ー スポンサード リンク ー

冬のスキー焼け紫外線対策

スキー場の日焼け対策

冬のシーズンは、夏と比べて紫外線に対して安心していませんか?

スキー場の雪面の紫外線反射率は80~95%といわれており、とっても日焼け
しやすいのです。

 

スクリーンショット 2014 12 16 13 18 01
つまり反射して下から紫外線があたるということです。
いわゆるスキー焼けと呼ばれる現象です。

 

 

スキー焼け

ゲレンデを快適に滑り降り、アフタースキーを楽しんだり
のんびり過ごすほど心が浮き立つ事はありません。

しかし体はシッカリ、カバーされているのに対して顔は強烈な
太陽光線にさらされています。

紫外線は光の一種ですから、何かにあたって反射しますし、何かに吸収される
こともあります。
冬の場合、雪による紫外線の反射が注意するべき点です。

 

スポンサードリンク



 

雪面は紫外線を8割から9割反射します。
砂の場合が1割から2割であることを考えると雪面の反射率は非常に高いのが
分かると思います。

しかもゲレンデの日差しは雪の照り返しのせいで、普段より
ずっと強くなっております。

ですから、夏の海岸にいる時と同様に紫外線対策が非常に大切に
なってきます。

冬だから紫外線が少ないと思い無防備で、帰ってからゴーグルの
後で目の周りだけが白く、焼けているといった失敗をしないよう
気をつけましょう。

スクリーンショット 2014 12 16 13 16 58

スキー焼けで注意すること

    • 雪は鏡の役割をすることをお忘れなく。いくら
      寒くとも、雪が反射した太陽光線は、より協力で、より危険に
      なります。
      必ず日焼け止めクリームでブロックし、冷たい風や、
      低く垂れこめた雲にだまされないようにして下さい。
      常に最大限の防御することが大切です。
    •  
    • 思わぬところが日焼けすることを、忘れずに。
      唇や、耳は、うっかりしていると簡単に日焼けしてしまいます。
      二酸化チタンなどお天然バリアが唇には得に有効です。
    •  
    • 紫外線防止レンズの入ったアングラスかゴーグルを、必ず
      着用しましょう。
      反射した紫外線が、目を痛め、雪眼炎を引き起こす事が
      ありますので、値段は高くても、それなりの価値はあります。
    •  
    • 鼻、額、首は、得に入念にサンブロックしましょう。
      首は年齢が行った時に、得にシワとして現れます。
    •  
    • 帽子をかぶりましょう。体温のほとんどが、頭から
      失われます。
      かぶりたくないのなら、紫外線防止効果のある、ヘアクリームを
      つけて下さい。
      ビーチと同様、ゲレンデでも髪が痛むことを、お忘れなく。
 
スクリーンショット 2014 12 16 13 26 57 【エリザベスアーデン】エイトアワー クリーム
リップ プロテクタント スティックSPF15 3.7g
 
男性も唇の荒れには気を付けましょう
プロのあいだで人気のエリザベス・アーデン商品少し高いですが
安心できます。

冬は乾燥と雪による紫外線の照り返しに気をつけて、きちんとした
対策をこうじて、快適で疲れの残らないようにウインタースポーツを
楽しんで下さい。