ー スポンサード リンク ー

日焼けと肌の老化原因と対策

紫外線から肌を守る


「光老化」太陽に当たると肌が老化する事を言います。

紫外線がは肌に与える急性のダメージが日焼けで、紫外線をあび
続けたダメージが蓄積して起きるのが「光老化」なのです。

お肌の老化の80%とは光老化で、紫外線の中でもA波と言う
長い波長の紫外線によって、皮膚の老化が進みます。

 

 

紫外線対策はいつから?


日本では3月頃からどんどん紫外線が増えてきます。

スクリーンショット 2016 04 22 11 17 46

晴れている時と比べ、曇でも60%あり、雨の日でも30%の紫外線が
降り注いでいます。

3月から9月ごろですが、ピークは「7月・8月」になります。

スクリーンショット 2016 04 22 10 56 46

気象庁発表:日最大UVインデックス(推定値)の月別累年平均値グラフ

 

スポンサードリンク




 

そして普段の生活の中でも、紫外線は知らず知らずの内に
お肌にダメージを与えます。

ベランダや庭先でわずかに浴びる日差しも、少しずつお肌の老化を
進ませます。

5月頃から、かなり増えてきますので化粧品を使って早めに紫外線カットを
する必要があります。

 

時間帯は・・・?


紫外線の量は1日の内でも大きく変化します。
太陽が頭上にくる正午ごろ

だいたい「AM10:00頃~PM2:00頃」が一番多い時間帯になります。

大体1日の紫外線の約60%くらいがこの時間帯に降り注ぎます。
主婦の方はできるだけこの時間帯の外出は避けたり万全な対策をして
いく必要があります。

 

紫外線には・・・?


紫外線の種類

A波UVA:エネルギーは弱いが波長が長く、雲を透過する。
曇っていても日焼けさせる紫外線。

B波UVB:エネルギーが強く、肌を赤くしたりヒリヒリさせる作用がある。
コラーゲンの劣化、光発ガンを引き起こす原因となる紫外線。

C波UBC:A波、B波に比べて地上にほとんど届かない。


 

    • A波(UVA)・・・窓ガラスを通過するほど強力。
      UVA」は窓ガラスを簡単に通過するので、肌の奥(真皮層)まで届いてしまいますが
      紫外線としてはUVBほど有害ではないと言われています。
      窓をすり抜けるので室内にいても浴びことになります。
 
    • B波(UVB)・・・オゾン層・雲に若干遮られる
      日焼け”と呼ばれるモノは、主に「UVB」が原因です。
      肌が赤くなったりする、日焼けです。UVBを受けた肌は、自分自身を守るために
      「肌を厚く」しますUVBに反応してメラニンが多く作られ「シミ」もできます。

      日焼けは(サン・バーン)による日焼けは、皮膚に起こした
      火傷(焼け焦げた細胞)といったものが作られ皮(角質)がめくれます。
 

主に私たちが肌への影響を気にするべきなのは「UVA」と「UVB」となります。
「UVC」は気にする必要はありません。

UVB、日に当たって「肌が黒くなる」のは、メラニンを発生させて肌を
守リますので、それ自体は”老化”にはつながりません。

だからといって肌に良いわけではありません。

スクリーンショット 2016 04 22 11 30 22

 

シミやシワになりたくない、日焼け止めの選び方


紫外線A波とB波の両方を防ぐ表示のあるもを選びましょう。

日焼け止め選ぶ時、「SPF50」と「PA++++」のものを選んでおけば
最大の効果がえられますが、防御効果が高いものは、その分
肌への負担も多くなります。

野外で長時間活動するときや、日常生活での使用する時と
それぞれのに合わせて使い分けると良いでしょう。

ゴルフ春・夏の紫外線対策のし方
http://tom49.com/archives/1818

 

日焼け止めの基準値SPF・PAについて


サンスクリーンの効果を示す指標として・・・PA

PA基準 紫外線防御効果
PA+ 効果がある
PA++ 効果がかなり高い
PA+++ 効果が非常に高い
PA++++  効果が極めて高い

 

紫外線A波に対する防止効果は・・・PA(+〜++++)で表示されています。

老化防止引き起こすUVAの防止効果を+の数により4段階で
示したもの(++++)がもっとも効果が高くなります。(波長320~400nm)

