ー スポンサード リンク ー

自分の肌タイプの見分け方

はじめに肌について考えてみましょう

肌は人間の体の中で最も大きい面積を持っています。

肌は私達の体を保護し、体の老廃物を排出する媒体となり、暑いと感じた時には汗をかき
寒いと感じた時には震えてエネルギ供給量を増やす事で温度調節の役割を果たします。

さらに重要なのは、呼吸の大半は皮膚で呼吸していると言う事です

肌は他の臓器と違って露出していますし、ストレスの兆候が真っ先に現れる
部分でもあります。
ですからどんなに丈夫な肌でも手入れを怠る事はできません。

レチノイドの発見などのおかげで、最近のスキンケアは肌の若さを取り戻す
手助けをすると言う事が科学的に証明されて来ています。


自分の肌の見分け方

自分にあったスキンケア商品を選ぶにしても、まずは自分の肌がどのタイプに
当たるのか知らなければ逆効果になりかねません。

 

スクリーンショット 2014 07 12 18 19 36
お肌は、肌表面の水分量と皮脂量のバランスによって、分けられます。

肌のタイプは大きく分けて次のように分ける事ができます。
の4つに大きく分けられます。

 

普通肌(混合肌)・コンビネーションスキン

色々な要素が混じっているこのタイプは普通肌に近いかもしれません。
顔全体に潤いがあり、頬が少し乾燥するTゾーン以外が少しカサカサする

Tゾーンはやや皮脂量が多い,他の部分は皮脂量、水分量のバランスが取れている
これは普通肌です。

大抵の人の肌は乾燥する事もあれば、敏感になったり、オイリー(脂性肌)になったりもし
ときにはその3つが1度に現れたりもします。
普通肌はオイリーなTゾーンとやや乾燥しがちな頬とが共存します。

ですから手入れは両方満たすスキンケアは今の所、存在しませんので、乾燥がちな所には
必要なだけ油分を与え、それ以外の所では油分を吸収する様な、
ドライ肌用と、オイリー用と2つ揃える必要があります。

2倍の出費の様に思えますが、両方とも2倍長持ちしますので
かかる費用は同じと言えます。

 

スクリーンショット 2014 07 12 17 51 34

乾燥肌・ドライスキン

カサカサして艶が無い、潤いが無く肌荒れしやすい、小じわができやすい
これが乾燥肌の特徴です。

ドライスキンはオイリースキンの悩みの種である、ニキビに悩まされる事は
ありませんが老化が早く、カサつきやすいのが難点です。

毛穴が目立ちにくく、皮脂の分泌は少ないのですが、ドライスキンは
吹き出物が出ない、と言うのは迷信にすぎません。

ほとんどの人はタップリのオイルを肌にすり込むことでドライスキンに抵抗しようと
しますが、実際にドライスキンに足りないのは水分です。

必要な事は、こまめに水分補給をする事です。プロモデルは日本のように湿気が多い
国でも、撮影の合間に大きいペットボトルを持参し水分補給をマメにしています。
習慣になっているのかもしれません。

人間の体は1日に600ミリリットルの水分が皮膚から蒸発しています。
ドライスキンの人は少なくても800ミリリットル以上取った方が良いと言えます。

スポンサード リンク



化粧落しもクリームタイプが乾燥肌には最適です。

水溶性のクレンジングは肌を一層乾燥させます。1日2回の保湿ケアを
欠かさない事、時々集中的に夜のお手入れをする事をお勧めします。

そして肌にあった保湿クリームを使う事です。
肌は睡眠時に最も有効成分を吸収するからです。

イギリスは、国自体が乾燥しているので、保湿クリームはよくできています
またバスオイルも発達しています。
匂いの種類が多くバスタブにオイルを入れて肌の保湿をしています。

 

スクリーンショット 2014 07 12 18 31 05
僕もロンドンに住んでいる時はバスオイルを入れていたのですが、持ち帰って、
日本で使用したら,日本では必要ない事に気がつき、オイルよりも各地の温泉の元、
もしくは硫黄か、ドイツのオイル分の少ないクナイプが良い事に気がつきました。

それだけ日本は湿気が多いと言えます。肌の為に良い国です。

 

