ー スポンサード リンク ー

梅雨どきのヘアスタイル髪悩み解決法

梅雨どきの髪の湿気対策


「まとまらない」「ペタンとする」「広がくせ毛」・・・など
6月から〜7月にかけ湿気のシーズン何かと髪の悩みを多く聞きます。

 

 

髪ヘアスタイル湿気対策


雨や湿度が多い日に髪が広がってしまうのは、湿気で毛髪内部に水分が増える
のが原因です。

 

スポンサードリンク




 

水分量が増えると髪が膨張し広がります。
雨の日や湿気の多い日には、出かける前にシッカリブローをかけて湿気に強い
スプレーでガードしたり、トリートメントで髪の水分バランスをコントロール
することです。
 


 

知っておきたい梅雨時期に髪が広がる原因


梅雨時期に髪が広がる原因は、髪のダメージとくせ毛が主な原因です。

湿度が高くなると、なぜ髪は広がるのでしょうか?
一番の原因は、髪のダメージです。

髪が傷んでいると髪の表面、すなわち”キューティクル”
がはがれている部分から、水分はどんどん浸入していきます。

髪の毛を、お寿司の海苔巻きをイメージします。

ノリの部分が「キューティクル」と呼ばれている部分です。
この海苔の部分が、ところどころ敗れて米粒が見えてる状態がダメージヘアです。

 

スクリーンショット 2015 06 16 17 19 51

 
水分がノリの内側にある(お米や時にはその内側)、コルテックス
(毛皮質=線維状につながったタンパク質)にため込まれていきます。

水分をため込んだ部分が膨張し、そこから髪がうねりを起こすのです。
毛髪の1本1本が異なる形状になってしまうため、その結果、髪全体が広がることになります。

 

では対策は?


普段からトリートメントやコンデショナーで髪の手入れをマメにすること
髪を痛めないようにすることが大切ですが。

 

一番簡単なのは縮毛矯正(ストレートパーマ)


梅雨時のうねりや広がりをどうにかしたい・・・・
そんなん悩みで・・・一番楽な方法は縮毛矯正でしょう。

 

スクリーンショット 2015 06 16 17 27 47

 
今は進歩しているので髪の痛みも少なくなり、昔のようにピシット真っ直ぐに
なりすぎたパーマーより、ナチュラルなストレートになるものが人気です。

剛毛や髪の量が多い、くせ毛などの髪もほとんどの場合これで解決できます。

今はナチュラルストレートなパーマは4ヶ月に1度ぐらいで、伸びてきた髪
だけを(リペア)ストレートにすることが出来、髪の負担が薬液もそうですが

美容技術によっても少なくできます。

注意点は・・・・?

もともと、髪質が細く少ない人は、逆効果になります。

そのような髪質の人は美容師さんと相談してボリュームが欲しい所は
通常の部分パーマで、うねりが欲しくない所はナチュラルストレート
パーマにするとか、方法は色々あります。

 

ヘアスタイルによって改善する方法


くせ毛で毛量が多い人は、ヘアスタイルによって解消できることもあります。

もしヘアスタイルがベリーショートで、問題なければ、うねりが収まるところまで
カットするとやわらかな、うねりで手入れも簡単にすることができます。

 

スクリーンショット 2015 06 16 17 37 06

 
どうしても長い髪が良い場合は、毛量調節(ソギハサミで削ぐ)
表面に出ると思われる顔まわりや髪を結んだ時に表面になる首筋や
襟足などを避けて、その内側を削ぎます。

くせ毛の人は、(中間や毛先部分は削いではイケない所)根元ギリギリ
の所を1センチ位をソギます。

くせ毛は短くすれば髪の毛先はカールして頭皮に付くようになり
伸びてきても表面に飛び出すことはありません。

美容師さんも怖がってやってくれないケースがありますが・・・?

また中間部や毛先が削がれてないので、ブローも掛けやすく艶が出やすくなります。

ヘアスタイルはレイヤースタイルよりもボブスタイルが手入れが簡単です。

 

ヘアマニキュアで表面をコーティング


短期で良かったらヘアマニキュアの透明など髪の表面をコーティングして
余分な湿気が髪の内部に入らないようにすることで髪の膨張を防いでくれます。

洗い流さないトリートメントで表面をコーティングして、うるおいを
閉じ込めます。

タオルドライの状態で軽くつけ、さらに乾いた状態でもう一度塗布する
ことで髪をしっかり保護することが出来ます。

 

ブローのかけ方次第


よる寝る前は完全に乾かしてから寝ます。
半乾きで寝てしまうと枕との摩擦で髪も痛み逆に寝ぐせがついてしまいます。

以前ストレートパーマは板に貼り付ける方法か、下記の動画のように
自分の頭に髪を巻き付ける方法でストレートにしていました。

自分の毛流に沿って、髪を自分の頭にグルルル巻いてスカーフをかぶって寝ます。

翌朝髪を解けば、髪はストレートに近く伸びています。





 
出かける前にシッカリブローを掛ける・・・
髪の広がりやうねりを抑えるには、出かける前にシッカリブローをかけて
湿気に強いスプレーでガードする。

出先でも携帯ドライヤーでマメに乾かせば維持するのは簡単ですが、
中々そうは行きません。

 

ブローは冷風でかけます。


出先で、この時期ドライヤーを使う場合は、温風ではなく冷風を使うと髪の
ダメージを防ぐことができます。

髪のツヤがアップしますよ・・・・

スタイリング時にオイル系のスタイリング剤を付けて乾かすと
髪の表面をコーティングして湿気から水分の吸収を防いでくれます。

 

ブラッシングが一番手軽な対処法


髪の広がりを抑える一番、手軽な方法はブラッシングです。

一番手軽な方法は、ブラッシング・・・・?
 
「ほんとにそれでいいの」と思われるかもしれませんが、意外に効果があります。
髪をとかすという行為は水分を髪にまんべんなく広げる役割があるのです。

ここで注意したい事は・・・・
目の粗いブラシを使い、ゆっくりと軽くブラッシングすること。
獣毛など目が詰まっているものは摩擦が激しく、かえって髪を傷めてしまいます。

 

トリートメントも入念に


キューティクルがはがれていると、水分をためこむだけでなく、内部から
潤い成分も流出してしまいます。

女性の毛髪の寿命は4~6年。カットをしないロングヘアの人の毛先は、
そのくらい長い年月、紫外線や乾燥などにさらされ、ダメージを受けています。

髪のダメージを予防するには、やはりリンスやコンディショナー、トリートメントで
毛髪の外側に皮膜を作ることが必要です。

おすすめは、洗い流さないタイプのトリートメント。

シャンプー後に軽くタオルドライして、毛先からつけます。なるべく
頭皮につけないよう、気を付けてください。

 

コシが無くペタンとする髪質


直毛でハリ、コシ、がなくペタンとする場合はシャンプーを
地肌タイプに変えてみるのもおススメです。

シャンプーを地肌ケアタイプに変えるだけでも、髪の状態が改善する場合が
あります。

また髪質によって細い髪質をハリ、コシを出すシャンプーとか
今は色々専用シャンプーが出ています。

梅雨時期は、髪型だけでもスッキリして気分を晴れやかにしたいものです。
髪を、ねじって止めたり、編みこみをしたりと、ヘアアレンジによっても

簡単に髪の広がりを抑えることはできます。

この時期だからこそ楽しめるヘアアレンジもチャレンジしてみてはいかがですか?