ここで幸いな事は290nm以下の紫外線は大気中のオゾン層に吸収されて
現在において地表に届いていません。

紫外線B波に対する防止効果は・・・SPFで表されています。
UVBによる日焼けの防止効果を表す数値を・・・通常は上限は
「SPF50」と設定されています。UVB(波長は280~320nm)

SPFの数値は「強さ」ではなく「日焼けを遅らせる時間」なのです。

例えば日焼け止めを塗らずに紫外線を自然に浴びて日焼けに20分
かかるとすると・・・・

ですから、「SPF50」を塗った場合は、通常日焼け20分のところ、
日焼けを50倍遅らせることができます。

フロンガスがオゾン破壊しオゾンが薄くなると、地上までに達する紫外線量が
増え、美容的に「シミ」が濃くなったり「深いシワ」など光老化現象が止まらず

活性酸素の発生を促進して「皮膚がん」が増加したり、遺伝子の損傷による
変異現象がの増加が危惧されます。

皮膚深く入り込み、光老化をもたらす紫外線A波は冬でも
夏のピーク時の役半分の量が届いています。

夏場だけでは無く、年間を通じてUVAのダメージは残ります。

 

紫外線カット効果の目安は・・・高いほうが?


女性が日常使うのならSPF5~15、(+〜++)位で問題ないでしょう
お化粧もしますので。

男性はもっと高めが良いでしょう。

真夏でも野外の軽いスポーツやレジャー、ドライブでしたら
SPF30までで十分でしょう。

SPF30のクリームをシッカリ塗ると、素肌でいる時より
B波の防止効果が30倍あることになります。

 

日焼け止めの成分は・・・?


サンスクリーン剤には、紫外線を吸収して紫外線を無害に変えてしまう
吸収剤と酸化チタンや酸化亜鉛が主体で物理的に紫外線を散乱させる
反射剤があります。

多くの商品はこの2種類をうまく組み合わせ、効果と使いやすさ
のバランスを考えて作られています。

 

シッカリ塗るには・・・?


シッカリ塗るには、適量を手に取り顔の数カ所に
置き、指でムラにならないように伸ばします。

更に手のひらで顔全体に密着させ、ファンデーションの
ノリがいいコンディションに整えます。

日焼けしやすい額や鼻筋、頬骨などの高い部分は特に
念入りに重ねづけをすると良いでしょう。

首筋、首、耳なども塗るのを忘れずに、首の前後は
上から下へ、デコルテ(胸元)は中央からサイドへなじませます。

僕は良くゴルフをしていたので、昔から1日に2回ぐらい
大量に塗っていました。しかも汗に強いものを使用

美容家なので、肌を傷めたくなかったのです。
毎日連続でゴルフをし、SPF50使用、もともと肌が弱かったので
肌アレルギーがでてしまいました。

それからウォータープルーフで「SPF50」で自分の肌に優しい
物を探し、毎日ゴルフをするときなど、皮膜を作る化粧水をつけて
その上から白ワセリンを塗り軽くタオルで抑えて

日焼け止めをタップリつけるようにしてから肌アレルギーは
収まりました。

ウォータープルーフSPF50+はシッカリガードする分
専用洗顔液を持参し、キレイに洗顔し落とすことが大切です。

 

日焼け止めが原因での肌トラブル


僕のように肌が弱い紫外線吸収剤に敏感な人は、ノンケミカル
タイプ(紫外線吸収剤無配合)の日焼け止めをおすすめします。

もちろんアレルギーが無ければ(紫外線吸収剤)が入っている
タイプのほうが化粧の、のりも良いですし、強い遮断力もあります。

僕は家内が調べて作った化粧水(沖縄産、黒砂糖、焼酎)をミックス
して作った化粧水、これを霧吹きビンに入れ、下地にとして顔に振りかけ
手の平で伸ばし、乾くと皮膜ができます。

その上から白ワセリンを塗り、ゴルフ場についてから

日焼け止めを塗っていました、おかげで紫外線吸収剤が入ったものを
使用してますが今のところ問題なくアレルギーはおきていません。

 

アフターケアが大切


日焼け止めによる皮膚のトラブルを防ぐには、夜の洗顔が
とても大切です。

日焼け止めクレンジング、その他石鹸洗顔とダブル洗顔をシッカリ
してください。

特にゴルフなどアウトドア用の紫外線吸収剤だけで作ってある
タイプはSPFがとても高く紫外線をシッカリカットする処方ですが
その分皮膚に残りやすいと言う欠点もあります。

