ー スポンサード リンク ー

アーユルベーダーとは?

アーユルベーダーとは一体何・・・?


アーユルヴェーダは、何千年にもわったて実践された医学体系で、
世界3大医学の一つであり、インド・スリランカで生まれ、約5000年以上の
歴史を持つ世界最古の伝統医学です。

サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)Veda(科学・知識)を合わせた言葉から、
生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきました。

アーユルヴェーダはインドとスリランカで実践されている伝統療法の体系です。
中国伝統医学と同じようにアーユルヴェーダは完成された体系であり、情緒

体、そして心の健康促進を目的とした、さまざまな要素から成り立っています。
この体系は何千年も昔、ブッタが誕生する前にすでに確立されており、聖書の
物語の中にはアーユルヴェーダの教えを示しているものもあります。

 

 

アーユルヴェーダ生命の科学


アーユルヴェーダと言う言葉は『生命の科学』と言う意味のサンスクリット語で
それぞれ『命』と『知識』を表す「アーユス」と「ヴィド」と言う2つの
言葉が語源になっています。

「アーユ」は、体、感覚、心、そして魂を表す日常のライフスタイルです。
「ヴェーダ」は、この世界と、そこに存在する万物の働きについての知識です。

 

スポンサードリンク



 

 

アーユルヴェーダの体系


アーユルヴェーダの体系は、すべての病気は心身両面を侵し、どちらか片方だけを
治す事は出来ない、と教えています。

アーユルヴェーダ医学には、咳の痛みや頭痛を治すハーブ薬のような
単純で直接的なものもあれば、もっと深遠なものもあります。

例えば健康を回復し推持するための土台として過去世における健康状態を
考慮する場合もあるのです。

 

西洋的な考え方


西洋では、人はみな基本的には同じとみなし、患者一人ひとりではなく
「病気を」治そうと考えます。

アーユルヴェーダは患者一人ひとりが違うとして、体の健康だけでなく
心や精神の状態も考慮します。

患者一人ひとりの体質をもとに、診断が行われるのです。

 

今注目をあびる近代的アプローチ


アーユルヴェーダは3000年以前に生まれたものですが、時代と共に
ライフスタイルや食事、そして体に要求されるものが変化するにつれ
劇的な変貌をとげました。

実際に、過敏性大腸症候群や慢性疲労症候群などの現代病が、従来の
医学では治療しないのに、アーユルヴェーダでよくなった例があります。

アーユルヴェーダは時代遅れの神話をもとにした生命体系ではなく
科学的に正しいことが証明されている、適切でダイナミックで
高度な医学体系なのです。

 

健康のために


ヴェーダ哲学では、個人の体質を基礎として、それがその人の
羅患性を決めるとしています。

アーユルヴェーダは、個人の基本的な体質の不調和だけでなく、ほとんどの
病気が持つ心身相関要因の影響も考慮します。

スクリーンショット 2015 06 27 11 22 19

 
アーユルヴェーダは、健康で幸福な状態を維持し、精神、知性、そして身体
の自己知癒能力を高める事に重点を置いています。

 

アーユルヴェーダ8本の枝


アーユルヴェーダ医学には8つの分野があります。
医学はヴァイドヤと呼ばれ、栄養学、心理学、薬草学、気候学はもちろん
ほとんどの人が宝石治療や占星術についても、シッカリ教育を受けています。

 

ホリスティックなアプローチ


アーユルヴェーダの目的は、単に病気を治すことではなく、病気を予防し
寿命をのばす事です。

アーユルヴェーダの発生論理では、お互いに結びついているいくつかの
要因が論じられています。
 


 
の4つの要因はお互いに補い合うもので、各個人にとって等しく重要です。

スクリーンショット 2015 06 27 11 16 35

 

生命の木


アーユルヴェーダには、小児科から老人医学、ハーブ薬から一般および
形成外科まで、あらゆる分野の医学があります。


等があります。

 

カルマの法則


カルマとは、ヒンズー教における因果応報の考えです。

言い換えると、あらゆる作用には、同等で逆向きの反作用があると言う
考え方です。

この作用は僕の経験の中でも、何回も遭遇したことがあります。
バイヨリズムのように良いことの後に、嫌なことが必ず有るように、
またその反対もあります。

ゴルフでもよく経験します。

カルマの概念は・・・?
カルマの概念は輪廻論の基礎でもあります。
輪廻とは、人間も動物もすべての生き物は「悟り」の状態に達するまで
誕生と再生を繰り返すと言う考え方です。

アーユルヴェーダでは、病気はカルマによって起こると考えられています。
説明が長くなりますが、要は無慈悲な神という考え方ではなく、公正で
バランスの取れた普遍的存在と意識の概念です。

全体として調和のとれた存在となるために、プラスとマイナスの力は
すべて自動的に調整されるという考え方です。

 

カルマの形


ヒンズー教では、個人のカルマには3つのタイプが有るとされています。

プララブタ・カルマとは・・・?
人が持って生まれたカルマで、前世のカルマのことです。

つまり、もしあなたが前世で冷酷な夫だとしたら、それが今世や来世の
結婚にも影響するのです。

別の人生では冷酷な妻になるかもしれません。

サンチッタ・カルマとは・・・?
今世の行動や思考によって蓄積してきたカルマです。

アガマ・カルマとは・・・・?
今世または来世におけるこれからの行動で生まれるカルマのことです。

アーユルヴェーダの考えでは、病気は積み上げられた悪いカルマに
よって起こされ、医学的治療だけでは治らないとされています。

アーユルヴェーダでは、瞑想のような習慣的な精神修養が健康の
ためになるとされています。

 

