美しい肌を保つ秘訣とは・・・?

健やかで美しい肌になるために


健やかで美しい肌になるためには、食事、睡眠、運動や紫外線対策など基本的なことが重要となります。

美しい肌を手に入れるためには、当たり前に行われるべき基本の生活習慣が重要です。自分の生活習慣を振り返り、十分でないものがあるか、余分なことをしていないかを考え直してみましょう。
 

 

スポンサーリンク



 

自分の生活習慣をチェックしてみましょう。


  • 栄養バランスのとれた食事
  • 良質な睡眠
  • ストレス
  • 定期的な運動
  • 年間を通じて紫外線のケア
  • 刺激の少ない洗顔と直後のスキンケア
  • 禁煙

このように、十分な栄養、睡眠、肌に対する刺激を避けるなど基本的なことで・・・肌本来の「チカラ」が発揮され、美しい肌を手に入れることができます。また、多忙でスキンケアに時間が割けない現代社会だからこそ、基本を大切にしたいものです。

 

プロメイキャップ アーティストにとっての肌とは・・・?


肌は、画家のキャンバスのようなのもで、キャンバスがなめらかでないと、どれだけメイクに時間を掛けてもキレイに仕上がりません。ですから、肌質を見分け、キャンバスである「肌を」とのえることから始めます。

 

スクリーンショット 2017 02 26 12 36 04

今は、生めれながらの完璧な肌を持っていなくても、その恩恵に預かる事はできます。

 

実際、今のスキンケアのバックに有る、理論はかなり進化していて、スキンケア用品やメイクアップ化粧品ヘアケア用品も、この理論が取り入れられ日常的使われています。



 

 

肌の役目


肌は人間の組織の中で最も大きな、面積を持っています。

 

肌は私達の体を保護し、体に害のある老廃物を排出する媒体となり、暑いと感じた時には汗をかき、寒いと感じた時には震えて、エネルギー供給量を増やすことで温度調節の役割を果たします。

さらに重要なのは、呼吸の大半は皮膚呼吸で有るということです。

 

ですから肌全体を金箔などで塗りつぶしと呼吸困難になり、時には死に至ることもあります。

 

肌は他の臓器と違って露出していますので、ストレスの兆候が真っ先に現れる部分です。ですから、いくら丈夫な肌でも手入れを怠ることはできません。

 

自分の肌タイプの見分け方



 

肌の再生周期は・・・?


レチノイド(Retinol、ビタミンAアルコールとも呼ばれる)の発見により、近年のスキンケアは、時計のハリを、少し戻す手助けをするということが科学的に証明されていますが、それでも肌の老化との戦いは日々続いています。

 

20代や30代の肌は、「約28日周期」で順調に生まれ変わります。古くなった角質でも、十分なうるおいがあり、肌の表面は、みずみずしく、滑らかで、きめの細かい状態です。

 

しかし年齢を重ねるにつれ、肌の酸化やストレス、乾燥や紫外線といった外的要因や、食品に含まれるさまざまのものを食する内的要因によって、肌の健康と外観に悪影響を及ぼします。

 

肌は生きもですから、体調や気候によって日々変化します。美し肌を保つのは、日々の食事やライフスタイルを快適なものにする努力が必要です。

 

肌の手入れは、年金のようなもので、今、時間と努力を投資するこによって、将来何年にもわたってその、恩恵を受けることが出来るでしょう。

 

若さや、若い肌を保つ秘訣


残念ながら、若さを保つ魔法の薬はありません。例えばクリームで肌のコンディションを改善する
事はできても、将来にわたって肌を守ることが出来るのは、健康的なライフスタイル以外にありません。

 

スクリーンショット 2017 02 26 12 26 31

ある作家が言っていました。

「50歳いなれば、顔がその人の履歴書になる」ぜひとも良い履歴書を、手に入れましょう。

 

 

若さを保つ秘訣・ライフスタイル


若さを保つライフスタイルとは・・・?

