ー スポンサード リンク ー

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの違いどっちが良い?

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの違いを見てみよう


ファンデーション選びで、リキッドファンデ(液状)かパウダーファンデ(粉)か
どちらがよいのか迷ったことはありませんか?

 

それぞれの特徴を理解すれば、なりたい肌を手に入れることができます。

 

スクリーンショット 2017 07 19 13 00 02

 
乾燥肌の人はしっとり仕上がることで

 

リキッドファンデーションや
クリームファンデーションを
選びがちですが・・・

 

しかし肌のために良いのは断然パウダーファンデーションがオススメです。
 

 

 

 

肌への負担の違いは?


リキッドファンデーションやクリームファンデーションは
乳液のようなものの中に、色のついた粉である顔料を分散させて
います。

 



 

つまり分離しやすいために、乳化剤(界面活性剤)で安定させています。
これが肌への刺激になる場合があります。

 

またこれらのファンデーションは液状で水分を含むため
腐りやすく防腐剤もある程度必要になります。
 

 

仕上がりの違いは? リキッドファンデーションとパウダーファンデーション


肌への密着感があるのがリキッドファンデーション。
その効果は二重丸 ◎ です。


 

  • ◎ カバー力
  • ◎ 透明感
  • ◎ ツヤ感
  • ◎ 保湿力


 

みずみずしく、しっとり感、透明感、のある仕上がりになります。
また、肌にしっかりと浸透し、伸びがよくフィット感があります。

 

カバー力が優れているので毛穴などの凹凸があるところも
しっかり塗れます。

 

透明感があり、ムラが出来にくいのはリキッドタイプです。

 

リキッドタイプでムラを出来にくくするのは、指で塗るのではなく
スポンジやブラシを使って塗るとムラが出来ず綺麗な仕上がりになります。

 

伸びがよくフィット感やカバー力に優れますが
脂性肌の方には少々べたつきます。

 

と言う事から、プロのメイキャップアーティストはリキッドタイプを
使う人が多いです。
 

 

デメリットは?


密着性が高いためクレンジングをしっかりしなければなりません。
ですので、やり方を間違えると肌が傷みやすいと言えます。

 

  • 脂性肌にはべたつきやすく
  • 化粧直しに手間がかかり面倒な面があります。
  • 仕上げにフェイスパウダーが必要になります。

 

肌への負担が大きいのは「リキッドタイプ」です。
 
 

 

パウダーファンデーションは?


軽くさっぱりとナチュラルな仕上がりになります。
仕上げやすいのがパウダーファンデーションです。

カバー力その他は、一重丸 ◯ ですが、保湿力は △ です。

 

  • ◯ カバー力
  • ◯ 透明感
  • ◯ ツヤ感
  • △ 保湿力


 

パウダーファンデーションの一番のメリットは「お手軽」さです。
油分がとても少なく、カバー力は劣りますが、薄付きが好みの方には
良いでしょう。

 

何度か重ねて塗ると、カバー力もアップします。

 

パウダーファンデーションは水分を含まないために防腐剤や
乳化剤をあまり必要としません。
比較的添加物が少ないため、肌に優しいと言えます。

 

そしてパウダーファンデーションは一種の紫外線散乱剤の
働きも持っています。

 

肌が弱い人は日焼け止め化粧品を使わずに
パウダーファンデーションだけで紫外線対策をすることもできます。

 

きちんとすれば、日々のUV対策はパウダーファンデーションだけで
十分です。
 

 

粉浮きしやすい人は・・・?


パウダーファンデーションで粉浮きしやすい人は
メイクする前に保湿を十分にすることで解決できます。

 

それでも粉浮きする人は・・・?
しっとりタイプのパウダーファンデーションや固形の練り状ファンデーション
(油分を含む)を使うと良いでしょう。
 

 

パウダーファンデーションのメリットは?


