ー スポンサード リンク ー

【デザインを学ぶのは】人からばかりでない、自然からも・・・

学ぶのは、人からばかりでない



自分に学ぶ気持ちがあれば、何処からでも学ぶことは出来る

本から学ぶ、映画を見て学ぶ、雑談の中から学ぶ、今やネットから

学ぶことも多い、しかし昔の人は、自然界から学んだ、過去の宗教家

哲学者、詩人、皆心を澄まし自然界から学んだ

 

 

自然から学ぶ


日本には海があり、川が、そして山が、

そして四季がある、これだけの変化が、あるから学ぶことも多い。

 



 

デザインもよく見ると四季があり、その時の流れによって

色、形、陰影、冬に向かって散りゆくはかなさ・・・

風による音色、自然界にあるものは必然性により理にかなって出来ている。

葉のかさなりによって雨水は樹の根元へと水を運び大地にしみる。

 

草木や花の色は単独よりも



他の色とまじわることで自分を主張し

自然の色の組み合わせ、これは飽きがこない組み合わせ

必ず主張する色が眼に入る時、それを活かす色がある。


風が吹いて動く時、止まっているものを目に感じているから


動きがわかる。

 

ヘアデザインもメークアップも自然から学ぶといい


ヘアの立体感、色の重なり髪の毛の動き

毛束感、アップのシニヨン、木の葉の形をイメージして創ると

自然に見える、髪の動きは風のとおり道を意識すると、自然に見える

メークアップの色の組み合わせは、自然から学ぶと

不自然にならないよ

 

川の石、川上より川下に流れ着いた石



世の中にある形あるものとは?

自分が好き勝手に、形作られた物ではありません。

機能や自然、制約があり、それが最終的に研ぎすまされ

シンプル化されたものが生き残っているのです。

 

デザインを作る上での基本原理


取り去るものがなくなったときに達成される形が究極の原理

シンプリティでありミニマリズムなのです

それがデザインを作る上での基本原理です。

デザインをする上で、いつの時代も

「シンプリティ=単純性」というものが結果的に生き残っていきます。

たとえば石や植物のような自然界の形もあれば、正円・四角形・三角形の

ような幾何学形態もあり、煙や、雲、大理石模様のような非定型もあります。

飛沫のような偶発的な形もあれば、アメーバーのような滑らかな曲線に

よって囲まれている形もあります。

形は無限の種類を備えています。

このように自然による自然形態や人間による人工形態は

フォルムにおいて大きな分類のひとつです。

 

隣合う色の組み合わせを考える時


色どうしの相性をまず知ることが大切、それは自然が教えてくれる。

立体感、昔の画家は自然を見て遠くにあるものを

色のグラーデーションで立体感を表現した、もう一度、時には心を澄まし

自然と向き合ったらどうだろう。

ヨガや、座禅、すべて自然に自分の呼吸を合わせ、耳を澄ました。


社会の重圧から逃れ自由な気持ちに開放し大自然から

インスピレーションをもらってみたらどうだろう。

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)