脂性肌・オイリースキン

もしあなたがオイリースキンの持ち主なら、肌の老化に関しては,当たりくじを
引き当てたと言ってもいいでしょう。

 

スクリーンショット 2014 07 12 18 09 52
肌がてかてか脂分で光っている、きめが荒く毛穴が開いている、肌が汚れやすくニキビが
できやすい、化粧崩れがする,皮脂量が多く、水分量も多いこのようなタイプが
脂性肌、オイリースキンです。

老化の兆しと言える小じわや,ちりめんシワができる年齢は遅いのですが
オイリースキンの人は逆の悩みがあります。

皮脂の分泌が多いと言う事です。この天然の保湿剤、気候の変化やエアコンといった
外部からの侵略から表皮を守り、肌の若さと潤いを保ちますが、一方で油分の分泌が
過剰になり、その影響で毛穴が開き、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

油分を取ろうとして過剰に洗顔したりする事で、足りなくなった油分を補おうと
皮脂腺から皮脂が活発に出てくる事になります。

スキンケアは油分を取り除こうと刺激の強い化粧品やアルコールを多く含む
化粧品を使用すると一時的にはサッパリしますが、長い目で見た時、
状態を悪化させるだけです。

メイクに関しては、化粧品の選択がポイントになります。
化粧品の宣伝文句が、”サテンの様な仕上がり”とか”つやのある”などと言った宣伝文句
のモノに手を出してはいけません。

これらの化粧品は油分や、シリコンが含まれていて、塗るだけで顔が
脂浮きしたように見えてしまいます。

変わりに”オイルフリー”と表示された化粧品や、基礎化粧品をえらぶようにします。

また、ほお紅や、アイシャドウ、ファンデーションもパウダータイプを使いましょう
化粧崩れが少なくなります。

オイルスキンはクリームタイプよりも石けんのように洗い流すタイプが、サッパリ感が
得られて良いでしょう。

 

敏感肌・センシティブスキン

ほとんどの人が何らかのアレルギー症状を経験した事があるでしょう。
しかし本当の敏感肌というのは,大変まれなものです。

決まった化粧品以外は湿疹がでる、化粧品はどれを使っても赤くなり痛い、環境や
食生活の変化、ストレスで感受性が増え体質が変わり外部からの刺激に
敏感になりカブレを起こしやすい。このタイプは敏感肌です。

運悪くあなたがすぐに赤くなる肌の持ち主ならドライスキンと同じ様に扱いましょう

アルコールや、活性剤(1部のクレンジング料や石けんに使用されている洗浄剤の1種)を
含む刺激の強い化粧品を避け香料の強く無い物を選びましょう。
”無香料”の表示には注意が必要です。

臭い消しの為に別の科学薬品が含まれている事があるからです。
また天然成分とコンセプトも魅力的ですが、敏感肌は、植物エキスに強く反応する
事がよくあります。

”低アレルギー誘発生”と表示された化粧品(それでも念のため成分を確認しておく方が賢明です)
特にカオリン、カモミール、アロエ、などの消炎作用を持つ成分を含む物を
探すようにしましょう

最近メイクアップ化粧品にも詳細な成分の表示がされるようになったので、
スキンケアと同じようにチェックすればアレルギー反応は最小限におさえられるでしょう。

 

メイクブラシ

簡単スキンタイプチェックリスト

  • あなたの肌は固くてカサついていますか?もしそうなら、あなたはドライスキンです。
    乾いた肌は、油分でなく水分を必要としています。
    飲み物で十分水分補給をし、水分を多く含む基礎化粧品を使いましょう。
  • あなたの肌はオイリーですか? 刺激の強い化粧品は肌の皮脂を必要以上に取り除き
    肌荒れの原因になります。クレンジングは皮脂を溶かすオイル系の物を選び
    オイルフリーのローションで潤いを補給しましょう。
  • 不幸にも敏感肌のあなたは?アレルギーの原因となる香料や植物エキス、ラノリンを
    含まない化粧品を使う様にしましょう。
  • 簡単に知る方法として、耳の中を掃除したとき取れる汚れ(耳くそ)は湿っている、
    カサカサしてる。
  • 湿っている人はオイリー肌です。
    逆にカサカサしてる人は、ドライスキンと言えます。
これは頭皮にも当てはまります。