ー スポンサード リンク ー

カンディンスキーの「点・線・面」をヘアデザインに生かすと、お客様の言っているニュアンスを表現できる。

カンディンスキーの「点・線・面」をヘアデザインに生かす


「ヘアデザイン」で大切なことは、お客様が言っている。
「可愛くしたい」「若く見せたい」「優しい感じ」「爽やかな感じ」
「落ち着きた大人のイメージが好き」「知的」「個性的」「自然な」

どれをとってもニュアンス表現で、人にとって捉え方が違ます。

しかしカンディンスキーの「点・線・面」を理解すると
そのニュアンス表現に基準が生まれ、説得力が増します。

老けたくない、派手に見られたくない、などのお客様の悩みに
自信を持って説明でき、お客様も納得されるだろう。

ニュアンス オーーダーを外さないために、気分を
言葉で的中させる第一歩が「点・線・面」を理解することです。

 

 

ヘアスタイルで見てみよう


例えば「可愛らしい感じ」と言って見ても微妙にニュアンスが
違うのあなたは、わかるだろうか?

スクリーンショット 2016 11 04 10 22 11

 
可愛らしいと言っても・・・?
清楚で可愛らしい、柔らかくて可愛らし、女の子らし、知的、個性的で
可愛らしいなど、その人のライフスタイルや、職場環境、顔立ちで
可愛らしさの表現が変ります。

 



 

お客様自体も決めかねていて、イメージ写真を見せても
決められ無い場合がよくあります。

それを美容師が、さぐり当て、お客様の「これが良い」にイメージを
決定させなければ、お客様の心を掴むことはできないのです。

 

カンディンスキーの「点・線・面」から印象や
精神的なものを体験する


形あるものは、大きく分けて三種類、その形は・・・?

三角、四角、丸、です。
その他の角を持った、多角形は、角が多くなると、遠目には
丸く見えます。

楕円やその他の円も、正円が変化したにすぎません
ですからヘアスタイルなど、どれだけ毛先が跳ねていようが

大枠で逆三角形か?、四角か。丸か?を大枠でとらえて
表現するとバランスがとりやすいのです。

 

ヘアスタイルを作るにあたっての、点、線、面、の活用


まずカンディンスキーの「点・線・面」は、点から線が誕生して形を
作り、面が誕生します。

参照: デザインする上において幾何学は欠かせない、ヘアデザインする上で
「カンディン・スキー」の点、線、面とは?

 

 

点について


ヘアで使う点とは・・・?
カットは技法のテクニックのことばかりでなく、大切なのは
お客様の分かりにくい、ニュアンス表現を見せて作ることです。

点は骨格や顔かたちを認識するときに、意識するか、しないかは
別にして、無意識のうちに点で見ています。

 

点によって、形は作られると言ったように、すでにバランスを
とる時のように正面からみた中心線(イコール点で)見ています。

また横から見たゴールデンポイントや、カットの時に垂直線や平行線も
点をみて、線をイメージして前後、左右の長さや、ヘアスタイルポイントなど
バランスを取っているはずです。

 

スクリーンショット 2016 11 04 16 02 32 1  
アウトラインの形は無意識に点でとらえ、見えない線で形を認識します。

顎と頭頂部を点でとらえ、見えない線でイメージしデザインのポイントや
前頭部と後頭部のバランスを見ています。

 

もちろん垂直線や平行線も意識して平行感覚や、顔まわりのカットラインも
襟足に向かってバランスをとります。

形やデザインポイントがしっかりデザインされたら「面」
部分に目をやり、毛流れや毛先の表情をデザインします。

 

面はデザイン上の髪流れや凹凸を「髪の質感」によって色々な
ニュアンスを表現します。

これも直線や曲線、折線を使って平面的や、立体感をつけてなど
髪に動きや表情をつけ、重さや軽さを表現します。

 


ヘアスタイルの場合の線とは、アウトラインの線を「どう取るか」
「面である」髪の質感や毛流れをどうするかによって、ニュアンスが
変わります。

ですから「線」の取り扱いは、デザイン上とても大切です。

線の種類

  • 縦の直線
  • 横の直線
  • 折れ線
  • 大きい曲線
  • 小さい曲線
  • ごく小さい曲線


 

スクリーンショット 2016 11 04 16 59 12


 

  • 縦の垂直線
    縦の垂直線は、2つの方向性をもち、ヘアスタイルで言う、人に与える印象は
    躍動、若さ、シャープ、清楚、などのイメージを与える

 

  • 縦の折線(ウェーブ)
    大きな曲線より突起した直線ですので、若さがあり、突っ張った、個性的、などのイメージを
    与える。

 

  • 縦の大きな曲線(ウェーブ)
    優雅、優しさ、円熟した、経験を積んだ、大人、女性的などのイメージを
    もつ

 

  • 縦の小さな曲線は(ウェーブ)
    躍動的、ファンキー、大きな曲線より若さがあるなどのイメージを
    与えることができる。

 

  • 縦のミックス曲線
    曲線の柔らかさと、直線のもつ若さが、ミックスされ、両方を感じる線になります。

 

  • ごく小さな曲線(ウェーブ)
    小さくなればなるほど棒状に見えて縦の直線に近くなります。
    個性的、若さ、(日本ではファッションですが)逆に、海外では、ドレッドヘアのイメージが

    強くなり、レゲエミュージシャンボブ・マリーに代表されるように
    黒人もしくは少しチープなイメージをあたえます。

 

大きな曲線は優しさ、女性らしさ、大人、円熟と言った印象を与える

 

大きな曲線は優しさ、女性らしさ 円熟の印象を与える
 

 

水平直線


ヘアで言う、水平線(横の直線や曲線)は、もともと持つ内面性
人間が生活している基線ですのです。

その上で立ったり動いたりする平面です。

様々の横への広がりや、冷たさや、平坦、、安定、落ち着きなどの
イメージを与えます。

また上下への分断するイメージを与えます。

 

スクリーンショット 2016 11 05 12 20 57
  • 水平線
    「縦の直線、曲線」で説明した内面的な要素に加えて、分断や、安定
    平坦、落ちつき、などのイメージがプラスされます。

 

  • 対角線
    これらの線や曲線は「対角線」においては平坦と、高揚を両方持った
    腺といえます。冷たさと、温かさ、若さと安定、両方を併せ持つ線となりヘアスタイルに
    おいて、はミステリアス、知的、個性、アンバランス、不安定などのイメージです。

 

 

前髪での印象


線を使って前髪をつくて見ましょう。
カットラインによる前髪の印象の違いがわかります。

スクリーンショット 2016 11 05 15 15 08

 
横の線(ライン)による印象の変化です。
もちろん水平ラインは上下を分けるラインでもあり、前髪の長さに
よっても印象が違います。

 

この上下を境として上の部分のヴォリュームによって顔を
小さく見せたり、面での毛流れによっても印象は変わりますが

「面」の毛流れもデコボコに立体感を出すか?
または髪の流れを、直線にするか、曲線か、ランダムの
線の使い分けにより印象が変わります。

 

前髪のラインと面の線  
パーマ(ウェーブ)かける場合も、どのような印象(ニュアンス)に
したいかによって、線(ライン)を使い分けことで、なりたい自分に
して差し上げることが可能です。