ー スポンサード リンク ー

Profile-tomio nakayama

自分のプロフィールを語るには、あまりにも多くの
キャリアを積んで来た


自分ではまだ人生半ばと、感じてはいるが。。。。

リーマンショック以降日本経済は完全に冷え込み

借り入れによる商売の拡大は完全に無理がある事を

思い知らされしかしデザイナーである以上夢を追い

お客様に喜んでいただけるサービースの提供

計算なしに行った。

日本全員中流意識とマスコミにも踊らされ

結果その豊かさは手軽なローンによって家電を初め車

家と手に入れ踊らされた豊かさだった。

これはアメリカを中心にバブルの崩壊によって当然

日本も影響を受け、本物の心の豊かさとは何か?

考え始める事になる。

私も有頂天に成りバブリーな生活と物欲に走ってきた、わけだが

これも多くのスタッフと、多くの人の支えが有り成り立っていた。

 自分自身が閉店を味わい多くの人にご迷惑をかけて来て

始めて40才以上の人が職を失うと

日本では暮らして行けない社会に、自ら気づくのである。

 私はまだ特殊技能を持っているから、

まだ生きて行くすべがある。

日本にこだわる事も無く海外で仕事をする事も出来る。

 そうは言っても現実は実に厳しい事を知る事に

残された人生に対して考える時間はあった。

果たして自分はこれから何をなすべきか、ここ1年自分探の旅となり

多くの本で勉強し、多くの若者も同じ様な悩みを抱え

本当の幸せとは?を真剣に考えている事を知った。

 

本当の安定とは

大会社に永久就職が果たして安心と心の平和をもたらすのか?

それは今や疑問です。

ヨーロッパ各国の破綻によっても当然日本は影響を受ける。

そこで私が選んだ選択は生活をスリム化することシンプルに生きる事

どんな状況が来ようと生き抜くスペシャリティーを持つ事

 結局私はフリーランスとしてノマドワーカーとして

今の言葉に言うノマドワーカーの道を歩む事に決め

新たな若き挑戦者として、今までの経験と新たな思いをブログと言う手段で

 

発信する事にした

 まだ定かではないが、ヘアメイクアップアーティストとしての視点から

ファッション、味覚、趣味、美容ビジネス、技術はもちろん

50代からのiphone,ipad.Macbook Air,その便利さとアプリの使い方

Cloud、について

その他ITに関する事を紹介して行こうと思っています。

 Profile-tomio nakayama 搔い摘んで紹介しよう。

IMG_0323_2

1948年6月23日生

 中山 富夫

 学校卒業後

何をやりたいのかも決まらず就職

ただ漠然と海外と行き来し英語が話せるように、なりたいと考えていた。

数社面接し英語が読めればOKとの事でJANコーポレーション入社

貿易、実務アシスタントとしてスタート

自分のファッションとヘアスタイルにはこだわりが有り

美容室にパーマをかけに行ったのがキッカケで今のワイフと結ばれ

美容の道に進む事になる

 

1972年  美容師としてスタート髪結いの亭主となり

                         お店と美容学校の両立を始める

      ファッションが好きな事も有り「生涯の仕事は

                        これだ”』と確信する

 

 1974年  ロンドン、アランインターナショナルに入学

           帰国後、体験原稿をたのまれ日本に初めて紹介する。

                       ロンドン、ヴィダルサッスーンに入学

                      ドイツウエラ社にて研修,フランス、イタリア、にて研修視察し

                      帰国、結果海外との行き来の夢も叶った事になる。

        

1975年     全日本カットコンクール

1981年  75年から81年にかけてコンクール出場に没頭し

       多くの人に認められる。楽しさを快感する事になる 

       雑誌 コマーシャル、ジャーナル誌等の活動を始める。

       その後も海外への勉強には毎年刺激を求め行く事になる

       ヴィダル サッスーンスクール、ロンドン始め、

       サンフランシスコ、ロスアンゼルス等、

       世界各国ヴィダルのスクールへ入学、

       フランス、イターリ、スペイン等、当時注目されて

       いたヘアデザイナーのスクールに行った

       そこで得た経験はその後の人生を、感覚を変えるものだった。

 

1986年    Creative hair make-up Tomi & Emi

             経営(麻布、広尾、祐天寺、大森)4店舗経営

1990年    ヘア、デザイナー入門を出版(新美容出版より)

1992年     ベストセラー賞受賞

 

ニュースタイル創作発表,公演及びショー実演  1995年~ 2009年                                           

1995年      全国にニュ-スタイルコレクション発表

1996年      ウエラジャパン東京コレクション上演

1997年      韓国ヘアショウー上演

1998年     中国、北京、武漢、青島でヘアショー上演、アジア

             日本をショー及び講習、実演をして回る。

1994年     毎年独自のニュースタイルを発表し

                           ニュースタイル制作発表全国講習、ショー実演

             ショー公演用 プロモーションビデオ作成 

                            毎年1本   

1995年    マイクロ ボブ 発表                                    


1996年    時代はボーダレスと肌で感じ SEX-LESS, 

       AGE-LESS,BORDER-LESS発表 

                      

 1997年        新しいデザイン、新しいニーズに、答えようと

       して生まれたのが

 

 DOUBLE-CONCEPT,HAIR (ダブルカット、ダブルパーマ、ダブルカラー)

 

1997年        ロンドンデザインカレッジ入学、写真撮影と

                            現像、創作活動、 コンピューター

                            Londonにて生活する

 2004年      DVD DESIGN BASIC 発表、女性モード社より発売 



 

                        (カットの基本教材)

 2008年   代官山一店舗に集約SHINYA Salonオープン

                        社員教育及び店舗管理

 2010年   SHINYA Salon2010年まで運営

            現在に至る

 

 好きなこと

           映画、アート鑑賞、旅行(海外を含む)、美味しい物の食べ歩き

           ゴルフ好き

 特技

       マニアル作成、サロンマニアルを始め、技術マニアル、

       フリーランスワーク(撮影時、室内、野    外)等


                      考へ心得なければ成らないこと

                      他デザインについて、講習、講演、実演