キレイな肌を保つために、やるべきこと・・・

 

  • 栄養バランスのとれた食事
  • 良質な睡眠
  • ストレス
  • 定期的な運動
  • 年間を通じて紫外線のケア
  • 刺激の少ない洗顔と直後のスキンケア
  • 禁煙
  • ホルモンバランス
  • マインド(心のときめき)

 

これらを、継続してと行くことが、とても大切になります。

肌のことなんだからと言って・・・スキンケアだけ気をつければ、いいと思いがちですが、そんな単純なことではありません。

 

栄養バランスのとれた食事が大切


肌本来の力を取り戻すためには、良質な睡眠や、適度な運動、紫外線を浴びない、ストレスを溜めない、禁煙などありますが・・・

 

きれいな肌を持った多くの女性が実践していることに日々の食事があります。環境に負けない強い美肌を作るためには、小さな食習慣を毎日心がけるのが一番です。

 

皮膚の構造や機能を支えているのは、毎日食べている、たんぱく質や脂質の他、機能維持や代謝に関わるビタミン、ミネラルなどの栄養素です。そのため栄養バランスのとれた食事は欠かせません。

中でも微量栄養素であるビタミンは不足しやすく、不足した場合には疲れを感じやすくなったり、肌のハリが失われたり、肌あれ、にきび等の肌症状があらわれやすくなります。

ビタミンCの不足は、コラーゲンの生成に不可欠ですし、肌のハリが失われる原因に、脂質やアミノ酸の代謝に関わるビタミンB2、B6、ビオチンなどのビタミンB群の不足は肌あれ、にきびの原因になります。

これらは食事から摂取するのが基本ですが、足りないと感じる方はさらに意識して摂取するとよいでしょう。

ビタミン・ミネラルは、健康を維持するためにはもちろんのこと、美肌ケアにとっても必要不可欠です。特にビタミンCはとても大切です。

ビタミンCは、お肌の活性化を促し、美白効果、潤い力アップ、エイジングケアなどさまざまな美肌効果が期待できます。

効率のビタミン・ミネラルのとり方として、今多くの女性がとり入れているグリーンスムージなどはおすすめです。

グリーンスムージーは何故良いのか、何時飲むのが効果的か?



 

皮膚科の医師によると、その人の肌を見れば、普段食べているものがわかるという人もいるほどです。食べたものの、影響があらわれるのが肌です。

なにせ「あなたは半年前に食べたものでできている 」と村山彩(著書) でも言っております。

 

肌の材料となるタンパク質、バリア機能を担う細胞間脂質に必要なオメガ3系脂肪酸、肌の老化を防ぐためには欠かせないビタミンやミネラルなど健康で若々しい肌を保つうえで食事の影響というのは、はかりしれません。

 

良質な睡眠


睡眠不足が続くと肌がくすみ、毛穴が開いて皮脂が出てきて油っこくなります。

また、肌が萎んでしまうのは、睡眠不足になることで肌の代謝が落ちて角質細胞がうまく育たなくなるからです。また、バリア機能が低下して 肌が乾燥させる、といったことも確認されています。


睡眠は23時はすぎないように、最低でも
6時間〜7時間半ぐらいは寝たいものです。

 

ストレス


ストレスの影響というのは説明するまでもなく、ストレスが増えると副腎皮質からコルチゾールといったストレスホルモンが 分泌されることで皮脂量が増ます。そしてニキビや肌荒れを誘発します。

また、コルチゾールの分泌量が多い状況下ではハリを支える線維芽細胞にも影響がでて、コラーゲンの生成量が減るのでハリや弾力が低下してしまいます。

 

定期的な運動


運動することのメリットは、計り知れないものがあります。血液やリンパ液の循環をよくすることができ、身体の隅々まで酸素と栄養素を行き巡らせることができます。

皮膚や脂肪を支える筋肉を鍛えることがで、たるみやシワ予防にもなります。

表情筋を鍛えるのはもちろん 腹筋や背筋を鍛えることで内臓の消化吸収力を高めることができるので美肌につながります。

 

