ー スポンサード リンク ー

アンチ エイジング対策 見た目の老化、若く見えるには?

見た目の老化


還暦を過ぎた人たちが、若く生き生きしていると良く
言われています。

では、なぜ今の60代以降の人は若く見えるのでしょう
ベビーブーム世代は、流行に敏感で競争心が強かったから・・・?

言えることは、外見の”見た目を気にしていること”これはとても大切だと
思います。

またトレンドを、追っかけて流行のファッションを身にまとっていた
ことが考えられます。

外見をいつも綺麗にしようと心がけていると、鏡を見た時に
自分の年齢を忘れさせてくれます。

還暦を過ぎた人たちは、自分が60歳過ぎと自覚してないのです。

心の中では30〜40歳の気分なのです。

スクリーンショット 2015 09 07 15 57 35

 
これが外見を気にしないで、自分のしわや、シミばかりに気を取られて
くると ”自分の心が老いを感じ”老けてしまいます。

朝起きたらまずは綺麗にメイクをして、外見を綺麗にすることが、
自分の心が老いを感じない若さの秘訣です。

 

 

見た目の老化はどうして進むのでしょう


ここのところスキンケアテクノロジーの進化おおかげで、望みさえすれば
気持ちと同じぐらい若々しい、見かけを手に入れることは可能になりました。

だからと言って中年の女性が10代のような外見を手に入れるべきかと
言うと、そうゆうことでは、ないように思います。

現代では若さは美しさの必要条件ではないからです。

 

スポンサードリンク




 

ただ早すぎる老化の兆しに屈する必要はないと言えます。

肌の老化は遺伝子が一つの要因だと言われています。
これは『内因性』のものです。

しかし最近の研究の結果、肌の老化はかなりの割合でライフスタイルや
環境に左右される『外因性』のものであることがわかってきました。

 

ライフスタイルによる外因性要因


私たちの多くが、肌の自衛能力を押しつぶすような環境の中で暮らし
ています。

喫煙、カフェイン、アルコール、汚れた空気や、有毒な紫外線、睡眠不足、
すべて私たちの肌に悪影響を及ぼします。

 

スクリーンショット 2015 09 07 15 26 44

 
活性酸素が私たちの肌を細胞質のレベルで攻撃し、コラーゲンやエラスチン
といった繊維が破壊され細胞内のDNAが傷つくことにより

最終的に肌の表面に到達できる健康な細胞が少なくなるのです。

 

肌の老化のサインとは・・・?


最初に現れるのが目元の小じわです。

目の周りの筋肉は顔の中で最もよく働くうえ、人間の感情を一身に
引き受ける部分だからです。

次に現れるのが、たるみ、くすみ、しみ、かさつき、そして肌の硬化です。

更年期の女性の肌は急速に油分と水分の分泌が減り、それが肌の状態を
急速に衰えさせる原因となります。

男性にくらべ女性の老化が早く始まるように見えるのはそれが原因です。

これも今や外科治療から、ボトックス注射がメインになり「ヒアルロン酸注射」や
「コラーゲン注射」も登場したことで、メスのいらないプチ整形での様々なしわ
治療が可能にになりました。

 

スクリーンショット 2015 09 07 15 34 25

 

細胞が生まれ変わる周期


よく人間の細胞は3ヶ月で全部生まれ変わると言われていますが
人間の部位によって、また年齢によってその周期は変わります。

普通人間の細胞が生まれ変わる周期は、胃腸が5日周期、心臓が22日周期、
肌が28日周期、骨が90日周期と身体の部位により異なっています。

年をとるにつれ、肌細胞が生まれ変わるスピードは約28日から100日へと遅くなります。

  • 10歳代では、約20日周期
  • 20歳代では、約28日周期
  • 30歳代では、約40日周期
  • 40歳代では、約55日周期
  • 50歳代では、約75日周期
  • 60歳代では、なんと約100日周期になります。

肌以外では、造血組織、肝細胞などは新陳代謝が活発な細胞に当たり、

  • 筋肉や肝臓などでは60日周期
  • 心臓では22日周期
  • 胃腸では5日周期

 
しかし例外があります・・・
脳細胞を含めた神経細胞は原則、入れ替わる事はありません。

肌の老化は・・・・
だんだん肌に到達する新しい細胞が少なくなり死んだ細胞(角質)が剥がれ
ないまま肌の表面に残ることによってハリと弾力がなくなり、老化するのです。

 

テクノロジーの進歩


しかし望みが絶たれた、わけではありません。
現代の化粧品会社はDNAテクノロジーをつかって細胞の分裂と再生を
促し、太陽光線がもたらす悪影響と細胞レベルで戦うことにより
肌の老化の進行を遅らせています。

近い将来には肌細胞の防衛能力の増大によって肌そのものが自発的に
肌を守ることができるようになり、日焼け止めクリームで紫外線を防止する
必要がなくなるかもしれません。

スキンケアの将来は、ほとんどSFの世界ように見えますが、現在でも
それに近いものがあります。

人間の肌そのものを培養したりするニュースを時々聞きます。
DNAの研究によって初期老化の影響を元に戻すことが可能なるかもしれません

 

若々しい肌を保つには糖化を防ぐことが大事、
内因性のみなをし・・・


人間の体は、『あなたは半年前に食べたものでできている 』といた
当たり前のことを言っているのですが「そうなのか?」と納得させられた、
そして食事を気をつけるようにした。

スムージー、きちんと選んで食を取るも合わせてお読みください。
http://tomio23.com/archives/5601

 

若々しい肌と体を保つには食事の糖化を気をつける必要があります。
糖化とは、身体の中のタンパク質が食事などによって摂取され”糖と結びつき”
劣化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積する現象のことです。

なかなか取れにくい皮下脂肪を蓄えてしまうこと
糖化が進むと肌の色が変化し、くすんだ感じになってしまいます。

またシワや、しみ、たるみなどを作りやすくしてしまいます。

 

グリーンスムージで違いを実感


とにかくこの食事と赤みの肉や、魚、などを中心にしてから7ヶ月以上

高血圧だった僕が薬を飲む必要がなくなったこと、運動を始める意欲が
出てきたこと、引き締まった体を見ることで、ますます食事の大切さを知ったこと

スムージにすることでビタミン類を豊富に摂取しているせいか
新陳代謝が良くなり、肌の角質が減り柔らかくなってきたように
感じています。

スクリーンショット 2015 09 07 15 35 25

 
ワイフも感じているというのです。

またタンパク質を補うために、プロテインを飲み始めたことで
皮膚のたるみや爪、髪の毛にも変化が出るはずです。
少し筋肉のたるみが減ってる感覚があります。

グリーンスムージは何故良いのか、何時飲むのが効果的か?
こちらも見てください。
http://tomio23.com/archives/6070

細胞は6ヶ月もあればほとんど入れ替わります。
これは生まれながらにして体に備わった『自然治癒力』です。

食事は肌にも健康にも大切です。
だって”あなたは半年前に食べたものでできている”のですから・・・・

ですから体の元を作る食事がいかに大切かを実感しています。