ー スポンサード リンク ー

モンサント 世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業

モンサント 世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業
読むキッカケは?


マリー=モニク・ロバン (著), 村澤 真保呂 (訳), 上尾 真道 (訳)
戸田 清 (監修)の

「モンサント 世界の農業を支配する 遺伝子組み換え企業」を読了した。

モンサント 世界の農業を支配する 遺伝子組み換え企業

 
食料品がこのような恐ろしいことになっているとは、僕は知らなかった。

僕自身2015年の1月からグリーンスムージを取り入れ
2016ね5月現在で15キロの減量に成功した。

別に痩せようと思ったわけではなく、健康な体を作りたいと
思ったのがキッカケだた。

グリースムージは野菜や果物等をスムージにして生のまま
直接食べるわけだから、「農薬や遺伝子組み換え」など気をつける
ようになった。

自分の体を病気にならずに、また薬やサプリに頼らず、
自然治癒力(しぜんちゆりょく)を強くするには食生活が
大切なことは知っていた。

 

目次


 

モンサントについて


この本を手に取る前に、「マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配
【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編
」を読んでいた
事もあってモンサント社については知っていた。

しかしモンサント社に、絞って遺伝子組み換えについてここまで
データをもとに、詳しく書かれている本は他にないだろう。

 



 

世界43か国で、遺伝子組み換え種子の90%のシェアを誇るモンサント社
この世界最大級のバイオ化学企業は、これまで、PCB、枯葉剤・・・と
史上最悪の公害をくり返し、多くの悲劇を生み出してきた。

 

恐ろしいことに、発がん性のある人工甘味料であるサッカリンに始まり、
いずれもその高い毒性で知られるPCB(ポリ塩化ビニル)など・・・

僕でも経験している、DDT(敗戦後に日本人に撒かれた白い粉)、シラミの
駆除のため頭を坊主にさせられ、このDDTを頭に振りかけられた。

など枯葉剤を作った会社であり、この枯れ葉剤をベトナムに兵器として散布し
多くの奇形児を作った。

 

また枯れ葉剤の散布から40年以上も立っているはずなのに
この子どもたちは「ダイオキシン」の影響を今なを受けている。

日本でも壁材に使われていたダイオキシンは親油性があり脂肪に蓄積され
食物や母親の母乳から汚染され、世代を超えて伝わるのです。

日本で施術を受けたシャム双生児ベトとドクくんなど、母親の脂肪組織内
には高濃度のダイオキシンが発見されているとしている。

このベトとドクくん2人は日本赤十字社の支援により東京で治療を受けて、
3か月後の同年10月29日に再びベトナムに戻った。報道は記憶している。

 

今や極めて多くの食品に大量に使われている、神経毒を持つ人工甘味料
アスパルテームのメーカーをも吸収して自社製品として世界中で販売している。

何と言っても遺伝子組換え作物を生み出してきた会社の代表格である。


 
【遺伝子組み換え食品】 日本に輸入されているもの下記を参照
http://tomio23.com/archives/7417

 

ダイオキシンは


このダイオキシンは細胞内部にホルモンと同じような仕方で
作用し奇形を生み出したり既存の病気を更に悪化させるという。

ダイオキシンはたとえ野菜に蓄積されなくても土壌に染み込み、
雨が触れば湖や川、海へと拡散し(物質の半分が消失するのに」必要な
時間は、100年以上になるとこの本では言われている。

そうなるとダイオキシンは、植物プランクトン、から動物プランクトン
魚、家畜、人間へと食物連鎖を通じて汚染が広がります。

ひとたび血液中に入り込んだダイオキシンは、今度は細胞へと
入り込み脂肪に蓄積されます。

ダイオキシンは人間の身体では半減する機関は平均して7年かかり
ダイオキシンを排出するには、脂肪を減らすか、あるいは母乳と

して出すしか無いっそうです。

母乳としてダイオキシンが排出されると、赤ん坊が汚染されることに
ななります。

 