 

  • 1つで済む
  • お手軽
  • 化粧直しが簡単にできる
  • 肌への負担が少ない

などです。
 

 

パウダーファンデーションのデメリットは?


 

  • 粉っぽくなる
  • 重ねると厚塗りに見える
  • 乾燥しやすい
  • フィット感が弱く落ちやすい

カバー力などがリキッドより劣ります。

 

カバー力を補おうとすると厚塗りになってしまいやすいです。

 

しかし、ベースやコンシーラーでなど、カバー力が高いものを
使用してパウダーを塗ると上手にできます。
 

 

なりたい肌に合わせて選ぶ


潤いのある艶やか肌・・・・・リキッドファンデーション
ナチュラルな柔らかい肌・・・パウダーファンデーション
 

 

人気のリキッドファンデーション


伸びがよく透明感のあるリキッドファンデーション
プロにも人気の商品


 

崩れにくいリキッドファンデーション4選
エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ SPF10 PA++ 30mL 03

皮脂に強く、崩れにくいファンデ
夏場のテカリも気にならないオイルフリー
朝から夜まで16時間のロングラスティング

夏も、しっかりカバーで化粧崩れさせたくないなら
エスティーローダーのダブルウェアはおすすめです。
クリニーク イーブンベターメークアップ15 #63 30ml[541750] 

肌の色ムラを綺麗に整え、ナチュラルな
カバー力で肌を綺麗に見せてくれるファンデーションです。
美容成分が配合で乾燥を防ぎ、肌トラブルも少なく済むと評判です。しっとりとした
テクスチャーながら、崩れにくく、透明感のある肌が長時間続きます。テカらずツヤが出てくるファンデーションです。
 ジョルジオアルマーニ / マエストロファンデーションSPF15

ジョルジオアルマーニ独自のオイルテクスチャーで、するっと良く伸びるファンデーション。薄いフィルムで肌の欠点をカバーするように肌を綺麗に見せてくれます。

毛穴や色ムラを整えてナチュラルで透明感のある素肌のような仕上がりが人気。

プロの使用者も多いいです。




RMK
UVリクイドファンデーション

こってりとしたテクスチャーやカバー力を優先する方には不向きですが、透明感を与える、ツヤをだす、ナチュラルに仕上げたいなら重宝します。


さらっとした質感で、凹凸やムラを滑らかにカバーしてくれます。保湿効果があるのでメイク前の肌を整える効果も。



 

 

人気のパウダーファンデーション


メイク時間を短縮したい
薄づきメイクが好き
という方には、パウダーファンデーションがオススメです。


 

人気のパウダーファンデーション
  ディオール ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール

スポンジのような極薄なミネラルパウダーが皮脂を吸収、 まるでファンデーションをつけていないようなマット肌に仕上がります。 さらに12時間のロングラスティングで、同時に軽い付け心地です。

なんといって粉物はディオールはオススメです。
   

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV & コラボレーションコンパクトケース S限定セット 

毛穴も、色ムラも、乾燥さえも、なかったようにカバーし、とけこみフィットします。

まるでもともと素肌がキレイかのようにしあげるパウダリーやわらかフィットスポンジもついて水あり、水なしのどちらでも使うことができます。
  M・A・C スタジオ パーフェクト SPF 15 ファンデーション 

すごくマットに仕上がりでカバー力があります。付属のスポンジではちょっと厚塗りになってしまいがちな人はブラシをオススメします。
 

クリニーク(Clinique) 【コンパクト付】ビヨンド パーフェクティング パウダー ファンデーション 30 #64(クリーム ベージュ)

カバー力と軽いつけ心地を実現した魔法のパウダリー

「魔法のファンデ」の愛称を持つカバー力+薄付き感を叶えるパウダリーファンデーションです

 

メイクの基本はファンデーション選びです。
自分の肌やなりたい理想を求めてチャレンジしてみて下さい。

化粧崩れをしないメイクの方法ファンデーション選びが大切