ー スポンサード リンク ー

ゴルフで自分の心を鍛える?

ゴルフで自分の心を鍛える

リーマン・ショック以降景気は落下の一途をたどりこれからのビジネスマン並びに

経営者に求められるものは逆風だろうが荒波だろうが

関係なく安定的に結果が出せる力を身に着けること

これはゴルフに実に共通するところがあります。

ゴルフも片手シングル近くになると雨だろうが強風だろうが安定したスコアを

出してきます。

それには技術と戦略、自分の考え方に(心の持ちように)かかって来ます。

 

私が長年ゴルフをしてきた中で、年代(年齢)に応じた

楽しみ方があると書きました。


しかしシングル入りを目標とした場合、当初の練習はサンドウエッジ(58度)

一本持って練習することをお薦めします。

そうは言っても「ドライバーも打ちたい」と

言うことに当初なります。

せいぜいドライバー、6番アイアン、サンドウエッジ、位にして下さい。

 

基本の基本はアプローチにあります


当初、腕の位置がバックスイングで45度から45度まで力強く振り抜きます

足は揃え気味で左足つま先後ろにひき15度位オープンにして体の回転だけで打ちます。

だんだんボールにコンタクトできて散らばっていたボールが直径1メータ位に

集まってくるとクラブの芯でボールを捉えることができ楽しくなってきます。

左足を軸に足をグラグラ動かさないように意識し左に回転します。

 

45度から45度までしっかり打ちます。緩めないことが大切です。

同じ要領でハーフスイング、クラブが重たいので。重さを利用しながら

しっかり振りぬくことを練習します。

 

これがなぜ大切か?最終的に最小スコアで上がるために

初心者はグリーンまわりのアプローチミスが多く、結果スコアを乱すことが

多いからです。

もう一つはゴルフクラブの中で一番重いクラブがサンドウエッジだからです。

これを降ることで体の軸がしっかりして適度な力の配分がわかるようになります。

でもこれが練習場に行くとドラーバーで飛ばしたくなり

なかなかこの言葉を信じて出来ません

 

学生が強制的にコーチから言われてじゃないと、実行でいないものです

目標はシングルです。しかし信じて練習できないところに、自分との格闘があり

実行できる人はメンタル面でも克服できたことになり目標に早く

到達することまちがいなしです。

チャレンジしてみて下さい。色々な魔のつぶやきが練習中に言い寄ってきて

すぐ長いクラブを振り回したくなります。

 

自分との心の戦いご理解いただけたでしょうか?

営業マンが一ヶ月の売上目標たて、実行しようとし頑張りますが

今日は厚すぎて少し喫茶店で休憩、まだ時間もあるし

この誘惑に負けそうになるのと、同じです。



さあ挑戦して下さい

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)