夜ていねいに洗顔したら・・・抗酸化ビタミンの力や
保湿力の力が必要です。

今は塗るビタミン剤の効果的なものがたくさん開発されています。

    • ビタミンC
    • ビタミンE
    • レチノール(ビタミンA)などの成分配合の保湿クリームや美容液などを塗ることで

日焼けダメージを取り戻す事ができます。

参考資料:肌トラブル解決バイブル本 監修 朝田康夫

 
何回かブログでも紹介していますが・・・?
白ワセリンを夜タップリ塗って寝ています・・・
白ワセリンとEXTRAバージンココナッツオイルは・・・酸化しません

ナイトクリームとしてはリーズナブルで最高でしょう。
少しべとつきますが・・・・

 

日焼け対策10か条


1. 日焼け止め効果が高い低いにかかわらず、2〜3時間おきに
塗りましょう。

2. 塗りムラを作ると日焼けムラができてしまいますので
丁寧に伸ばしましょう。

3. 首筋、胸元、手の甲、うなじ、耳などにも塗り忘れないように

4. UVケア化粧品は、UVA、UVB、の両方をカットするタイプを
選ぶこと。

5. ファンデーション、メークアップベースにもUVカット
効果のあるものを選びましょう。

6. 化粧崩れが気になる季節は、汗や皮脂に強いタイプを選ぶ

7. 長袖をはおったり、サングラス、ツバの広い帽子、日傘を
活用するなどファッション面からもUV対策を

8. 洗濯物を干す、近所の買い物、子供のお迎えなど、生活紫外線にも
気をつけましょう。

9. 窓越しに陽のあたる部屋や車の中、また曇の空の時も紫外線に要注意です。

10. 真夏の野外スポーツは、朝の9時まで、夕方4時移行がベターです。


 

日焼け止めを購入する際に重視すること


  • 白くならない
  • SPF値の高さ
  • 汗・皮脂に・水に強い
  • 肌にやさし
  • 伸びが良い
  • 価格

などが上げられます。

 

紫外線を浴び続けるとこうなる



・シミが増える、濃くなる・シワが増える

・たるみ(肌のハリが失われていく)

・肌が厚くなっていく

・肌が荒れる(乾燥など)

・白内障、皮膚がんの恐れも

・老化の原因になる


 

紫外線を防ぐためには



・紫外線の多い時間帯に注意!・UV加工された日傘、サングラスを使用する

・日焼け止めパウダー、クリームを塗る

・できるだけ太陽の光を肌に当てない

・マスク、ハンドカバーなど(自転車・徒歩の方)


 

光老化に内側から改善する抗酸化のある食品


紫外線から増加する活性酸素を防ぐ抗酸化ビタミンとして知られて
いるのが、べータカロチン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEです。

スクリーンショット 2016 04 22 11 45 09

 
朝、昼、晩の食事にこれらのビタミンを豊富に含んだ食材を摂ると
より効率良く身体に吸収されます。

ベータカロチンは、カロチノイド色素の一種で体内で必要に応じて
ビタミンAに変わります。

 

ベータカロチンは・・・?


人参、トマト、ほうれん草、小松菜。カボチャ、ブロッコリーなど
緑黄色野菜や焼き海苔、アオ海苔に多く含まれます。

熱に強く、油に溶けやすいので、野菜を油で調理すると吸収力が
高まります。

 

ビタミンCは・・・?


赤ピーマン、イチゴ、キウイフルーツ、ゴーヤ、パセリ、じゃがいも
などの新鮮な果物や野菜に含まれます。

 

ビタミンEは・・・?


レバー、たまご、植物油、大豆、アーモンド、ごま、などに
多く含まれています。

ビタミンCとEは互いに補完しながら活性酸素を消去させる働きが
ありますので、一緒に摂るのが有効です。

トマトなどに多く含まれている赤い色素のリコピンもカロチノイド
色素の一種です。

カロチノイドの中でも抗酸化作用が強いですが、紫外線UVA波のダメージを
仰制し、シワ予防も期待できます。

赤ワインの原料である、ぶどう果皮および種子、ブルーベリー、そして
ココア、チョコレートのカカオ豆に含まれるポリフェノールも代表的な
抗酸化物質として知られています。