ー スポンサード リンク ー

美髪をつくる 髪の乾かし方

髪をドライヤーで乾かす


美髪は髪の艶や、顔のシミも、たるみも、きれいにメイクした顔も、カモフラージュ
してくれる。

毎日の手入れ次第で、髪に差を生む。
正しいドライヤーは、頭皮も姿勢も、きれいにしてくれます。

 

 

ドライヤーをかける時のポイント


髪のケアはちゃんとしているつもりなのに、綺麗にまとまらない!
そんな人はもしかしたら乾かし方が悪いのかもしれません。

 

スポンサードリンク




 

ブロードライする前に知っておきたい事


ドライヤーをかける時の機具を機会があったら、みなをしてみる。
スクリーンショット 2015 02 12 13 06 59


 

ドライヤー


ドライヤはどなたも持っていると思いますが、最近はマイナスイオングッズが出ていますが、
ドライヤーも少し高めですがイオンをだすドライヤーが出ています。

 

ドライヤの選び方
温風や冷風が出るだけでなく、髪の健康を保つさまざまな機能を
備えたドライヤーが増えています。

価格も数千円のものから2万円前後のものまで幅が広いので、
どれを買っていいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

ドライヤーで重視するポイントは、なんといっても「風量」です。
プロはワット数が1200Wとか選び、壊れにくいものになりますが、

その分重たくなります。
自分でドライヤーを掛ける場合、軽さも必要です。
軽量で熱量、風邪の強さが微調節可能なものが良いと思います。

熱で乾かすと言うより、風が大切になります、またノズルの形も
気をつけて下さい。

あまり安いものは、それなりです、最低5000円以上のものが
良いかと思います。

ドライヤーの代わりにくるくるドライヤーとか、種類も豊富です。

 

スクリーンショット 2015-02-12 14.27.23


 

Panasonic ヘアードライヤー ナノケア 白 EH-NA96-W

 

 

A) デンマンブラシ


最もよく使うのがこの目の粗い、デンマンブラシです。ドライヤーをかける時は
目が荒目のブラシが適しています。

最近はクッションブラシタイプが出ています。これだとシャンプー時にも使えます。
もちろんプロも使っています。

 

クッションブラシ


 
頭皮部分に歯先を当ててグルグル、モミモミして頭皮に軽い刺激を
あたえたり、頭皮を軽くポンポンと叩いて刺激をあたえたり、
トリートメントをまんべんなく、髪の隅々まで伸ばしたりと、便利な使い方色々できます。


 

B) スケルトンブラシ


こちらはデンマンブラシより目の粗いブラシになります。その分髪の抵抗が少ない
ブラシです。
ショートヘアなどには向いています。ちょうど手で髪を内から外へと乾かすように
使用し最後の仕上げも、手櫛を入れたような髪の毛束感が出ます。

 

スクリーンショット 2015 02 12 12 58 40

 

C) 猪毛のロールブラシ


猪毛のブラシは静電気が起きにくく、猪毛のクッションブラシはブラッシングブラシと
して一つあると良いと思います。

最近ブラッシングする人が少なくなりましたが、ロングヘアーにはシャンプー前など
良くブラッシングしてあげると、頭皮の皮脂が髪に行き渡り艶が増します。
もちろん優しく頭皮の汚れも浮き立たせてくれます。

ブローで前髪の形や毛先をロールするときに使える、ロールブラシ、ご自分の
髪の長さや、使う目的によって大きさを選ぶと良いと思います。

 

クシ(コーム)


クシも出来れば3種類位あると、便利です。

 

D) コームの手元がとがったコーム
これは横の髪を分けとる時に便利です。プロはアップヘアを創るときに使います。
少しクシの目は細めが良いです。

逆毛を自分で建てるときなど、重宝します。

 

E) カットコーム
目は荒いのと目が詰まったものと二種類あるもの
前髪を自分で切るときなど、荒い方で前髪を抑えて、ハサミを立てにカットしたり
できます。

 

ジャンボコーム(荒歯のコーム)
荒歯のジャンボコームが個人としては一番、使うかも知れません。

 

スクリーンショット 2015 02 12 13 19 54

 
シャンプー時のコンデショナーをまんべんなく内側につけるときや
もちろん、からまった毛を、ほぐす時、ブロードライ後に
(洗い流さにトリートメント)を付けてジャンボコームで梳かして上げる
など、髪の中まで行き渡りサラサラすることでしょう。

 

ドライヤーで乾かす時のコツ


タオルドライした後はすぐに乾かすことお薦めします。
顔に化粧水や、保湿クリームを塗って顔のケアが終わったらすぐに乾かします。

早めに乾かします。濡れたままにしておくと、頭皮の雑菌も繁殖しやすく、
フケやかゆみや、匂いの原因になります。


 

しっかりタオルドライ


髪を洗った後、ロングで毛量が多いかたは、水気が出なくなるまでしっかり絞りましょう!