世界で最も売れた除草剤ラウンドアップ


モンサント社はラウンド アップ レディと名づけてヨーロッパで
大々的に宣伝され使うようになった。

この除草剤は植物の葉から吸収され、植物体内の水分によって、すぐに
茎や根に届けられる。

そこで芳香族アミノ酸の合成に必要な酵素に働きかけることにより
葉緑素やいくつかのホルモンの活動を減退させる。

その作用によって植物の成長が阻害され、組織の壊死がおこり
やがて植物は死に至るのです。

遺伝子組み換え大豆がこんな恐ろしいことになっているとは
僕も知らなかった。

除草剤(ラウンドアップ)をまいた後、一般大豆は根から枯れてしまっているが
遺伝子組み換えの大豆は枯れた無い、この猛毒の除草剤にも枯れない

遺伝子組み換え大豆を、我々は食べていることのなる。

スクリーンショット 2016 05 10 16 25 39
photo ツイッターから使用 : https://twitter.com/shiraiGP

ラウンドアップは1970年に開発され、1974年に合衆国、ついで
ヨーロッパで市場に送り出された。

 

日本ではこの遺伝子組み換え作物の輸入は・・・


1996年に許可され、ラウンド アップとラウンド アップ レディ耐性作物
の「抱き合わせ販売」で利益が大きくなる。

これらは除草剤としてアメリカやヨーロッパでは庭に雑草が
生えないように使われ、問題になった。

日本でもモンサントの農薬や除草剤が多く使われている

僕が経験していたこととして、ゴルフ場にも多くが使われていたこと
緑がキレイで空気も美しいと思っていたのだが雑草がいつからか

取る光景を目にしなくなり、なんだか分からないが目に染みたり
呼吸器系がおかしく感じることがあった。

そして現在、遺伝子組み換え作物によって、世界の農業を支配しようとしている。
いかに同社が、政治家と癒着し、政府機関を工作し、科学者に圧力をかけ、

農民たちを訴訟で恫喝することによって、健康や環境への悪影響を隠蔽し、
世界の農業を支配下に収めてきたか。

本書は、3年にわたる調査によって、未公開資料、科学者・政治家・農民たちの
証言をもとに、その驚くべき実態を明らかにした、世界が瞠目した話題騒然の書なのです。

 

【遺伝子組み換え食品】 日本に輸入されているもの下記を参照
http://tomio23.com/archives/7417

 

日本が参加したTPP


モンサント社は「TPPを推進する米国企業連合」のメンバーであり、
TPP交渉によって、遺伝子組み換え食品(GMO)の「表示義務」を撤廃させ

日本へのGMO食品・種子の売り込みを狙っている事は間違いない

本書を読む限りTPP交渉により日本にも容易に遺伝子組換え食物を
ラベルの表記無しに食べざる得なくなることは想像できる。

マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編
」の本でも、遺伝子組み換え作物や「アグリビジネス」農業や畜産業の企業化が

コスト削減により弊害が起きていることについて
詳しく書かれている。

 

牛成長ホルモン問題


ロックフェラーの食料と医療、にも書かれているが、
牛成長ホルモンは、正式名称はソマトトロビン(BST)といい

モンサントの遺伝子組み換え技術によって作られるたもので、月に
2回ほど牛に注射することで、乳の分泌量を15%増大させると言うもの。

しかし自然な許容範囲を超えて乳を出すことが、乳防炎という病気に
かかることがわかり、この乳防炎は消費者にも問題を引き起こすことが

明らかになった。
牛がこの病気にかかると白血球が増加し、つまり牛乳に「膿が」
まざります。

牛を治療するためには、抗生物質が使われ、この抗生物質が
牛乳中に残留します。

さらに遺伝子操作されたホルモンのために、牛の自然な周期が
めちゃくちゃになります。

これらから作られる乳製品は乳ガン、結腸ガン、前立ガンのリスクが大幅に
増加することが明らかになったのです。

乳防炎は乳防が「化膿」することをさしており、その治療に
抗生物質が使われる。

この抗生物質は、牛乳の中に残留物質として入り込み、結果として
消費者が牛乳を飲むことで、この残留物質も摂取され、飲み込まれた

残留物質は、さらに腸内細菌叢に住む細菌によって吸収される

この牛乳を飲んでいる消費者は過激に抗生物質を使用している
人物でもあるといい

すでに撲滅されたはずの多くの病原菌が、どうして現在、抗生物質
耐性を持つようになったのかは?

