ー スポンサード リンク ー

ヘアデザイナーとしてのプロ意識

ヘアデザイナーとしてのプロ意識

本来プロヘアデザイナーとは会社に所属していても、お店や所属している会社に

頼るのではなく、自分の力と人気で売上としての人気を上げていかなければ

本物のプロとは言えません


 プロとして職業的に常に何時の時代も人気を得ていくためには?

よくピン芸人と呼ばれある一時期に人気が出ても消えてしまう人

自分では「出来ている」または「(プロとしての技術を)習得している」と思っていては

真のプロとはいえません。

時代とともに消える運命にあります。

 

しっかりした基礎を身につけ、自分の能力向上のために

上のレベルを目指していく

状態でないと、ファン層に見放され、時代に取り残され

プロとして成り立ちません。

もし心からプロヘアデザイナーとして成功を願うなら一生を通じて努力し続ける覚悟が

必要になります。

 

死ぬまで求道(自分の道を脳力向上のため追い求める気持ち)

私たちがプロとして目指さなければならない目標

「多くの自分のファンを獲得する」これだけです。

この目標に向かって熱意を持って集中できれば皆さんは、どんなに時間がかかろうとも

プロとして多くのフアンを獲得することができます。

なぜならどのような職業であれ、その本来の目的に向かって集中し実行し達成すること

そのこそとこそ意味があるからです。

 

極端に言えば、それ以外の楽しみは目的に

向かうことに対してのノイズで有り無駄なもの

と言い切ることが出来ると思います

プロデザイナーを目指すためのこの期間にそのような無目的な時間は一切ありません。

私たちは美しいものを創り出し多くのファンを獲得するために学び

レベルアップの努力をしていきます

 

そして相違工夫し考え抜かれて創りだされたデザインは


コミュニケーション・ツールであり「第三の言語」です。

皆さんが作り出すデザインは第三の語源として人と人とを深くつなぎ

さらに新しい縁と絆、ファンを作ります。

多くの皆様に口伝えに広まっていくためには

たゆまない努力と心をこめたデザインが要求されます

心豊かな人間性と、心をこめた技術の提供こそがフアン獲得のための秘訣です。

 

プロとして多くのフアンを獲得するためには?

プロとして多くのファンを獲得し社会的に成功を手にするためには、

精神と身体に関わる全てのバランスを問われ、実際収入の格差が生じます。

 

自分のセンス、表現が社会に受け入れられ、それに接する人々に良い影響を与え

それにより高い評価を報酬を得て、さらに人脈を拡大し、最終的により進化した

次のステージに前進する

 

このサイクルがデザイナーの具体的な経済活動です。

ここには激しいファンの目と競争が存在します。

プロの世界では一般、マーケットで受けない場合は

忘れ去られ退場を余儀なくされます。

 

ではお客様を望み通りしていれば素晴らしいデザイナーなのか?

これはイエスとも言えますし、ノーとも言えます。

イエスの理由は、望みを叶えることこそヘアデザイナ一仕事

でも言われた通りした仕事が結果的に喜ばれないことも多々あります

ノーの理由は、多くの人に受けようと思うがあまり

芸術性や、先進性、革新性、などに目も向けず、経済活動のみに追求していき

結果的に技術の安売りになる危険性を孕んでいるからです。

時にはリスクを背負ってでも新しい提案と革新性が必要です。

 

一流のプロとは?

素人に受けるだけではいけない。玄人に受けるだけでもいけない。

その両方に受けるのが本物のプロである、と言えるでしょう。

私たちが目指しているのは本物のプロであり一流デザイナーです。

いったん獲得した安定度のある実生活に絶えず疑問の目を向け、

世界や時代の要求に対応できる柔軟性を自分自身に忘れず、これだと確信できる

領域に自らの代償を払って挑戦することができる精神力と行動力こそ

一流プロなのです。

 

この自立とはサロンビジネスにも通じる事ですが

主にフリーランスを目指す人言える事です。

サロンビジネスの中ではサロンに所属する事で多くの事が守られています。

月に依ってはお客様が来店されなくても一定の保証は得られます。

会社では、交通費はじめ、社会保険、福利厚生と多くの面でまもられています。

その分命令に従い時間内には待機していなければなりません。自己犠牲も発生します。

 

真の自立フリーランスとは営業を始め仕事の進め方、自己管理を含め

明日仕事があるとは限りません

今日の仕事は今日で終わり明日からの保証はないのです。

その分自由が有り、この自由も自分で自己管理して行かないと行けません。

もちろん勤め人よりこの時間は自分の為のフリーな時間として創る事は可能ですが

 

生活して行く上でのゆとりがないと、いい仕事はできません。

 

色々な文献を参照

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)