ー スポンサード リンク ー

【美肌を作る方法】美容液を塗る前に・・・食べる美容

美容液を塗る前にすべきこと


肌のきれいな人は食べ物を気をつけている。

美肌のために「食べる美容」を実践する。
まずは良い調味料を使って料理する事、昔ながらの伝統的な

調味料は熟成された発酵をえて自然のパワーが含まれた
味噌やこうじが美肌を作ります。

発酵調味料や食品は「天然のコスメ」と言っても良いでしょう。

次に毎食、野菜料理を1品多く食べるようにすることです。

肌の透明感やハリ・弾力と野菜の摂取量は比例しています。

 

 

美肌をつくる3つの食べる美容


 

  1. 良い調味料を使って料理する
  2. 毎食野菜料理を1品プラスする
  3. よく噛んで食べる。

 

良い調味料を使って料理する。上質な調味料は、一般的なものに
比べて値段がやや高めです。

そんな時は、まず「味噌」から挑戦します。

 



 

使われている材料も吟味して、「味噌」は乳酸菌を多く含み料理の隠し味にも
欠かせません、「塩、こうじ、酢、醤油 」で揃えると使い勝手が良いでしょう。

 

上質な調味料を使って、毎日シッカリ食べることは
きれいになる早道です。

年齢を重ねるごとに実感できるでしょう。

 

毎食野菜料理を1品プラスする


野菜はどうやって食べるべき?

スクリーンショット 2017 01 10 15 44 13

野菜本来の栄養素をそのままにフレッシュな状態で食べれる
「サラダ」や調味料を一切使わない「グリーンスムージ」がベターです。

 

果物をプラスすることで美味しくいただけます。
 

  • 肌に潤いをもたらす「ビタミンA」
  • ハリや弾力を生む「ビタミンC」
  • 透明感をつくる「ビタミンE」

 

を含む野菜をたっぷり食べましょう。

注意: ほうれん草などは、さっと湯がいて食べましょう。

 

よく噛んで食べる


よく噛む目安はどの位?

目安は「食べ物を一口、入れたら50回はかみましょう」

 

よく噛むことでキレイになるホルモンが分泌され、唾液に含まれる
ホルモンと脳への刺激でアンチエイジング効果も狙いましょう。

噛むことは、ダイエットにも美肌にも大きな効果をもたらします。

 

僕達が物を噛むと、脳が刺激されて「ヒスタミン」という脳内物質が分泌されます。
「ヒスタミン」は満腹虫枢に働くだけでなく「内蔵脂肪を分解」する。

といった身体を美しくするための重要な役割があります。

最初は20回、30回そして50回噛むことです。
噛むことを増やそうと意識できれば大丈夫です。

 

野菜は旬野菜


今は、きゅうりもほうれん草も一年中出ています。
 
スクリーンショット 2017 01 10 15 35 23

 
しかし昔ながらの製法で作られた「旬の野菜が」驚くべき
パワーを持っているのです。

季節ごとに身体を適切に温めたり冷やしたりと言った
効果もあります。正に「食べるみ溶液」です。

 

コンビニやファーストフードが続いている人は、今日から
早速、何か一つの野菜を取り入れて「食べる美容」を意識してみましょう。

 

 

夏が旬の野菜


夏に旬を迎える野菜は水分を多く含み、熱くほてった身体を
クールダウンさせます。
 

  • パブリカ
  • きゅうり
  • なす
  • ゴーヤ
  • オクラ
  • モロヘイヤ

 

秋が旬の野菜


秋を旬に迎える野菜は、甘味や旨みを含み、身体に
安定させるエネルギーを持ちます。
 

  • レンコン
  • 玉ねぎ
  • カボチャ
  • ニンジン
  • 里芋
  • きのこ類

 

冬が旬の食べ物


冬に旬を迎える野菜は、身体を内側からポカポカと
温める働きがあります。
 

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ネギ
  • ブロッコリー
  • 大根
  • ごぼう

 

春が旬の野菜


春に旬を迎える野菜はデトックスするチカラを含み
冬までに溜まった毒素を排出します。
 

  • トマト
  • 菜の花
  • 三つ葉
  • そら豆
  • たけのこ
  • アスパラガス

 

 

ベビー肌を創るビタミンACE


ベビー肌づくりに欠かせないビタミンA、C、E、は三つまとめて
「ビタミン(A・C・E)エース」と呼びます。

 

代表的な食品とそれぞれの旬な時期です。

スクリーンショット 2017 01 10 15 40 36

 

ビタミンA


皮膚や粘膜を正常に保ち、しっとりと、なめらかな肌にします。

春から夏にかけて・・・
モロヘイヤ・トマト・赤ピーマン

秋から冬にかけて・・・
人参・カボチャ・小松菜・ほうれん草・ニラ

 

ビタミンC


コラーゲンの生成を
サポート、透明感とハリのある肌にする。

春から夏にかけて・・・
赤ピーマン・トマト・モロヘイヤ・柑橘類・春キャベツ

秋から冬にかけて・・・
ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・大根・さつまいも
レンコン・キャベツ

 

ビタミンE


血行を促進させ、アンチエイジングな肌作りにも不可欠

春から夏にかけて・・・
菜の花・モロヘイヤ・ごま・アーモンド

秋から冬にかけて・・・
カボチャ・ほうれん草・ごま・アーモンド

 

便秘やむくみには?


便秘やむくみに悩む女性を救う食べ物は「大根おろし」です。

大根は食物繊維を豊富に含むため、便通促進を手助けしてくれます。

また便秘気味の人は水分が不足している可能性も高いので
水分を、たっぷり含んだ大根を食べるのは理にかなっています。

 

女性らしさに磨きをかけるなら「油」は必須


油は高カロリーだからと、言いて油とつく物は、敬遠する
”油抜きダイエット” では美人肌から遠うのきます。

体によくてしかも、油によっては、こびりついた脂肪を燃焼する油もあります。

サラダオイルはやめましょう。

 

体に良い油は、「オリーブオイル、ココナッツオイル、亜麻仁油」です。

【健康に良い食用油(オイル)】選んで食べたい。