人間が抗生物質を体内に蓄積し、抗生物質が効かなくなると
言うのだ。

 

問題は牛の成長ホルモンだ・・・?


これは養殖全般に渡る。
何を選んで、何を食たらよいか分からないほど、多くに関係しているのです。

このようなことから僕の食品選びは、かなり変わった、
食べるのは、牛は放し飼いされた

グラスフェード、魚は、養殖魚も食べないように変わってきた。

 

モンサントの著者が作成した動画をNHKが放送


2014/07/04 に公開
NHKが放映したドキュメントです。

時間があるときに、この時メンタリー動画を見れば
全体像がわかってくるでしょう。

『モンサントの不自然な食べもの』

巨大企業モンサントの世界戦略 前編動画




 

巨大企業モンサントの世界戦略 後編動画




 

原発事故との関係


訳者あとがきでも、書かれいるが、福島第一原子力発電所の事故により
多くの日本人は食の安全に多大な不安を感じて暮らさざるえなく
なった。

更に原発事故への対処をめぐり、政府と産業界の癒着と、そこから
生じた利権集団がある「原子力村」さらに、それらを支える「御用学者や」

「御用ジャーナリズム」に厳しい目が向けられるように
なってきた。

このような癒着がどのように生まれ、どのような仕組みで
増殖しているのかは、本書を読めば、だいたい理解できる。

九州が地震で揺らいでいいる時、何故原子力発電所を止めないのか
わけが分からない。

 

利益追求主義 経済は大手ブランドも不祥事を起こし
これから農業の企業化が進められ効率と価格競争の中で

モンサント社の製品が、知らない内に食卓を脅かすに
違いない。

 

小規模農業関係者にお願いしたいことは、昔ながらの製法と
種を使い安全な食品をぜひ作ってもらいたい

 

安全な食品こそ世界が求める食品になる事は間
違い無いと感じる。


 

本書の目次の紹介


[はじめに] モンサントとは何か? 11

調査の必要性 11
数億ヘクタールの農地に広がるGMO 15

第I部 産業史上、最悪の公害企業

第1章 PCB―いかに地球全体が汚染されていったのか? 22

ゴリアテに立ち向かうダビデ 23

モンサント社の誕生 25
五〇万ページの機密書類 30
モンサント社は、知っていたが何も言わなかった 33

モンサントの[犯罪行為] 37
共謀と情報操作 40

ダイオキシンに匹敵する猛毒 45

相変わらずの否認 50
PCBはいたるところに 55

第2章 ダイオキシン(1)―ペンタゴンとモンサントの共謀 57

地図から消えた町 58
追及を免れるモンサント 62

除草剤2,4,5-Tとダイオキシン 65
戦争バンザイ! 69

ベトナム枯葉作戦 72

有毒性の隠蔽とダウ・ケミカルとの共謀 76
モンサントの言い逃れ 80

第3章 ダイオキシン(2)―情報操作と贈収賄 84

でっちあげの科学研究 85

「内部告発者」狩り 89
モンサントに言いなりのEPA 94

政府と企業の共謀 100

贈賄―リチャード・ドール事件 103
ベトナムの奇形児たち 107[filter url=”” grayscale=1 grayscaleval=100 class=”” width=”” alt=””]

