ー スポンサード リンク ー

【Mac上でWindowsを実行】「VMware Fusion8」使って快適にする方法

VMware Fusion8使ってMac BootCampのWindows領域を快適にする方法


Mac OSXでWindowsを動かしたい「だけ」ならば、特定のソフトを買う必要はありません。

なぜなら、OSに標準搭載されているBootCampを利用すれば、WindowsがMac本体に
インストールできるからです。

Boot Campを使いたい場合、Macのフォルダから、「Lainchpad」→「その他」の
中にある「Boot Campアシスタント」というアプリケーションを起動し、
インストール手続きをはじめます。

ただ、Boot Campには無料で使える点にメリットがある反面、
「Windowsを起動するか、Macを起動するかをパソコンの電源を入れる前に決める必要」
があります。

MacにWindowsをインストールする方法
http://tomio23.com/archives/6510

 
BootCampアシスタントを利用してすでにMacでWindows7や8をインストール済みと
いう方もいらっしゃると思います。

ここで紹介するのは「VMware Fusion」というMacパソコンでWindowsを動かす
想化ソフトです。

スクリーンショット 2015 11 19 09 57 36

 

 

 

 

VMware Fusionの特徴


想化ソフト「VMware」のIntel Mac版となる仮想化ソフトでです。
Mac OS X上でWindowsを動作可能、VMware Virtual SMP テクノロジにより、

デュアルコアプロセッサでの最適動作が可能となっているほか、
Direct X 10、OpenGL 3.3をサポートしており3Dゲームのプレイも
可能となっています。

Microsoft Windows Vista Business、Enterprise、Ultimate、Windows XP、Linux、Solaris など、
60種類を超える PC のOSに対応しています。

インストールする方法は「VMware Fusion」をインストール後、
Windowsを入れる方法もあるのですが、Macのバージョンアップなどで

不具合が出たりするのは嫌な事と、この方法ですとWindowsをメインに
してない僕にとっては、ハードデイスク領域があらかじめ決められる
ことなどがあります。

 

スポンサードリンク




 

まず、MacのBoot CampにWindowsを設定して、この仮想ソフト
で動かすことにしました。

 

BootCampのWindows領域をVMware Fusion8で起動するメリット


BootCamp領域をVMware Fusion8で起動する一番のメリットは
再起動の必要がなくなるという点です。

仮想化ソフトのVMware Fusion8を使用すれば、ユニティ モードで
Windows アプリケーションをMac アプリケーションと同様に操作し、

MACのOS X のジェスチャー機能で全画面、表示のWindows および
Mac アプリケーションを切り替え、Exposé へアクセスし、Launchpad や

Mission Control、またはデスクトップを表示することができます。

ようは、仮想化ソフトなので、Macを起動した状態でMACのOS X の
ジェスチャー機能でWindowsを使えます。

BootCampの唯一のデメリットはWindowsを使用したいときに、
いちいち再起動する必要があることです。

 

トラックパッドのジェスチャーに対応


僕がMacを気に入っている理由の一つに、トラックパッドがあります。
トラックパッドが使いやすいのでマウスを持って歩いたことがありません。
それとiphoneとipadが違和感なく使用できること、これがMacを
使っている理由の一つです。

そのトラックパッドには、「ジェスチャー」というものがあります。

ブラウザの、進む・戻るといったことが、トラックパッドでできます。
VMware Fusionでは、これをWindows上でもできるようになっています。

 

BootCampのWindows領域をVMware Fusion8で起動する方法


もうすでにMacのBoot CampにWindowsが入ってるいることを前提に進めます。

必要なものはVMware Fusion8を購入する必要があります。

FUSION8

http://store.vmware.com/store/vmwjapan/ja_JP/home


 

VMware Fusion8をインストールする


VMware Fusion8を購入するとパソコン画面がこのように表示され
できれば、この画面をキャプチャーするかコピーをしとくと良いと思います。

ライセンスキーはコピーして保存しといてください。

スクリーンショット 2015 11 14 18 51 25

 
上記の画面よりダウンロードをクリックします。

そしてダウンロードをもう一度クリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 17 49 06

 
同意をしてクリックします。
約30分程度かかります。

スクリーンショット 2015 11 14 17 49 27
ファインダーからダウンロードをクリックすると「VMware Fusion8」ダウンロード
されています。

「VMware Fusion8」をクリックします。

スクリーンショット 2015 11 13 16 21 24

 

VMware FusionへBoot Campを呼び込みます。


VMware Fusion.appをクリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 15 32 32

 
開くかどうかの確認画面です。開くをクリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 18 40 26

 
自分のパソコンの「ユーザー名とパスワード」を入力します。

スクリーンショット 2015 11 14 18 26 53

 
初期化をします。

スクリーンショット 2015 11 14 18 27 18

 
fusion8同意書に同意するをクリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 18 27 54

 
ライセンスキーを入力して続けるをクリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 18 28 16
パスワード入力します。

スクリーンショット 2015 11 14 18 28 59

 
今回はブートキャンプ上のWindowsを起動させるので「Boot Campからインストール」を選択。

スクリーンショット 2015 11 14 18 29 53
Boot Campディスクをインポート少し時間がかかります。

スクリーンショット 2015 11 14 19 27 19

 
Boot Campディスクを処理中です。

スクリーンショット 2015 11 14 19 42 36

 
ボリュームを閉じる。

スクリーンショット 2015 11 14 19 42 13

 
スクリーンショット 2015 11 14 19 45 44

 
Dock(ドック)からVMware を右クリックして仮想マシンのライブラリを
クリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 21 02 05

 
仮想マシンのライブラリの中にBoot Campが表示されていれば成功です。

スクリーンショット 2015 11 14 19 49 48

 

VMware の仮想マシンを起動してみます。


VMware のアイコンをクリックすると、起動画面が表示されます。
この中心をクリックします。

スクリーンショット 2015 11 15 16 45 14
中心部をクリックして仮想マシンを起動します。

スクリーンショット 2015 11 14 21 08 37 1

 
Windowsの起動画面です。

スクリーンショット 2015 11 14 21 08 52

 
パスワードを入力します。

スクリーンショット 2015 11 14 21 11 11

 
Windowsが立ち上がりました、この画面をクリックします。

スクリーンショット 2015 11 14 21 10 56
インストール・セットアップの完了です。
このように Mac上 で Windows を操作することができます。

スクリーンショット 2015 11 14 21 12 40 1
この通り、無事Mac上でWindows10を動かすことに成功しました!
これは便利です。