ー スポンサード リンク ー

【オーガニックとグルテンフリーは】世界の健康食品の二代トレンドだ。

食のトレンド伝統の復活


2017年のグローバルでの食品市場トレンド6項目が発表された。

各項目を見てみると、来年の食品市場のトレンドのポイントは
 

  • 伝統
  • ヘルスケア
  • エコ
  • 時短・効率
  • 健康リテラシーの向上

 
と言えそうだ。

 

その中で今や健康に気をつけている人にとって
「オーガニック食品」と
「グルテンフリー」だ。
 

野菜と果物を効率的に摂るために、僕はグリーンスムージを始めた
この効果は少しの水分と旬の野菜や果物で調味料は一切

加えないところが素晴らしい・・・

多分このことが僕の高血圧を直した原因だと思う。

次にグルテンフリーを初めたことで皮膚の炎症などや
グルテンには中毒性があり、たった2週間辞めるだけで

パスタやラーメン、パンなど小麦粉が入ったグルテン食品が
全然食べたいと思わなくなった。

 

 

「オーガニック食品」と「グルテンフリー」を実践する
事は・・・美を追求すこと?


オーガニック食品とグルテンフリーを気をつければ・・・

幾つになっても病気知らずで
キレイに生きられる
究極の方法でもあると考えてる。

 



 

ヘア、メイク、美容を通じて、美を追求してきた僕にとって
今は、食を通じて、心と、体の健康が本物の、美を追求することだと
わかった。

 

歳を重ねるごとに、美しく見えるのはなぜなのか?
老けていくだけの人は?
何処が違うのだろ。

 

僕自身、シワやシミ、たるんだ皮膚
これはその人の生き方、「年輪」だと思うことにしている。

オードリー・ヘプバーンは、今見ても美しい
『ティファニーで朝食を』『ローマの休日』『シャレード』など
数々の名作に出演、ハリウッド史上最も愛された女優のひとり

 

しかし彼女がノーメイクでボランティア
活動をしていたときの
顔、シワ、シミなど、とても魅力的だ。

 

もちろんマザー・テレサも同様に素敵だ。
これは、心から、にじみ出る考え方や、生き方が美しいから
素敵だと感じるのだろ。

 

最近 アメリカンアパレル 62歳の女性を下着モデルとして
起用した。
「ジャッキー・オシャウネッシー」(Jackie Oshaughnessy)

 

スクリーンショット 2017 01 13 16 16 06

 
白髪が美しい、シルバーヘアーに見え62歳とは
感じさせない身体。
ジャッキー・オシャウネッシーも美しく感じる。

 

これは自然に逆らわない事
自然の食品を季節に逆らわないで食べる。
 

このことが柔軟な体と適正体重を保ち
細胞をいきいきとさせる。
そして脳の活性化につながり、気持がポジティブになる。

 

 

オーガニック食品


オーガニック食品(有機食品)とは、農薬や科学肥料をなどを
使用せず、自然のチカラを生かして生産された農産物や

有機由来の肥料で飼育された家畜、それらを減量に
使用した食品の事。

 

食品の怖さ


大家族の食費をまかなうのは確かに大変だ
しかし人間の体は自分が食べたものが
病気の原因になり得る。

 

農薬や科学物質は食物の栄養素を破壊するため
最近の研究では、オーガニック食品とオーガニックではない
従来の食品との違いを比較すると

 

オーガニック食品のほうが、より栄養価があり
オーガニック農法で育てられたフルーツ、野菜、穀物には
より多くのビタミンC、エンザイム(酵素)、ミネラル、

抗酸化成分などが含まれているとの結果が出たいます。

 

できれば家畜の肥料にも気を配りたい
例えば、鶏の卵は自然の放し飼いにしてもエサに
輸入のトウモロコシなどあたえていたら、君は黄色くなり

輸入トウモロコシは危険なのです。

 

農薬や遺伝子組み換えなどの物が家畜の肥料として
輸入されているのです。

 

グルテンフリー


何回か僕のブログでも紹介しているが

グルテンとは、小麦、ライ麦などの麦類に多く
含まれている タンパク質の一種で、パン、ピザ、
麺類などの多くの食品に入っています。

 

グルテンフリーとは、グルテンを使わない食品や
料理のことで、最近は日本でも美容と健康意識の
高い女性たちがダイエットや健康法として
実践する人が増えています。

 

あまりにも有名なテニスプレーヤー ジョコビッチの
本がベストセラーになったのも、グルテンが原因で
パフォーマンスが上がらず

 

医師のススメでグルテンフリーに
したことで世界のトップとして君臨しています。

 

僕もジョコビッチの食の改善から興味を持ち
食品や食事の仕方など多くの事を実践しています。

 

グルテンの怖さ


グルテンに対してアレルギーを持っている人が
小麦製品を食べてグルテンを体内入れると
小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛み

 

腸疾患などを引き起こす場合があります。

 

またセリアック病はグルテンを含む食品を
摂ると、免疫系が小腸の内膜を攻撃してダメージを
与え、慢性の下痢や、腹部の膨満感や痛み、貧血

 