第4章 ラウンドアップ―雑草も消費者も“一網打尽”の洗脳作戦 115

世界でもとも売れた除草剤 116

二つの不正事件 119
虚偽広告 121

問題だらけの農薬認可手続き 124
「ラウンドアップは、ガンを誘発する最初のステップ」 129

「胎児の殺戮者」 134
コロンビアでの「枯葉作戦」 139

第5章 牛成長ホルモン問題(1) 143

FDAからの突然の解雇 144
内部告発者から届いた段ボール箱の秘密データ 150

『サイエンス』誌に掲載された改竄論文 154
ガン発生率の増加、耐性菌の繁殖 159

なりふりかまわぬ学術誌への圧力 162
官/産の「回転ドア」の世界 166

第6章 牛成長ホルモン問題(2)―反対者を黙らせるための策略 172

訴えられるのが怖ければ、ラベルを貼るな! 173

違法な宣伝活動 178

牛たちの「大殺戮」 182

ロビー活動とメディア・コントロール 185
カナダ政府への贈収賄未遂事件 194

GMOの前哨戦 200
第II部 遺伝子組み換え作物―アグリビジネス史上、最大の陰謀

第7章 CMOの発明 204

産業と科学の結婚による遺伝子工学の誕生 206
「緑の革命家」と「ユーフォリア」(多幸症者)たち 210

「ラウンドアップ・レディ」―初のGMO作物の特許申請 216
ホワイトハウスへの工作 221

「見せかけの規制」 226
「実質的同等性の原則」―陰謀の核心 229
トリプトファン事件―遺伝子操作による死の食品公害 233

第8章 御用学者とFDAの規制の実態 240

FDAの専門家たちの同意はなかった 241
「規制」の裏側 244

どのようにFDAは骨抜きにされたか? 248
モンサントの四つの「回転ドア」 253
「私は激しい圧力にさらされていた」 256

御用学者の使い方 261
「研究」の実態 265

「最悪の科学」 270
世界中に張り巡らされた恐怖のネットワーク 274

第9章 モンサントの光と影―一九九五~九九年 276

遺伝子組み換えジャガイモ 277
批判する者は吊るし上げ―アーパド・パズタイ事件 280

モンサント→クリントン大統領→ブレア首相―圧力のネットワーク 286

モンサントの“導師”ロバート・シャピロ 289
「新たなモンサントは、世界を救う!」―シャプロの夢 294

種子争奪戦と急拡大するモンサント 297
ターミネーター特許―シャピロの挫折 303
モンサントの危機 308

第10章 生物特許という武器 311

認められた生物への特許 312

収穫した種子を植えると訴えられる 315

「遺伝子警察」モンサント 319
訴えられて破産する農民たち 323

「モンサントから身を守るのは不可能なんです」 327
パーシー・シュマイザー裁判 330

GMO汚染による「スーパー雑草」の誕生 335
GMOによって除草剤使用が増加していく 338
バイオテクノロジーの隠された側面 342

GMO農業は「経済的災害」 345

第11章遺伝子組み換え小麦―北アメリカでのモンサントの敗北 348

モンサント最大の敗北 349

反GMOのシンボルとなったオオカバマダラ 354
スターリンク事件 358

「小麦で繰り返すな!」 363

遺伝子汚染は避けられない―GMOアブラナによって消滅した在来種 366

第III部 途上国を襲うモンサント

 

