ー スポンサード リンク ー

40すぎたら女性は”顔より髪型”が人を引き付ける

女性は顔より、髪型が顔になる


80代になっても、すれ違う人を振り向かせるくらいステキな
女性はいるものです。
すれ違う人を振り向かせる髪型

 
それは年齢は、まったく問わない誰しも一生目指せるテーマで
あるのかも知れない。

では振り向かせる60代の女性共通点があるとしたら
それは、なんだろう。

それはズバリ”洗練された髪型”なのです。

 

 

女性のステキは・・・?


もちろん洋服がステキとか、香りに惹かれるは・・・あるかも知れないが
人を振り返させるエネルギーを放すのは、紛れも無く・・・・

髪の方、見るからに手間のかかった髪には、それだけでオーラー宿る
と言うが、確かにその通りです。


しかも年齢を重ねるほど、そういう髪のオーラーは強くなる。

 



 

東洋でも西洋でも、昔は髪型の違いが地位を明快に示し
王冠みたいに、その高さを示していた。

そのなごりかも知れないが、手間の掛かった髪型の完成度や
トップの高さは、そっくり品格や知性や高級感に変わるのだ。

 

櫻井よしこ髪型1

 

それはキャリアを積むほどに髪が経済的に豊かさを反映し
正に人としての「格」を語り出す。

とりわけ女性の髪は人生の充実をも、物語るようになるから
つまり”高級な女”に見える髪型を心がけるのは、最も正しい
歳のとり方なのです。

 

顔立ちが老けた分だけ


多分肌が衰えた分だけ、顔立ちが老けた分だけ、髪の役割が
大きくなるからで、髪の端正さが老け感をそっくり補ってくれる
ようになる。

髪のトップの高さが、たるんで下がる肌を見た目にリフトアップ
してくれるようになる。

歳をとると不思議にメイクが似合わなくなる。
塗れば塗るほど下品になり、メイクは薄くする分だけ
髪のオシャレがメイクのように人を華やかに見せるのです。

格を感じる髪型の大きさ

 

だから人生の後半は”顔より髪”と心得て、歳を1歳とるたびに
髪型に掛ける時間を意識的に増やしてほしい。

メイクするようにスタイリングして、髪に高級感を

一生ステキであるための絶対のカギなのです。

”一生美人”力 著書 斎藤 薫から、一部紹介させてもらった。
誰も教えなかった、気づくだけの、アンチエイジング

40過ぎたら読む価値あると思う。

 


この本の中で特に感じていた、髪に対する感じ方
すれ違う人を振り向かせるくらいステキな女性の魅力、一体僕は

何処を見て感じていたのか?
それは髪型なのだ、本当にそう感じるから、これは僕の職業柄だけでは
無いはずだ。

 

ステキは真似る


代官山や広尾あたりには、そのような少し大きめな髪型を
今でも希望するする人がいる。

スクリーンショット 2016 07 29 10 10 35

 
ファッションも今の流行と言うよりは、ネイビーのスカートに
グレーのハイネック半袖、白のブラウスにさりげないスカーフや

真珠のネックレスでさっそうとしている姿をよく見かける。

男性もシンプルで足を組んだ足元にチラリとのぞかせたカラフルな
ソックスと磨きこまれた革靴、本物のオシャレが漂っている。

洗練されたオシャレは、質の良い素材と、小物使いで作り上げている
ていう感じだ。

正直そんなに頻繁に出会えるわけではないが、マネたくなるような
年のとり方をしている人に出会う時、そうなりたいと思う。