疲労感などが生じると言うグルテンに対する免疫反応が
引き金になっておこる自己免疫疾患です。

 

小麦アレルギーやセリアック病ではないので大丈夫と
思ったら大間違いです。

 

日本ではグルテンアレルギーの研究が
ほとんど進んでいない


ですからグルテンアレルギーの人がいないのでは
無く、いても分からないのです。

 

グルテンはパンや、パスタ、ピッザ、など洋食のイメージが
ありますが・・・

実は日本食にもグルテンを含んだ食品は数多くあります。

 

うどん、ひや麦、ラーメン、天ぷら、カツ丼、たこ焼き
お好み焼き、ハンバーグ、餃子、カレー
日本食以外でも日本人がよく食べている。

 

シチュー、ケーキ、ドーナツ、シリアル、ビールや
せんべい、調味料、醤油などもグルテンは入っています。

 

スクリーンショット 2017 01 13 16 37 07

 
では食べるものが、ないのではないか?

 

世界で最も理想的な食事は「元禄時代以前」の日本人の
食事であると報告されています。

 

これは精白しない穀類(玄米)を主食とし、季節の野菜
海藻、小さな魚介類の食事を指します。

 

ですから、気付いた日本人が・・・?
 
2017年の食のトレンドとして、世界レベルで
伝統料理、特に日本は生産者を含め少し
高めでも「オーガニック食品」を買い求めるのです。

今や日本人にも役立つ健康法となっています。

 

今小さいお子さんなど、アトピー性皮膚炎になって
病に連れて行っても原因不明と診断され

 

皮膚炎の治療薬としてステロイド軟膏を処方されましたが
良くなるどころか逆にひどくなったと言った
報告もあります。

 

肌がボロボロになりメイクができなくなった女性が
自分のアトピー性皮膚炎と食べ物に何の関係が
あるのだろうと思いながら、友人に伝えました。

 

パン、パスタ、ピザ、クラッカー、フライ、マフィン、ケーキ
など。それを聞いた友人はアトピー性皮膚炎の
原因はグルテンだと思うから、明日から食べるのを

 

やめてみたらと、言われ友人の言うとおり、その日から
一切の小麦食品をやめた所、数週間後には、かゆみが
減り始め、数カ月後にはアトピー性皮膚炎は

 

ほとんどでなくなくなり、疲れやすさもなくなり
ぽっこりお腹もスッキリしてダイエットに成功したそうです。

 

僕の食生活


僕もオーガニックとグルテンフリーを実践しています。

日本ではヘルスフード専門店などスーパに行っても
見当たりませんが、ネットでの購入ではなんでも揃います。

パンが食べたいのならグルテンフリー、パンはもちろん、パスタも
あります。

 

今や、グルテンフリーにしてから1年以上が立ち
はじめは、時々食べたいと思ったこともありましたが
今や食べたいと思うこともありません。

 

朝食やランチは?


今朝食は、バターコーヒー(自然放牧の牛から作ったバター
カビのないコーヒー、ココナッツからコールド製法で取った
MTCオイル、)をミックスして物と

マヌカハニー+20の物をスプーン一杯が僕の朝食です。

 

最近驚いたこと・・・?
マヌカハニーは殺菌力があることで有名ですが
虫歯にも良いと言われています。

 

歯周病で歯茎が一部腫れたので・・・試しに朝なめる時
マヌカハニーを歯茎に塗ってみました。
僕の場合は2日で歯茎の腫れは治り、今は感知しております。

 

昼は・・・?
グリーンスムージと少しのミックスナッツを持ち歩いて
います。それがランチです。

 

スクリーンショット 2017 01 14 10 07 27

 
あれこれ外食をすることもなく非常に体も元気に
パフォーマンスが上がっている実感があります。

朝食もランチも、気づいてみれば「時短・効率」的に
なっていました。

 

夕食は・・・?
少し早めに食べます。

 

野菜サラダ中心に、肉もしくは魚、納豆や豆腐、卵、玄米
お餅など、炭水化物少々と、タンパク質を取って
栄養バランスを取っています。

 

 

油には気をつける


鳥の唐揚げは、小麦粉の代用品(片栗粉や米粉を)
主に片栗粉、とても美味しくいただけます。

 

使用する油は・・・?
バージンココナッツオイルとバージンオリーブオイルを
亜麻仁油など目的によって使い分けています。

 

 

興味ある事は日本の伝統料理


グルテンを含まない日本の伝統料理です。

 

古代の穀物、古代のレシピ、習慣、伝統など「古代」を主張する
製品開発には非常に興味があり、また求める人が多くなると
感じます。

 

だし汁も、味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品
古代食レシピ、伝統や文化を重んじた、食生活やライフスタイルの提案など

 

伝統食と相性の良い地方の料理も注目しています。
古代食・伝統食は、一過性のトレンドではなく
どこのスーパーにも陳列されるようになって欲しいと願うばかりです。