ー スポンサード リンク ー

食の大切さ、食べるスキンケア、食べるダイエット

食のお話


若い頃から、徹夜で遊んだりした後は、僕の顔の毛穴が
バーと広がり肌のハリがなくなり赤みがかった顔で油がドバーと

出て顔がテカテカで、触っても感覚が無い思いをした
ことがある。

その頃から、睡眠の大切さ知った。

よほどのことがない限り徹夜は避けるようになり麻雀と
タバコはやめた。

消して肌がキレイな方では無いにもかかわらず美容家なのに
これ以上汚くしてどうする?
と感じたからだ。

好きなモノを好きなだけ食べていたこともあり、もちろん
美容師としては太っていた。

スキンケアや自己流ダイエットだけでは、どうにもならなく
なり、みなをすべきは・・・
 

キレイな肌を創るには?
キレイな体を創るには?


 
スクリーンショット 2016 08 31 12 32 25

 改めて食と向き合うことになった。


 

 

食べるスキンケア、食べるダイエット


肌を見れば食生活が分かり
体を見れば、生活習慣が分かる。

とはよく言ったものだ。

 



 

ダイエットにしても何が良くて、何が合わないのか
今や情報があふれていて分からない。

肌に悪いものも、お構い無しでと言うよりも、気にもしていないで
食べていた。

 

ダイエットではじめに試したことは?


まずは体(スタイル)作りはダイエットから

 

「やせる食事 東畑朝子・宮川凡子著書」が作成した
ダイエットメニューを実行したことだ。

やせる食事
2016.9.1時点でヤフーオクションに出されていた。
http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l359813417

 
これは非常に栄養バランスが良く、おやつもあり満腹感があって
作り方から、その後の食材や、外食の栄養バランスも書かれた良書だ

6ヶ月5~6キロのダイエットに成功した。

急激に激ヤセさせなようにメニューができていて逆に体や肌が
良くなって栄養バランスが良いのが実感できる。

朝、昼、晩、とお弁当をメニュー通りに持参して
取り組んだ、野菜や代替メニューとしてハンバーグも鶏肉か
何かで出来ていた。

野菜が嫌いな、こともあり無理やり食べていたが
肌も体もキレイに痩せていいた。

ただ1ヶ月のメニューしか無く、繰り返しになり2年位した
頃には飽きてしまい、何時しか辞めてしまった。

参照:美ボディーを作る食事の食べ方 8つのルール

 

 

ダイエットの勘違い


そのダイエット方法はもしかして正しくないのかもしれません。

なぜ、痩せられないのか?
どうしたらリバウンドせずに済むのでしよう、の疑問を解決するために・・・

 

  • お米は食べるべきでは無い
  • 糖質は全て悪だと思っていた
  • 肉はたくさん食べても大丈夫と思っていた
  • 揚げ物や油物に意識せずに食べていた


 
今すぐセルフチェックしてみましょう!

 

お米は食べるべきでは無い


よく聞く炭水化物を抜くダイエット、僕自身も試したことがあります。

お米や麺類、パンなど主食を抜くことで体重を減らそうという試みです。

しかし炭水化物はダイエット中でも取り入れるべきです。
お米は食べるべきです。


麺類や、パンは、油やイースト菌など色々ハイいているので
避けたほうが良いでしょう。

 

有名スポーツ選手などが、やめている「小麦粉、グルテン」
摂らないことです。
グルテンはパンや麺類など小麦粉を使用したものには含まれています。

2週間辞めることができれば、パンや麺類など、欲しく無くなります。
実はグルテンは中毒性があるのです。

参照: 注目されるグルテンフリーとは? ダイエットや美肌に効果?

 
炭水化物の食材の中では、お米はからだを温めやすいので
炊いたご飯はダイエット向きです。

ご飯を主食に、たんぱく質のおかずと味噌汁を
組み合わせる和食がおススメです。

 

和食
 

人間が太る原因は、余分な糖質が大きく関係しています。
余分な糖質(ですからケーキやパンなど)が原因で身体に脂肪が
蓄積され太っていきます。

 

もし小腹が空いたら・・・?
ミックスナッツや、果物、自然の食べ物のを食べましょう。

もちろん糖質はエネルギーとして使われるため人間が生きて
いくうえで欠かせないものです。

しかし摂取しすぎると肥満の原因となります。

 

肉はたくさん食べても大丈夫と思っていた


僕たちのからだの代謝をあげるために不可欠なのが、たんぱく質です。

たんぱく質は魚や大豆製品だけでいいと思う方もいるかと思いますが
お肉もちゃんと食べてほしいのです。

1食に手のひら1枚分、週2~3回が目安になります。

お肉は赤身を選んで、女性は鉄分補給にも最適です。
魚や卵を摂ることを忘れずに・・・

 