年間を通じて紫外線のケア


肌老化への影響が最も大きい紫外線を防ぐこと肌を保湿してバリア機能を高めたり、角質ケアを行うことで、年齢とともに滞りがちになる。

紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトを刺激してメラニンがつくられ、肌は黒くみえます。

通常は肌のターンオーバーにより元の肌色に戻りますが、皮膚細胞のDNAに傷がつくとメラノサイトは活性化したままになり、しみになります。さらに、紫外線は真皮のコラーゲンにもダメージを与え、しわ・たるみを生じやすくします。

肌のターンオーバーを整えることも肌老化を防ぐためには必要なことです。あなたの肌状態あったスキンケアを行うことが大切です。

若いときと同じスキンケアや、長い間 同じスキンケア商品を使うことも有ると思いますが、ときには、スキンケア商品をみなをして見ることも大切です。

 

刺激の少ない洗顔と直後のスキンケア


洗顔する際には、ゴシゴシこすって皮膚に刺激を与え過ぎないようにします。お湯の温度は、熱すぎると角質層にあるセラミドなどの細胞間脂質が落ちて水分が蒸発するため、ぬるま湯が適しています。

乾燥肌でお悩みの方は、朝は洗顔料を使わずぬるま湯だけでやさしく洗顔するだけで十分です。

 

ホルモンバランス


女性の場合、35歳を境に、また出産後などに、肌のコンディションやホルモンバランスの影響を受けたというのは実感しているはずです。

 

年齢とともに、同時に女性ホルモンの分泌量も減少しますので、肌のハリツヤ、水分量、皮脂の分泌量に影響がでて肌が硬くゴワついたり、透明感がなくなりパサついたりします。

無理な食事制限を行ったり、ダイエットや過剰なストレスによってホルモンバランスが乱れることも多いです。

 

マインド(ときめき)


いつも仕事や、勉強に追われ、心のときめきを忘れていいませんか?

初恋や好きな人の近くにいる時など・・・

 

  • 胸がドキドキすること。
  • 心が弾むこと。
  • 胸騒ぎすること。


まるで好きな人に告白する時のような、ドキドキ感、心の動きを「ときめき」を感じると言います。

もちろん欲しいと思っていた物が手に入ったときにも、同じような気持が湧き上がります。このような刺激も美肌につながり、若さを保ちます。

 

肌を若々しく保つには・・・?

いつまでも肌を、美しく若々しくいるためには「心・精神の若さ」「肉体の若さ」の両方が大切です。

順位をつけるとしたら・・・一に、「食事、運動、心」の持ちようと言ったところです。

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

   

ー 商品 リンク ー

健康に良い食材商品リンク
完全無欠朝食バター コーヒーで使用 健康に良い 食用油オイル 体に良いハチミツ 食品に関する 書籍
HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV

バージンココナッツ オイル

マヌカハニーMGO400+ 500g ジョコビッチの生まれ変わる食事
HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1  ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル  マヌカハニー バイオアクティブ 20+(UMF20+) 500g マヌカドクター【海外直送】 (1個) [並行輸入品] シリコンバレー式 最強の食事
業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター バージン オリーブオイル エキストラバージン オリーブオイル 酸度0.3%以下 250ml ココナッツ癒しパワー 健康で、美く
ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍 安全ですばらしい 亜麻仁油 フジッコ カスピ海 ヨーグルト 「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)
ギー・イージー 100g  MCTオイル グルテンフリー食品 はじめてのオーガニック手帖
コーヒー豆 プレミアムブレンド 100g レインフォレスト  ココナッツオイル100% ココヤシの泉 ナチュレオ 912g 【生活科学研究会】 オーガニック ココナッツ&ギー(グラスフェッドバター)325ml混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)にEU有機認証 

からだの中から若返るグリーンスムージー健康法

携帯出来る MCTオイル (20g×10包)  グルテンフリーパン 

あなたは半年前に食べたものでできている 実践編

 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー100g 携帯用日本製粉 アマニ油 ミニパック 5g 30袋  グルテンフリーパスタ