ー スポンサード リンク ー

チーク 頬紅 の役割について

チークについて

そもそもチークは何のために入れるのでしょう?
チークの色味や入れ方によって、たるんだ顔を 引き締める小顔効果があり、
さらに色味によって少女のような初々しさ、 大人の優しく微笑んでるように、
清潔感を出すことができます。

こういう効果って他のパーツのメイクでは表現できません。

 

スクリーンショット 2014 09 29 11 49 56
人は年齢とともに、目の下からだんだん間延びしていき、老け顔に なっていきます。

顔について(赤ちゃん顔、老人顔)は下記を参照
http://tomio23.com/archives/3136

 

 

チークによって変わる印象

少女から大人なになるにつれて、だんだん頬から少女のころの
ボリューム感が無くなり、目から下が平らになります。

目から下の距離が長く感じ、ヌボーッとして無表情に見え、
寂しい印象に なっていきます。

スポンサードリンク

 

目から下、口元に掛けて間延びしたところに、頬の筋肉の位置を チークで
高く見せると、顔に凹凸ができるので、キュッと縮んで 小顔にみえます。

 

チークあるなし 1 1
 
楕円に平行に入れてやることで優しい顔になり、さらに正面から 頬骨にかけて
斜め上へ強調することで、顔全体が引き締まって見えます。


また横から見てもリフティング効果があり元気な顔に見えます。
チークを入れたのと、入れないのでは、全然印象が変わります。
 
 

カラーマッチング

チークは自然な肌の色を変えるのではなく、顔色に生き生きとした
活力を与えるために使います。

明るい顔色を抑えるために、暗い色のチークを入れるというのは
間違いです。

血色が良すぎて悩んでいるのなら、下地で抑えた上で、ピンクか、
ピーチ系で自然な輝きを添えましょう。

肌の色が暗い人は、青みがかった色(ピンクの種類によくある)を避け
アプリコットやオレンジのような暖色系を選ぶこと。

濃い色の肌には、ごく薄い色から大胆に目立つ色までも似合いますが
アジア人やイギリス人なら控えめにつけるようにしたほうが、 無難です。

また唇の色と合わないチークを入れてはイケません。
 
 

チークのルール

 
 

自分の顔の形を知りましょう

上手くチークを入れるには、自分の顔をよく知ることが大事です。
 
顔の形 2
顔が長い人は横長に入れると顔の長さを感じさせなくなります。
 
 

リンゴのように描く

      • メイクアップがどんなに上手く言っても、その土台となるのは
        ●●自分の顔です。 美容整形でもしない限り、自分の顔を最大限活かす
        ●●ことはできても、完全に変えることはできません。
        ●●もし丸く膨らんだ頬をしているとしたら、シェーダーやハイライトを
        ●●たくさん使って頬骨を 描き出すことはできても、不自然です。
        ●●持って生まれた特徴を引き出すには、『リンゴ』のように
        ●●描くことです。簡単な上、たいていは上手く行きます。

       

      • 鏡の前でにっこり笑ってみましょう。
        ●●その時膨らんだ部分を触って下さい。 そこから始めます。

       

      • パウダータイプのチークならブラシにつけてから
        ●●余分なパウダーを払い落とし、ブラシを円を描くように均等に
        ●●動かし思うような色に ゆっくり近づけます。

       

      • 笑顔をやめ、ブラシを上下に動かし 輪郭がなじむようにぼかします。
      • クリームタイプのチークなら指先につけ 同じように頬の上で丸く
        ●●伸ばしてやります。よくなじませるように気をつけること
      • 統一感を出し、若々しい雰囲気をかもし出すため 額や、鼻、
        ●●アゴにもチークを 軽くはたき光沢感を出します。
       
スクリーンショット 2014 09 29 11 44 43
チークの入れ方については下記を参照してください
http://tomio23.com/archives/3179
 
 

入れ方のヒント

  • パウダータイプのフェースカラーは必ず ファンデーションか
    ●●パウダーの上に 重ねましょう。
    ●●素肌に直接つけないこと。色が鮮やかすぎて、不自然に見えますし、
    ●●滑らかに伸ばしにくくなります。
 
  • 恐れずに色々試してみましょう。メイク上手な人は、
    ●●フェースカラーを胸の谷間や、髪の生え際にもつけ、
    ●●自然で健康的に見せています。
 
  • チークを付け過ぎないようにするには
    ●●白い毛のブラシを選ぶとよいでしょう。
    ●●ブラシを見てピンク色がきつすぎるようでしたら
    ●●頬に付く色も濃すぎるといえます。
 
  • つけすぎても、焦らないこと、上から
    ●●透明なパウダーを叩いて、色を落ち着かせましょう。
 
  • チークを入れるときは微笑みを忘れずに
    頬のふくらみを確認することができます。
    ●●チークはまず、そこに入れ、後ろの頬骨に向けてやや斜めに
    ●●入れていきます。
 
  • 独創性を発揮ししましょう。口紅を
    ●●指先で軽く頬につけ上手になじませれば、
    ●●とても効果的なチークになります。
 
最近は、チークとハイライトが両方入っているチークカラーも
売られています。チェックしてみてください。
 
 

チークの色の持つイメージ

チークの色選びは、選んだ色がそのまま貴方の印象になります。
チークの色によって印象が変わります。
今はヘアカラーやご自分の 瞳の色によっても色選びが変わってきます。

基本は自分の自然な肌との相性で決めるのが無難ですが 色々試してみて
顔が明るく自然に見えるようなものから 選んでいくと良いと思います。
 
 

年令によるチーク選び

若い内はチークよりもアイメイクに力が入りますが 年齢を増すごとに
アイメイクが薄くなり、ナチュラルメイクに 変わってきます。

年齢とともにどうしても顔色もくすみがちになります。
目力すごいアイメイクが主流のお化粧よりも ナチュラルメイクに変わって
きて、自分の素顔に限りなく近く、 そして美しくメイクされている

という、お化粧が 40代になって くると人気になります。
くすみがちな顔色を綺麗に見せるためにチークが益々重要に なってきます。

チークの色のイメージを参考に40代以上になったらコーラル系の しかも
クリームタイプで薄く入れるのがおススメです。

マットタイプや、ラメ入りはやめとくほうが無難です。
試してみてください!