • FTPユーザー:
  • FTPパスワード:
  • Mailサーバー:

 

これらの情報はなくしてしまうと厄介なので、大切に保管しておきましよう。

 

3.2インフォパネルにログインします


インフォパネルにアクセスして、先ほどのメールに書いてある
会員IDとパスワードを入力してログインしましょう。

スクリーンショット 2014-01-14 18.05.53
 

3.3サーバー代金の支払い


ログインしたら、下図の赤枠で囲っている料金のお支払いをクリックします。
ログイン後、ページの左側に下記の様な囲みがあります

スクリーンショット 2014-01-14 18.12.54

 

下記の画面になるります。
下記の容量で、チェックボックスにチェックを入れて、②更新期間を選び

「お支払い方法を選択」をクリックします。
※更新期間は3ヶ月から1年まで選択できるので、任意の期間を選びましょう。

 

2014-01-14 18.14.31
 

お支払い方法をクリックすると、料金の支払い画面に移ります。
支払いは、「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ決済」
「ペイジー」の4つから選択でます。

クレジットカードの自動引き落としを選ぶと、更新期間が切れるごとに
自動的に更新をしてくれるので非常に楽です。

 

3.4取得したドメインと関連づける


再度インフォパネルのトップページに戻ります。
画面下の「プラン」の箇所よりサーバーパネルにログインします。

スクリーンショット 2014-01-14 17.50.21-1
 

サーバーパネルにログインしたら、下記の赤枠で囲っています
「ドメイン設定」をクリックしよう。

スクリーンショット 2014-01-14 19.27.35
 

 

次にドメインの追加設定をクリックします

スクリーンショット 2014-01-14 17.51.48
 

 

入力欄に、先ほどバリュードメインで取得したドメインを入力し、
ドメインの追加 をクリックします。
※.comや.bizなどの部分は、プルダウンメニューから選択すます。

スクリーンショット 2014-01-14 17.52.17
 

これで、サーバー側の設定も終了です。
いよいよ、後はWordPressをインストールするだけです。

※エックスサーバーとドメインの関連づけが反映されるまでに数時間ほど
かかる場合もありますので注意しましょう。

 

 

4.WordPressをインストールする


いよいよWordPressをインストールしてみましょう。
あなたがやることは、指示の通りにボタンをクリックするだけです。

 

4.1サーバーパネルの設定対象ドメインを変更します。


エックスサーバーのサーバーパネルの、左側メニューを下までスクロール
して一番下に下図のようなボタンがあります。

 

ここで設定対象ドメインを変更する必要する事があります。
僕の場合.comでしたのでプルダウンメニューから選びます。
スクリーンショット 2014-01-14 19.27.19-1
 

xsrv.jpの横のプルダウンメニューからドメインを取得した
関連づけた独自ドメインを選択し
設定対象ドメインの変更 をクリックします。


 

4.2WordPress自動インストール


サーバーパネルのメニューの中の、「自動インストール」をクリックします。

スクリーンショット 2014-01-14 20.17.14
引き続き、プログラムのインストールをクリックします。

スクリーンショット 2014-01-14 20.22.14
 

 

下にスクロールすると、メニューの中に、以下のような
WordPress日本語版というものがあります。
インストール設定 をクリックしましょう。

スクリーンショット 2014-01-14 20.24.59
 

 

すると以下のページに移動しますので、指定項目を入力します。

※下図のように、「現在お使いのバージョンはPHP5.1」です
という表示が出る場合は、そのすぐ下の「PHPバージョン設定」を
クリックして、指定のバージョンに変更します。

スクリーンショット 2014-01-14 20.25.44
 

5.ログイン方法と使い方


最後に、WordPressブログへのログイン方法の解説と、
使い方がまとめられているページを紹介します。

 

入力項目に関して解説しておきます。

  • インストールURL:設定対象ドメインの変更で指定した
    ドメインが表示されている。
    ドメイン下に、サブディレクトリを作成して、そこに
    インストールすることもできます。(スラッシュ(/)以降の部分)

  • ブログ名:ブログのタイトル。後からでも変更可能です。
  • ユーザー名:WordPressログインに使う任意のユーザー名を入力
    します。例えば(admin)等、覚えやすいもの
  • パスワード:同上
  • メールアドレス:WordPressからの情報が届くようになります。
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」にチェックを
    合わせておきます。

入力が終われば、右下の「インストール」をクリックします。
以上で、WordPressのインストールは終了です。

 

5.1 WordPressブログへのログイン方法


 

WordPressへログインする際には
あなたのドメイン.com/wp-admin と入力すると下図のような
ログイン画面へ入ることができます。

 

スクリーンショット 2014-01-14 20.49.38
 

自動インストールの際に入力した、ユーザー名 とパスワードを入力して
ログインするだけで、自由にブログ記事の投稿やデザインが
出来るようになります。






XSERVERレンタルサーバー無料でお試し期間が有ります。




インストールまで説明されている他のサーバをしょうかいしときます。


↓下のリンクの説明がわかりやすく、皆様は是非参考にしてください。