カルマの影響


 


 

バランスの概念


肉体的健康と同じように重要なのが、心、魂、そして感覚の状態です。

アーユルヴェーダでは、健康は単に病気でないということではありません。
情緒、知性、体、行為、言動、そして生活習慣が、よく調和して相互作用する
ことが必要なのです。

アーユルヴェーダ哲学では、健康はバランスなのです。
バランスの取れた状態になると、心から満足と幸福感をもたらす
精神的調和が実現します。

体の事で言えば、さまざまな機能(消化、代謝、排泄、組織など)
がすべてバランスよく働いているのが、健康な状態とされます。

アンバランスの原因


僕達がバランスを失う原因はたくさんあります。

間違った食事をする、ふさわしくない生活を送る。
あるいはストレスや否定的な感情を経験する、と言った

自然に逆らう行動を長期間続けていると、僕達は健康を損なわれて
病気になるでしょう。

長期間にわたって生命エネルギーがアンバランスのままだと、大抵の場合
病気になります。

アンバランスな状態によって引き起こさせる一番のダメージは
毒素と老廃物が蓄積される事です。

 

真の健康


次の条件がすべてそろった状態こそが健康だと書かれています。
 


 
僕自身、最近特に「あなたは半年前に食べたモノで出来ている」の本を読んでから
自分の食事や、体、健康について、気を使うようになってきました。

それから改めてアーユルヴェーダを、思い出し、自分のサロンでやっていたこと
オイルやアロマをブレンドしマサージ中心でしたが、思い出しもっと奥が深かった
こと、そこで全容が知りたくなったのです。

瞑想やヨガ、食事や、人間の思考、すべてが、病気と結びついてる点など
考えさせられることが多く、ここで紹介したことは本に書かれている、
ごく一部ですが、深く知りた人は・・・・

『セルフ オブ アーユルヴェーダ』に分かりやすく書かれています。
ゴビ・ウォリアー、ハリッシュ・ヴァルマ博士、カレン・サリヴァン共著

 

美容室やエステサロンで取り入れている事


アーユルヴェーダは調べて行くと奥が深く、僕も良いことは知って
サロンで取り入れてはいましたが、その後興味がわき調べて勉強する内に
改めて知ったことが多くあります。

 

普通サロンで取り入れる方法としては・・・?


アヴィヤンガ療法
アヴィヤンガとは、「オイルを塗布する処置」のこと。
全身のオイルトリートメントです。

スクリーンショット 2015 06 27 11 18 32

 
アーユルヴェーダのオイルマッサージは心身と体に溜まって不調の原因とされる
毒素を取り除きます。
心身と心に必要な栄養を五感を通じて補充します。

主な効果は・・・?
深いリラクゼーションと、心身を丈夫にし疲れや痛みの軽減やストレス回復、
眠りを促したり、皮膚を強くして色つやを良くする効果が期待できます。

 

シローヴィヤンガ


シローヴィヤンガとは・・・・?
頭皮をハーブオイルでマッサージする頭皮トリートメントです。

アーユルヴェーダでは、頭(脳)は大切な臓器と考えます。頭部にはたくさんの
(急所:ツボ)が存在します。

マッサージすることによって、リフレクソロジーの効果が高く感覚器官を改善し
蓄積された老廃物を鼻腔内に導きます。
 
アンチエイジング効果も・・・顔のシワ、たるみの原因は頭皮のたるみなのです
またフェイスラインを整える効果もあります。

主な効果は・・・・?
頭痛、不眠症、白髪、抜け毛、髪の乾燥、目の屈折異常、目の疲れ、ストレス、
顔のシワなどアンチエイジング効果が期待できます。

 

心身に効くアロマの力


植物から抽出された百パーセント天然のエッセンシャルオイルを、その人の体質や
悩みによってブレンドし、オイルの香りが持つパワーによって、心や体を癒やす
芳香療法も多く取り入れております。

エッセンシャルオイル

 

イギリスやフランスを中心にヨーロッパではとてもメジャーな療法です。

仕事でストレスを抱えたお客さに美容室で特に多く取り入れられ、
アーユルヴェーダが多く知られるキッカケになっているように
思います。

 

アーユルヴェーダ3つのドーシャ体質


アーユルヴェーダにおいて、ドーシャの診断は問診・視診・触診などによっても
診断されますが、これらと並んで重要な診断方法に「脈診」があります。

多くはドーシャ体質診断をしてからエッセンシャルオイルをブレンドしたり
すでにブレンドされた商品を使い分けることで、オイルマッサージと心身浄化法(
パンチャカルマ)が勧められています。
 


 

五元素・・・?


空(空間)、風、火、水、地、はパンチャマハーブーターとも
呼ばれ、すべての物質にさまざまな割合で存在し森羅万象のあらゆるものを
構成しています。

人間には五感の器官、つまり耳、皮膚、目、舌、鼻があり、それぞれ
外部エネルギーの状態を知覚して、体内に吸収します。

五感が感知するエネルギーは五元素です。

ヴァータが空(空間)を支配します。
空(空間)口、鼻孔、胸部、呼吸器間、細胞、音と関係があります。

ヴァーターが地を支配します。
地は、骨、爪、歯、筋肉、軟骨、腱、皮膚、髪、鼻、をコントロールします。

美容関係では主にヘッドスパやエステとしてオイルマッサージで取り入れられています。