揚げ物や油物に意識せずに食べていた


お惣菜を買うにしてもついつい、揚げ物や油物に意識せずに
食べていた。

 

もし食べたい時は油に注意・・・?
油を使うなら
料理用ならココナッツオイル、もしくはオリーブオイル
この2つに決めましょう。

エキストラバージンはコールド製法と精製されていないこと
で風味が違い価格も高めです。

持ち歩きでコーヒーや、これは太るかもと感じたら
エクストラバージンココナッツオイルをかけたり入れたりして

食べると中鎖脂肪酸が即エネルギーに変化させてくれるので脂肪として
蓄積されにくく太りにくい体にしてくれます。

参照: ココナッツ癒しパワー Coconut Cures

 

野菜にかけたり香りづけにはバージンオリーブオイル
この2つは、体に良いオイルです。

揚げ物を創るときに、パン粉の替わりに、片栗粉を代用して
どちらかのオイルで揚げて食べると、安心して食べることが
できます。

それは調味料、砂糖や醤油、塩など自分で分量を調節して
使用する事ができるからです。

揚げ物はこの差が大きいのです。

食品やオイルのとり方で美肌やアンチエイジングの効果が
実感として得られます。

 

大切なことは消化・・・?


食事をした時、胃の中で食べ物がどのくらいで
消化するか、考えたことがありますか?

消化時間を考えて食事を摂る事で体調のコントロールが
出来るようになります。

大切なのは、消化の良い食べ物を摂り、代謝を低下
させないようにすること。

体内には食べ物を分解する「消化酵素」と消化吸収した
栄養をエネルギーに変える「代謝酵素」があります。

消化の悪いものを食べると消化酵素が大量に消費され
代謝酵素が減少します。

代謝酵素が減少すると、内臓も疲れてしまいます。

なるべく消化の消化の良い物を選んで摂ると代謝がアップして
常に体も軽く元気になり、もちろん肌の調子も良くなります。

 

消化の良い食べ物


 

  • 果物    30分~1時間
  • 炭水化物  2~3時間 炭水化物の中でも麺類は要注意製造過程で油を
    使っている
  • 野菜    1~2時間
  • 魚     2~3時間


 

参照:肌トラブルの原因と食事

 

スクリーンショット 2016 08 31 12 10 07


 

シッカリ食べて無駄を無くす


朝食 朝は体を休ませるため消化の早い果物や水など

昼は 外食なら和定食、定食屋さんなら体に良い物が食べられます。

おやつは ミックスナッツやおせんべい、和菓子、バターや植物油脂をたっぷり使った
洋菓子は避けましょう。

夕食  刺し身とごはん、野菜の味噌汁
焼き魚など

食べる時は野菜から食べる習慣をつけましょう
それから主食を食べます。

 

お買い物?


基本的に日々調達する”素材は” 加工食品は避けます。

その理由は・・・?
加工食品はいつ、何処で、どのような形で何を添加して加工されたか
が不明瞭で心配です。

しかし現在、まったく加工食品を摂らずに生きていくのは
難し、豆腐だって缶詰、もちろん調味料も加工食品

日々の食事に必要な加工食品は購入します。

 

加工食品を買う時、最も気にしているのが


買う時頼りにしているのが、全成分が分かる裏面表示
記載成分が、加工工程を探る手段です。

また最近は何処で生産されたのか、気にしています。
野菜も中国産や日本国内でも放射能汚染は避けたいです。

そんなことから裏表示はよく見るようになりました。
しかしこれも、見方があるようです。

スクリーンショット 2016 08 31 12 42 02

 
成分がなるべくシンプルで少ないもの、カタカナ成分が
多いものは避けます。

 

加工食品を選ぶポイント


 

油が使われていないもの
カタカナの添加物が極力少ないもの
できるだけ国産のもの
原材料や加工へのこだわり記載されているもの


 

調味料選びと調理の注意点
国産で加工過程が安心できる調味料を選ぶ

油はコールドプレスのオリーブ油、ココナッツ油を少しずつ買う
生か低温でさっと調理する。

 

おススメ調味料



 

 

食べる事は生きること


 

熟した果物を食べる
国産の物を食べる
柔らかいものを食べる
旬のものを探す
冷たいものは基本食べない
飲み物の基本は白湯
オーガニックに越したことは無い


 
オーガニックとは有機栽培の意味、目に見えず表示義務の
無い”農薬”をなるべく避けたい

無農薬で育てているオーガニック食材が安心です。

 

サプリメントは卒業


自分に不足しがちと自覚している栄養素を補うために
使いがちですが、できるだけ食事から取りましょう。