ドライヤーを長く使わないためにも、濡れた髪をタオルドライして、
良く拭き取ります。

タオルドライを正しく行なわないと、せっかくのトリートメント効果を得られない
ばかりか、髪にダメージを与えてしまうことになります。

タオルドライで重要なことは、髪の毛の水分を吸収することですので、使用する
タオルは吸水力が高い、大きめのものを用意しましょう。

髪が濡れていると、キューティクル(髪の表面のうろこ状の事)が開きます。
その状態でごしごしタオルで擦ると髪を傷めてしまいます。

頭皮を優しく揉むように
タオルで軽く包み込んで、指の腹を使って頭全体の地肌をマッサージするように
優しく拭きましょう。

ゴシゴシ髪を拭くと髪が摩擦で傷んでしまいます。
水分をタオルに吸収させるように揉み込むように拭き取ります。

ロングヘアの毛先は
頭皮が終わった次は毛先です。毛先はタオルで包、パンパンと叩くように
水分を吸収させます。

タオルドライの注意点
髪と髪を摩擦させるようにこすらない、又力を入れ過ぎないことです。
濡れている時のキューティクルは傷つきやすいのです。

 

髪の毛に保護剤を塗る


美容室などプロがドライヤーを掛けるときも、ドライヤーの熱から髪を守るために
髪の保護剤を塗っているとこ見たことあると思います。

保護剤は洗い流さないタイプのトリートメントです。
ドライヤーの熱はとても熱いので、髪の毛の水分が抜けてパサつきやすく
なってしまいます。

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョンはプロ専用商品ですが
2種類あります。

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョンプラスは、普通髪から〜太い髪に
合うタイプです。

しかしその違いはプロが使ってもあまり感じません。

使用感は、使ってみると今までにないサラサラ感がします。
これは実感してもらえると思います。

美容室での販売価格は2600円、アマゾンで調べてみると1937円これは
驚きです!!

普通はミルボン ディーセルジューダ エマルジョン一で良いと思います。

 

スクリーンショット 2015-02-13 12.11.17

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン 1937円120g

 

これを使うと、普段のトリートメントは、必要ない感じがします。
これは、お薦めします。

 

ドライヤをかける時の注意


ドライヤーは一番暑い熱は、初めだけにして、後は中程度の熱で乾かしましょう。
熱のあつさより、風の強さで十分、水分を飛ばし乾かすことは可能です。

一カ所に集中してドライアーを当てると、熱くなりすぎて水分を蒸発させてしまいます。
ドライヤーは振りながら広範囲に当たるようにしましょう。

スクリーンショット 2015 02 12 12 53 49

 
またドライヤーの熱や風は、内側から毛先に向かってドライヤーをかけるのが
鉄則です。

その逆のかけ方は、キューティクルをハギ落としてしまいます。

 

乾かすのは内側から


髪を内側から手で持ち上げて、その内側から乾かし始めましょう。
頭皮でも毛先でもなく、頭皮に近い髪の毛、あたりからです。

毛先はもともと乾きやすく、その分痛みやすいのでなるべく、直接ドライヤーの
風を当てないようにします。他の部分を乾かしている間に乾いてしまうでしょう。

乾かし具合いは80%ぐらいがベスト、後は予熱や、冷風で冷やします。
100%は乾かしすぎては、乾燥毛になってしまいます。

また頭皮に直接ドライヤーを当てすぎないようにしましょう。頭皮も水分が奪われて
乾燥してしまいます。

ペシャンコ髪をふんわりアップしたいなら

ショートヘアは手でグーを握るようにトップのボリュームアップ
ショートヘアは、トップにボリュームがあって、襟足はタイトが鉄則です。

トップの髪をわしづかみして、根元に起こすようにドライヤーの温風を当てます。
そして、手はそのままにして、ドライヤーの冷風で冷やしますか少し時間を放置すると
形状記憶します。

 

乾かす時の姿勢


シャンプーをする時、コンデショナーや、、シャワーで洗い流す時、またドライヤーで
乾かす時・・・まなさんは下を向いて洗ったり乾かしたりしていませんか?

美容室は、床屋さんと違って顔を上に向けてシャンプーします。
もちろんメイクを落とさない為もありますが首筋を伸ばしアンチエイジング
しているのです。

ご自分でシャンプーするときも、髪の汚れや整髪料、カラー剤、マニキュア
下を向いてシャンプーすると目の皮膚の弱い所に入ってきます。
皮膚の弱い人だと、目の周りがかぶれたりします。

外国映画で女性がシャワーを浴びるシーン見たことあると思います。
ほとんどの女性が顔をシャワーに向かってあげています。

ドライヤーをかける時、体をそらすように、胸を張ってドライヤーをかけると
頭の皮膚も、顔の皮膚、首筋や腹筋までもが、鍛えられ、たるみを少くします。

体をそらすことでソフトなストレッチになり、ドライヤーをかけながら、アンチエイジング
ステキじゃありませんか?

 

ドライヤーの冷風を生かす


ドライヤーに熱風と冷風があるのご存じですか?
プロは、この機能を使い分けます。

実はこの機能チャンとした役割があるのです。
冷風を使いこなすだけで、ヘアスタイルの髪の質感も、格段にクオリティーがアップシます。
 

冷風の役割は
熱で乾かした髪の形状を記憶させることにあります。

冷風で乾かすと髪と頭皮の栄養分が逃げず、うるおいのある髪と頭皮になります。
さらに最後に冷風をあてる事によって交感神経が落ち着き、寝付きが良くなる
とも言われています。

ストレートにしたい時も巻き髪をつくりたい時も、ブラシや、手などで癖をつけながら
温風でデザインし、冷風で記憶させます。

ストレートヘアも温風で伸ばした後は、冷風で全体をかけてやると。キューティクルを
きゅっと引き締めて艶が出ます。

肌も冷たい水や化粧水で引き締めるのと同じ原理です。

つまり根元から毛先に向かって冷風を当てる、その時指で髪を挟んでキューティクルを
押さえるイメージで毛先に向かって撫でるように指を動かせば、さらに艶が出ます。