ー スポンサード リンク ー

化粧崩れ夏のメイク取っておきの対策

化粧崩れ夏のメイク取っておきの対策


ここの所、夏の気温がドンドン上昇しています。
この暑さの中、メイクを綺麗に保つ秘訣!!
何と言っても女性に取って気になるのが化粧崩れです。

取っておきの方法をご紹介します。

取っておきの方法はズバリ、ファンデーションを薄く塗ると言うことです。

 

0f5793a875c5956e06252183e52b0bdb

 

年齢が、増すにつれ、シミや、くすみなど、隠したいと言う思いから
どうしてもカバーしたくなる気持ちはわかりますが・・・・

 

化粧崩れした顔を見られた方が、よっぽど、恥ずかしく年齢を感じさせます。
化粧は崩れないようにパウダーだけで完結にさせるなど

 

良かれと思っていた事が実は化粧を、崩れやすくさせている原因に
一番の原因は暑さによる、汗と、皮脂の分泌が原因です。

 

 

夏場を綺麗に見せる


時間があれば化粧を、する前に冷たい氷水に顔お浸す、もしくは夜の内に
おしぼりを冷蔵庫に入れ、それで顔全体を包み冷やす

 

化粧直

 

顔を冷やすことで毛穴を引き締めます。下地の乳液は保湿のためにもつけて
余分な脂分はテッシュで軽く抑えてメイクします。

 



 

今は乳液タイプの汗に強いファンデーションが出ています。
つけた後も薄く綺麗に伸びさっぱりしています。

 

汗に強いファンデーションは、乾燥しやすいとも、言えますので下地の
乳液はしっかりします。

 

ファンデーションはできるだけ薄く伸びるもの。
汗に強いものを選びましょう。

 

お化粧前にUVカットを塗り、気になるくすみや、
ポイントにコンシーラを軽く塗り伸ばします。

 

生え際や汗の出やすいところは、ほとんどファンデーションは
塗らないようにします。
決めの細かなお粉を軽くブラシで塗ります。

 

 

一番のポイント


ファンデーションをあまりつけない分、ポイントはアイラインやマスカラを
目がはっきりするように少し強調すること、目ヂカラを出すように
後はリップをつけてアクセントこれで十分です。

 

 

49fa75fd6d71a0054d36d1f8732ee3b1

 

 

目ヂカラ+アイライン+マスカラこれで、肌のシミやくすみが気に
ならなくなります。

 

目元とリップをハッキリさせることでファンデーションは控えめに
これが夏のメイクの取っておきの対策です。

 

ファンデーションとパウダーの厚塗りは危険です!!

 

いつものようにファンデーションが少し厚くなってしまった場合
ミスト(水の細かい霧状)を顔全体に振りかっけティッシュで
上から水分を軽く抑えると厚みがとれて、透明感のあるお化粧になります。

 

 

お化粧が崩れてしまった場合


崩れてしまったところに、いきなりファンデーションや
お粉を重ね塗りしない事
むらむら、なってしまいます。

 

せっかくのメイクも台無しになってしまいます。

 

時間がないときは、あぶらとり紙などで
浮いているを脂を吸い取ってから少しムラになっている
ファンデーションを手で伸ばします。

 

必要が有れば、必要なところに軽くファンデーションを
軽く重ねて塗ることで綺麗に修正できます。

 

 

完璧に治したい時は?


崩れた部分をクレンジングシートや、ティッシュなどで
拭きとってしまい下地を塗り、薄く最小限にファンデーションを重ねます。


スクリーンショット 2013-08-24 10.17.20


夏はファンデーションは極力少なめがポイント
それよりもアイラインとまつ毛、目元をメイクするだけで
生き生き見えます。


これが化粧くずれしないポイントになります。


クレンジングシートはコンビニや、ドラッグストアーに置かれていて
500円前後度で購入できます。


UVカットとクレンジングシートは夏の必需品です。


UVカット、コンシーラー、ファンデーション、アイライナー、マスカラ
水に強いものを選びます、水に強いものは、お家での洗顔も大切です。


専用クレンジぐでシッカリ落としてから、特にクーラーを
かけている場合、ナイトクリームは肌の保湿を十分保てるもので
カバーし、基礎化粧品で肌を手入れしてから眠りにつきましょう。


後々、年齢になった時にその手入れの差が肌に現れてきます。


 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)