ー スポンサード リンク ー

保護されていないURLを保護する方法 Google Chromeで「保護されていない通信」を解除する方法を【対応手順を丁寧に説明】

Google Chromeでブログアドレスの先頭に「保護されていない通信」警告が出る理由


 

URLがhttpsになっていないホームページには、Google Chromeで「保護されていない通信」といして警告が表示されます。

 

「WordPressサイトをhttps化したいけどどうやったらいいのか分からない」

 

WEBサイトやブログの運営を行っている上で最近何かと話題になっているhttps化、皆さんはすでに実装済でしょうか?

 

今見ているページが「SSL化」しているかどうかはURLを見ると一目瞭然です。

 


 

「保護されていない通信」と言う警告が・・・
Google Chromeで表示されるようになったのは、「URLがhttps」ではなく、「http」のままになっているホームページです。

 

SSL対応をやると、URLの頭にある「http://」「https://」と「S」 がつき変化します。

 

Google Chromeのアップデートにより、SSL未導入のホームページに対しては「保護されていない通信」警告が常に表示されるようになりました。

 

これはGoogleがSSLの導入を促進しているためです。

 

SSLとは、訪問者のブラウザとサーバー間のデータ通信を暗号化する技術のことです。

 

データ通信が暗号化されていれば、もし第三者が途中で情報を傍受したとしても、内容を解読することができないため、個人情報の流出や改ざんなどの深刻な事態を回避できます。

 

SSL対応でホームページのセキュリティを強化することで、訪問者が安心してアクセスできるホームページになります。

 

  • セキュリティの強化
  • SEO(検索結果)に有利
  • 信頼性の向上、訪問者が安心する

 



保護されていないURLを保護する方法


ここでの説明はエックスサーバーを使用している人を対象に解説いします。
SSL化するのは簡単です。

 

今回はhttpsがどういったものなのか、そしてWordPressサイトでどうやってhttps化させるかをご紹介いたします。

 

 

ー スポンサード リンク ー



 

 

常時SSLとは・・・?
SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。

 

これがhttps化されると、サイトデータが一度暗号化されて送信されます。

 

そして、ユーザー側に受信されると復号化され、サイトのデータが表示されます。これはサイトに訪れてくれるユーザーにとっても安心でき良い対応と言えます。

 

常時SSL化のメリットは?


主なメリットはこちら。

  • セキュリティの強化
  • SEO(検索結果)に有利
  • 信頼性の向上、訪問者が安心する

1
常時SSL化の最大のメリットは、データ通信の暗号化により、改ざんや盗聴を防ぐことができ、セキュリティが大幅に強化されること、です。

 

2
Googleからは常時SSL(HTTPS)化が検索順位の決定要因になるということが発表されています。安全なものをお客様に提供することで、検索順位にも影響が出そうです。

 

3
あとはホームページにアクセスした人の安心感でしょう。
普通にインターネットしてる時に、アドレスバーに「このWebサイトは安全ではありません」と言った表示がされてたら、見る気なくします。


 

HTTPとHTTPSでは、信頼性は雲泥の差だと思います。

 

 

【注意】初めに知っておくべきこと?


SSL化をするという事は、つまりURLが変更になることです。

 

ブログを始めたばかりの方でSSL化する場合はそんなに問題はありませんが・・・長くブログを運営している人の場合、SSLにした後、ほかにもやることが生じます。

 

 

  • ブログ内にあるリンクを直す
  • 外部から借りている画像URLをSSL化する
  • Google Analyticsの登録を変更
  • Google Search Consoleで再登録
  • SNSのカウントを直す(失敗することもあり……)

 

など、色々やることがあります。

 

WordPressを簡単にhttps化する方


バックアップ取得


まずは、サイトをhttps化する前に、操作を間違える等何かしらのキッカケでサイトが消えてしまってもリカバリーできるように対策を行いましょう。

 

この作業を「バックアップ」と言います。FTTPソフトを繋げて外部からバックアップをとる方法もありますが、WP自体データベースも含めてかなりの容量があるため時間とそれなりの空き容量が必要になってきます。

 

そこで、プラグインBackWPupを使いデータベースのみをバックアップします。手順はそこまで難しくなく、簡単にデータベースのバックアップをとることが可能です。

 

