ー スポンサード リンク ー

ファンデーションの色の選び方

ファンデーションのカラー選び

ファンデーションに対しての考え方が、昔と今では
ずいぶん変わってきました。

かつては色の種類も少なく、誰もが肌をカモフラージュする
ことを求めていたことに対して、現代のベースメイクの
ポイントは、いかに自然な肌のトーンを作り上げるかです。

 

スクリーンショット 2014 09 12 13 23 46
 
”素肌のようなメイクアップ” 宣伝文句に多くつかわれて
いるように、今求められているのは素肌感です。

 

 

ファンデーションでスキンケア?

今や肌を隠す道具と言うよりは、スキンケアの延長として
作られてきています。

最新のテクノロジーを精力的に取り入れ、紫外線防止、保湿、
老化防止などに有効な成分(抗酸化作用のあるビタミンEなど)
や、肌を若がえさせるコラーゲンやエラスチンと言った物質が

色やカバー力といった要素に加わり、これらの組み合わせに
よって、高品質のファンデーションは、最も多目的製品と
なっています。

今のベースメイクは肌の状態を改善しつつ、汚れた空気や
環境から肌を守リながらも肌の呼吸を可能にする成分を
含んでいます。

スポンサードリンク



 

ファンデーションの色の選び方

洗練されたプロにとってさえ、際限ない選択技の中から最適な
テクスチャーと色ものを選ぶのは容易なことではありません。
 
スクリーンショット 2014 09 12 12 56 03
 
その人の肌にあった、完璧な肌を作り上げ、満足のいく仕上がりを
手に入れられないかを、決める一番のポイントは色の選択です。
 
 

ファンデーションを選ぶ

肌のトーンによって、どんなものが一番映えるかがきまります。

ファンデーションを選ぶときの黄金率は、できる限り首と同じ色、なじむ色を
選ぶことです。

この部分が一番肌の色となじむ必要があるからです。
首の色はたいてい顔の色よりもわずかに濃いということを覚えて
おきましょう。

首に近いフェースラインにファンデーションをつけて試してみます

ファンデーションを選ぶ時は肌の色が、いちばんわかりやすい
耳の下からアゴにかけてのフェイスラインに伸ばして確認します。

 

スクリーンショット 2014 09 12 13 24 13
 
顔とのなじみや首とのなじみ、両方を見比べて、色の差が気にならない
色があなたにあっている色味です。

肌にあった明るさの色味で1本選び、その色を基準に少しダークな
色をもう1本持つと完璧です。

ファンデーションの種類については下記を参照
http://tomio23.com/archives/4573
 
 

まず気をつけること

 
今やオリジナルの調合のファンデーションが高級志向の
ブランドで作られています。

一般のファンデーションがカスタムメイドなる日も遠く
ないと思います。