第12部 生物多様性を破壊するGMO―メキシコ 372

紀元前五千年からの伝統品種トウモロコシがGMOに汚染される 373

メディアからリンチを受けた生物学者―イグナシオ・チャペラ 376
モンサントの「卑劣なやり口」 380

屈服する科学誌と大学 384
奇形トウモロコシの繁殖 388

第13章 「罠」にはめられたアルゼンチン 391

モンサントの「罠」 392
経済危機と「魔法の種子」 395

大豆が国を乗っ取る 398

RR大豆の雑草化と痩せ細る大地 402

むしばまれる健康 404
閉ざされている救済への道 408
原生林が大豆畑へ、そして不毛の土地へ 411

第14章 GMO大豆に乗っ取られた国々―パラグアイ、ブラジル、アルゼンチン 416

ラウンドアップによって殺された少年―パラグアイ 417

種子の密輸によって広まったGMO 419
モンサントの戦略に陥落してゆく国々 423

共同体と生活を破壊する新たな征服者 428

GMO反対運動への暴虐な弾圧 431
「食料支配によって、民衆を政治的に従わせる……」 436

第15章 農民を自殺に導くGMO綿花 441

次々に自殺に追い込まれる農民たち 442
いかにGMO綿花を普及させたか?_ 446

実際には収益が上がらないGMO綿花 452
市場の独占とメディアを使った隠蔽 456

害虫の耐性という「時限爆弾」 460

第16章 いかに多国籍企業は、世界の食料を支配するのか? 465

「第二次『緑の革命』の唯一の目的は、モンサントの利益を増やすことです」 466
生物特許と「経済的植民地化」 471

知的所有権協定の裏側―WTOにうごめく多国籍企業 474
「ほんとうの悪夢」―WTO 478

[おわりに] 「張り子の虎」の巨大企業 481

「企業の評判は、もはやリスク要因の一つ」 482

環境格付けは「CCC」 484

「MON863トウモロコシ」訴訟―明らかになった”規制の不備” 487

無数の訴訟の可能性 495

[新版への補論] 本書とドキュメンタリー映画への世界的反響について
―「着実に持続する成功」

ペルーのリマにて 499
世界各地での驚くべき反論 502

モンサントからの攻撃とその援護者たち 506
状況は動いている! 514

[日本語版解説] モンサントのGMO作物と日本 遺伝子組み換え情報室 河田昌東

モンサントの歴史とアメリカの戦争 519
世界のGMO作物栽培の現状 520

すでに日本に影響を及ぼしている「GMOナタネ訴訟」 521

GMO作物の安全性―いかに「科学的」根拠がデタラメか 522
第二世代GMO生物の開発 524

モンサントへの逆風 524
マリー=モニク・ロバンの活動いついて……アンベール・雨宮裕子 526

訳者あとがき……村澤真保呂 531

本書に関係する文献・資料・情報源の紹介……作成:戸田清 565
原注 561
著者・訳者紹介 566


この目次の中に興味があるものが有るはずです。
かなり分厚く読みでがあり料金も高い

もっと要点をまとめて一般的に購入しやす値段にして、多くの
人に知ってもらいたい良書です。

 

 

   

ー 商品 リンク ー

健康に良い食材商品リンク
完全無欠朝食バター コーヒーで使用 健康に良い 食用油オイル 体に良いハチミツ 食品に関する 書籍
HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV

バージンココナッツ オイル

マヌカハニーMGO400+ 500g ジョコビッチの生まれ変わる食事
HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1  ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル  マヌカハニー バイオアクティブ 20+(UMF20+) 500g マヌカドクター【海外直送】 (1個) [並行輸入品] シリコンバレー式 最強の食事
業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター バージン オリーブオイル エキストラバージン オリーブオイル 酸度0.3%以下 250ml ココナッツ癒しパワー 健康で、美く
ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍 安全ですばらしい 亜麻仁油 フジッコ カスピ海 ヨーグルト 「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)
ギー・イージー 100g  MCTオイル グルテンフリー食品 はじめてのオーガニック手帖
コーヒー豆 プレミアムブレンド 100g レインフォレスト  ココナッツオイル100% ココヤシの泉 ナチュレオ 912g 【生活科学研究会】 オーガニック ココナッツ&ギー(グラスフェッドバター)325ml混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)にEU有機認証 

からだの中から若返るグリーンスムージー健康法

携帯出来る MCTオイル (20g×10包)  グルテンフリーパン 

あなたは半年前に食べたものでできている 実践編

 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー100g 携帯用日本製粉 アマニ油 ミニパック 5g 30袋  グルテンフリーパスタ