  • WP管理画面内左サイドメニューの「プラグイン」内「新規追加」をクリック
  • 画面右上の検索窓から「BackWPup」と入力し、BackWPupが出てきたら「今すぐインストール」をクリック
  • インストール完了後、「インストール済みプラグイン」ページにいくとBackWPupが追加されているので、BackWPupの「有効化」をクリック
  • すると、左サイドにBackWPupのメニューが追加されるので、メニュー内のダッシュボードをクリック
  • ダッシュボードページ内をスクロールしていくと右下に「1クリックバックアップ」の項目が出現し、「データベースのバックアップをダウンロード」というボタンが出てくるのでクリック
  • 任意の場所にデータベースのバックアップをダウンロードして完了

 

自分で分かる場所に「WPバックアップ」のようなフォルダーを作り保存すると後々バックアップを行う際に探すのに困りません。サイトのページ数等によっては容量が膨大になる可能性があるので、それなりに容量を空けておいたほうが効率的に作業をおこなえます。

 

エックスサーバーでSSL化をする方法


エックスサーバの公式サイトです。

 

エックスサーバー

 

スクリーンショット 2018 11 30 12 54 01

 

エックスサーバーのページから「サーバーパネル」へログインします。

 

 

サーバーパネルを選択する


「サーバーパネル」へログインするには、右上のログインへ、カーソルを持って行きサーバーパネルを選びます。

 

スクリーンショット 2018 11 30 13 31 49 1

 

ログインの上に、カーソルを持っていくと「サーバーパネル」が出てきますのでサーバーパネルをクリックします。

 

 

サーバーパネルにログイン


「エックスサーバーから送られてきているメール」の情報(サーバーIDとパスワード)を元に「サーバーパネル」に入力しログインします。

 

スクリーンショット 2018 11 30 17 32 32

 

メールに書かれた・・・
「サーバーアカウント情報」というところに書かれたものです。

 

  • サーバーID
  • パスワード
 


 

を入力します。

 

「SSL設定」をクリック


ログインしたページの、囲んだ箇所「SSL設定」を探してください。

 

スクリーンショット 2018 11 30 17 38 49

右上の方にあります、「SSL設定」をクリック!

 

 

独自SSL設定の追加タブをクリック


独自SSl設定の追加というタブをクリックします。

 

スクリーンショット 2018 11 30 17 49 09

 

A 独自SSl設定の追加というタブをクリック後

B SSL化させたいドメインを選択します。

C 右下の独自SSL設定を追加するで(確定)をクリックします。

 

スクリーンショット 2018 11 30 17 49 09 1

 

 

「独自SSL設定の追加」が完了


「独自SSL設定の追加」を追加しました。と表示されますが反映するまで1時間程度待ちましょう。

 

スクリーンショット 2018 11 30 17 50 11

 

SSL設定の一覧のタブをクリックすると、ちゃんとできているのかを確認できます。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 46 10

 

 

サイトで確認


自分サイト(ブログ)のURLをコピーしてペーストで確認します。

 

もちろんURLを「https://」に変更して。コピー&ペーストしてください。

スクリーンショット 2018 11 30 17 52 45

 

ところが、すぐに「https://」のアドレスにアクセスしてもこんなふうになってページが見られません。

 

ですので・・・
しばらく待ちましょう。約1時間ぐらいしたら直るはずです。

 

画面が表示されるようになるまでは
何もせずに待っていてください!

 

 

WordPress側のURLを変更


サーバー側の「SSL設定」が終わり、ちゃんとブログが表示されるようになりましたら

 

今度は、WordPressの管理画面で、「SSL化」されたURLを設定します。

 

意味がわからないかもしれませんが・・・こちらは簡単です。

 

 

WordPressの管理画面へログイン


自分のサイト・・・WordPressの管理画面でログインします。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 25 07

 

 

設定の「一般」を選択


サイドメニューの「設定」の中にある「一般」を選択してください。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 25 56

 

ブログのURLを変更します。


URLを直す所は、2箇所あります。

 

どちらも「http://」のところを「https://」に変更しましょう!

