ー スポンサード リンク ー

【就職活動のためのメイク】 面接に好印象なメイク術

第一印象が決めて 面接官ウケがいい化粧とは?


就職活動「就活メイク」とは、面接をする企業側に好印象を
持っていだだくためのメイク術です。

自分の第一印象「知性・清潔感・親しみやすさ」を伝える
ことがのでとても大切なことです。

 

スクリーンショット 2017 03 01 14 23 23

photo credit : 週刊ファッション情報

 

「人の第一印象は5秒で決まる」と言われています。
印象を決定づける要素の半分はその人の目の輝きです。
笑顔や目の輝きは、第一印象を大きく左右する要素です。

 

 

 

好印象を与える 就活メイクのポイント


就職活動において、必須と言っても過言ではない”ナチュラルメイク”

 

「知性・清潔感・親しみやすさ」は面接官に好印象を
持ってもらうのに欠かせないポイントになります。

 



 

では、なぜ”ナチュラルメイクなのでしょう。

 

流行りのファッションメイクを意識して、目元をぱっちり、したり
濃すぎるメイクで慣れているのかもしれませんが
それは、面接官にとって不利に働きます。

 

企業の人事側は、お客様の前に出せるかどうか?
職場の雰囲気に合うかどうか、一緒に働きたいと
思っうかどうかを見ています。
 

 

ナチュラルメイクがベストの選択


まずは、TPOを考えるのは社会人のマナーです。
”ナチュラルメイク”でTPOを考えられる女性であることを
アピールしましょう。

 

では、ノーメイクはどうでしょう?
もちろん、メイクは社会人としてのマナーでも
あります。

 

あなたが、その職場にいることで、雰囲気が
よくなるような人は歓迎されます。

 

メイクアイテムイラスト
 

 

太り過ぎも、敬遠されるかもしれません
自分の体調管理ができてないと感じさせます。

 

 

ナチュラルメイクのポイント


ナチュラルメイクに限らずメイクのピントは
この5つとプラスヘアになるでしょう。

 

  • ベースメイク
  • 眉メイク
  • アイメイク
  • チーク
  • リップ
  • ヘア


 

 

ベースメイクのポイント


ベースメイクで大切なのは・・・?
まず自分の肌の色とマッチさせることです。
明るすぎず暗すぎず、自分の肌の色と相談して
できれば2色使いをしましょう。

 

 

自分お肌色にあったカラーと、少し明るめの
クマを隠すのに使用するコンシーラーがあればOKです。

 

 

地肌が綺麗でしたら・・・
コンシラーだけを使って顔のくすみを
均一にするだけで大丈夫です。

 

塗っている感が出ているのはNGです。

 

あくまでも、薄く均一にベースメイクは素肌感が大切になります。
ベースメイクを完成させましょう。

 

顔の中心から、おでこや、首に向かって薄く広げて
いきましょう。

 

 

参照 : ファンデーションの塗り方、使い方、
小顔に見せるベースメイク テクニック

参照 : ベースメイクは薄塗りが全てではない

 

 

眉メイク


どうしても、手を抜いてしまいがちな”眉メイク”ですが
表情を伝えるための重要な要素になります。

 

就活では、その人の印象がよくわかるように
オススメ ヘアのポイントは「よく顔が見えること」です。

 

 

就活前になるとヘアカラーをダークなナチュラルカラーに
する女性が多くいます。
それは面接官に良い印象を持ってもらうためでしょう。

 

眉メイクのカラーはブラウンやグレーが無難です。

 

ブラックで濃く描いてしまうと、きつく怖いイメージを
与えてしまう可能性があります。

 

色が派手過ぎても、濃すぎても違和感を感じます。
濃と感じたら綿棒等でぼかしてみましょう。
特に眉頭は指で、なぞって落とします。
眉頭を薄くするとナチュラルに見えます。
 
眉は作りすぎない

 

眉の形は自然の太さと、少し丸みを帯びた形が
親しみを与えます。

 

鏡から少し離れてバランスを見ながら描きましょう。
眉カットもほどほどにします。
眉メイクで重要なのは全体のバランスです。

参照 : 眉カットの仕方 自分に似合う眉の位置と形

参照 : 眉毛デザイン、眉の形を知り理想の顔を手に入れる。変わる印象
 

 

アイメイク


普段は、派手になりがちなアイメイクですが
アイメイクはブラウン系のグラーデーションで

 

陰影をつける程度にします。

 

アイラインは黒が目立つのなら
ブラウンの色味にすると自然です。

 

できれば、まつげのエクステを、自分のまつげの太さに
合わせて少し普段より長めにします。

 

目安は、片目40~50本程度でしょうか?
「自然に見えるようにと」まつげエクステ担当者に
伝えてください。

 

眉毛エクステしたのならマスカラは必要ありません。
自然な目元を強調しましょう。

 

ちょっとした目元の動きが、女性らしさと、
優しい目元を演出できるでしょう。

 

面接前には、目の白い部分を、より白くする
目薬をさしてから、いどみます。
まさにあなたの目が輝くでしょう。

 

モデルたちも撮影前に白目がより輝くための
目薬をよくつけています。

参照 :  アイメークの仕方、アイメイクは瞳が主役

 

 

チーク


チークは肌を健康的に見せてくれる
大切なアイテムです。

 

肌にエネルギーと生命力を与えるのは、頬の血色と
立体感、ぽっと上気したような、自然な赤みとツヤが
あれば、生き生きとした印象を演出できます。

 

 

色味はベージュピンクやオレンジ系が無難です。
つけすぎや、高めの位置に塗るのはやめましょう。

 

学校や遊びに行くような印象を与えてしまうのは
NGです。

 

肌の血色をよくする程度です。
あくまでも上品な印象を与えるようにしましょう。

 

粉物のチークより、練り状のチークを塗って
透明感のあるお粉で押さえると、より自然に仕上がります。

参照 : チーク 頬紅 の役割について

 

 

リップ


リップはチークの色味とあった、ベージュピンクが
オススメです。

 

あくまでも、自分の肌の色とマッチしているものを
選ことが必須です。

 

目的は、血色よく健康な印象を与えることです。
リップも派手すぎず、上品に見える色を選ぶことです。

 

笑顔を見せた時に歯にリップがつくような
色味は絶対NGです。

 

もちろん歯の白さは”清潔感が”いっぱいです。

 

一本あると便利なのが・・・?
ベージュピンク系のリップです。
好印象を与えることができ、チークとしても使えます。
リップとチークは同系色がマッチします。

 

 

もちろん、滴り落ちるような、テカテカの
グロスは避けましょう。

参照 : お気に入りの口紅を探す方法

参照 : 化粧直しの仕方 時短で印象を良くする

 

 

ヘア


就活で、ヘアに困っている人も多くいるはず。
ヘアのポイントは、顔がきちんと見えることです。

 

面接中に何度も髪の毛を触ることのないような
ヘアスタイルにしましょう。

 

お辞儀をした時に崩れないように、耳は見えるような
髪型が良いでしょう。

 

 

髪色は茶髪や明るい色ではなく
黒や地毛に近い自然な色にしましょう。

 

もちろんロングヘアは、きちんと結びましょう。

参照 : 【女性のショートヘア(髪型)が相手に与える印象は?】
それは、戦闘モードに入ったリーダー像