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 34 21 1

 

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)
 


 

です。間違っても「全角」で入れないでください。
URLは必ず「半角」でいれます。

 

 

「変更を保存」をお忘れないようにしましょう!


ページの下の方にある変更を保存をお忘れないようにクリックしましょう!

 


 

 

「http」から「https」に転送する設定


最後に「http(SSL化前)」のURLにアクセスしても「https(SSL化)」のURLに転送されるようにしましょう。

 

「.htaccess」というファイルの中に、「https」のURLに転送するための記述をする(コピペする)だけですので簡単にできます。

 

 

「.htaccess編集」をクリック


エックスサーバーの公式サイトへ行き、先ほどのように「サーバーパネル」に行きます。

スクリーンショット 2018 11 30 13 31 49 1

 

 

「.htaccess編集」をクリック


ページの下の方にある「.htaccess編集」をクリックしてください。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 51 01

 

 

「SSL化」したサイトを選択


下記画像のように、「.htaccess」をいじるサイトを選択する画面になります。

 

「SSL化」したいサイトの横にある「選択する」の文字をクリックします。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 51 22

 

 

.htaccess編集のタブをクリックすると編集画面に行きます。


警告が出るので、イジるのは怖い気がしますが・・・?

 

実はこの「.htaccess」をいじるのは上級者向けなんです。

 

ですので、初心者がなんとなく触らないように最初に警告が出ます。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 51 40

.htaccess編集のタブをクリックすると編集画面に行きます。

 

 

「.htaccess」にコードを追記する


.htaccess編集のタブをクリックしましたので、下のような「.htaccess」の編集画面になっているハズです。

 

スクリーンショット 2018 11 30 18 52 02

 

 

上にコードを挿入します。


「.htaccess」の欄にコードを挿入します。

 

上のように、最初から入っているコードの上にスペースを開けて追加すると良いです。

 

追加するコードはこちらです!


 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301] </IfModule>



 

コレ全体をコピー して、ペーストして下さい!

 

コードを入れたあとは.htaccessを編集する(確認・確定)をクリックするのをお忘れなく。

 

確認する


.htaccessを編集する(確認してから確定)をクリックしましょう。

 

スクリーンショット 2018 11 30 19 16 47

 

 

完了です


これで、「http://」のアドレスを入力しても「https://」のアドレスに勝手に転送してくれます。

 

スクリーンショット 2018 11 30 19 24 46

 

たとえば「https://tomio23.com/」をブラウザのURLにコピーしペーストしてみてください。勝手に「https://tomio23.com/」になったはずです。

 

多くのブロガーが使用いしている「エックスサーバー」は素晴らしいです。

 

無料でSSL化できますから。おススメサーバーです。

 

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

エックスサーバー

 

 

続きはこちら↓↓
おススメ記事 ブログをSSL化したあとにやっておくべきこと

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

健康に良い食材商品リンク
完全無欠朝食バター コーヒーで使用 健康に良い 食用油オイル 体に良いハチミツ 食品に関する 書籍
HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV

バージンココナッツ オイル

マヌカハニーMGO400+ 500g ジョコビッチの生まれ変わる食事
HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1  ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル  マヌカハニー バイオアクティブ 20+(UMF20+) 500g マヌカドクター【海外直送】 (1個) [並行輸入品] シリコンバレー式 最強の食事
業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター バージン オリーブオイル エキストラバージン オリーブオイル 酸度0.3%以下 250ml ココナッツ癒しパワー 健康で、美く
ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍 安全ですばらしい 亜麻仁油 フジッコ カスピ海 ヨーグルト 「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)
ギー・イージー 100g  MCTオイル グルテンフリー食品 はじめてのオーガニック手帖
コーヒー豆 プレミアムブレンド 100g レインフォレスト  ココナッツオイル100% ココヤシの泉 ナチュレオ 912g 【生活科学研究会】 オーガニック ココナッツ&ギー(グラスフェッドバター)325ml混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)にEU有機認証 

からだの中から若返るグリーンスムージー健康法

携帯出来る MCTオイル (20g×10包)  グルテンフリーパン 

あなたは半年前に食べたものでできている 実践編

 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー100g 携帯用日本製粉 アマニ油 ミニパック 5g 30袋  グルテンフリーパスタ