ー スポンサード リンク ー

健康でいるためには、どうすれば良い?続ける秘訣はあるか?

健康について考える


健康って何?

と聞かれた時、多くの人は身体の健康を思い
浮かべると思います。

しかし健康は、身体のことだけではありません。

国連の専門機関であるWHO(世界保険機構)では
1999年の総会で健康の定義について・・・
 

  • 肉体的な健康
  • 精神的な健康
  • 社会的な健康

スクリーンショット 2017 01 18 15 14 47

 
の3つに加えて・・・?
スピリチュアルな健康が必要であると提案された。

 
 

 

 

「心」はあなたの未来を映す鏡?


「スピリチュアル」とは、心や魂などのことで、これが
世界的な保険機関で健康の定義として提案されたのは
画期的なことです。

 

心が健康を左右するのはなぜでしょう?

 

 



 

 

人間は心で感じ、それを意識が、どう考え
それに従って、どのような生活習慣を持つかによって
あなたの健康は左右されるのです。

 

 

今の考えで未来の身体が決まる


マインド(心)の持つチカラは大きく
あなたの考えたことは物理的な世界に影響を及ぼします。

 

例えば、毎日のようにラーメンやカツ丼、ハンバーグ
フライドポテト、インスタと食品を食べたいだけ食べ
毎晩のようにお酒を飲み、タバコを吸って、ストレスや

 

ジャンクフード

 
イライラして、運動もほとんど、しないと言う生活を
続けていたら、高血圧、心臓病、脳梗塞、糖尿病、ガン
などになるリスクが確実に高まります。

 

このような不健康な生活習慣が、健康を損なう「原因」で
その「結果」が病気ですが、元をたどれば、その生活習慣は
あなたの考え方が作り出したものです。

 

 

健康のことを考えないのは、知識がないから・・・?
単に知識がないなら、必要な知識をえれば、健康を
維持するための、生活習慣の改善が可能です。

 

「こんなに健康だから病気になるはずがない」
過信している多くの人は、病気になって初めて
自分も病気になるのだと、気づくのです。

 

 

自分の健康は自分が守ると考える


健康を失ってからでは回復するのに時間と、お金が
かかります。

 

まず、病気になる前に、病気の原因を取り除き
自分の健康は自分で守りましょう。

 

 

未来に自分がどのような自分でありたいかによって
健康が決まると考える


 

  • 70歳になっても魅力的でいたい
  • 80歳になっても好きな仕事をしていたい
  • 90歳になっても世界旅行がしたい
  • 100歳になっても健康で人生を謳歌したい


 

このようになるためには、健康である必要がありますが
そのためには、これら全て可能だと考えることです。

 

それぞれの年齢になったときの、自分をできるだけ具体的に
イメージする事です。

それがあなたを健康に導きます。

 

美しい男女


 

例えばこんな風に・・・?


 

  • 70歳のあなたは20歳も若く見えてモテモテ
  • 80歳のあなたは好きなことを仕事にして起業する
  • 90歳のあなたはパリや、ロンド、ニューヨークに優雅に旅行

 
と言いた事を、イメージするのです。

 

僕自身は具体的に理想の男性像や女性像を
写真で具体的にイメージしています。

 

そうすることで、適度な運動も、体に良い食事方も
おいしく楽しくワクワクしてきます。

 

 

ポジティブに考え自分の身体、健康に感謝


肉体的、精神的、社会的健康は、健康な食事から
作られると最近つくづく感じます。

 

元気や、やる気、ポジティブ思考は、やはり
食事のとり方や、食品が元になります。

 

今日は大事な会議で思考をシャープにしたい時
もしくはスポーツでパフォーマンスを上げたい時は・・・?

 

胃の中を、できるだえけ「空っぽ」にしましょう。
パフォーマンスが上がることは間違いありません。

 

 

30代からしておきたいこと


いつまでも、健康でいるためには、若いうちからの
健康管理が大切な要因となってきます。

 

その健康維持の方法はどんなものがあるのでしょう。

 

若いうちは、体のエネルギーもあり柔軟性がありますので
運動をする習慣をつけることで、体の新陳代謝も活発に
機能するでしょう。

 

太り気味な人は有酸素運動をすることによって筋肉を鍛えることで
基礎代謝量を増やすことができます。

 

考えた、食事と合せてすることで、効果的にダイエットを
することができます。

 

バランスの取れた食事


健康的な生活を送ることは、栄養バランスのとれた食事を
することです。

運動と並行して行うことで効果もアップします。

 

そして動物脂肪より植物脂肪、ビタミン、ミネラルを
豊富に含む食品を中心に摂取することで余計な内臓脂肪を
蓄積しないようにすることです。

 

動脈硬化や糖尿病、高脂質症などの疾患を防ぐことができ
果物や乳製品は低カロリーで栄養価も高いのでオススメです。

 

しかし健康を害する原因となる脂肪分や糖質を全て取り除く
必要はありません。決められた一定量を守ることで・・・

適度に運動することで、効率よくエネルギーとして
燃焼することができます。

 

健康的な食事や運動を心がける事は不可欠ですが
幸せを感じることや、自分が幸せと思うことも
健康管理の一環なのです。

 

 

幸せを手に入れる


野菜中心やグルテンフリーの健康的な食生活をし
時々、ジムやプール、ヨガなどで運動し健康管理します。

 

それに加え、いつもオシャレをしていて、スピリチュアルで
睡眠をしっかりしていると、年齢を重ねるごとに
その効果を実感して、美肌や若さといった物が手に入り

幸せを感じるはずです。

 

  • 「病気になりたくてなったわけじゃない」
  • 「そんなことをしたら身体に悪いとは思わなかった」
  • 「それが病気の原因だとは知らなかった」

 
多くの人は病気になってからこう言うのです。

 

しかし病気になる原因と、ふせぎ方を知ることで
かなりに確率で生活習慣病は予防することができます。

 

正しい方法を知れば、自分の健康は自分で守る事が
出来るのです。

 

今、若い人の中で、わけの分からない事件や
引きこもりなど、今までの生活習慣を見直すことで
かなり防げると感じます。

 

心臓病、ガン、動脈硬化、糖尿病、アトピー、精神疾患などの
生活習慣病になるリスクを減らす事ができる方法の一つが
心のあり方をコントロールすることです。

 

毎日の生活で、自分たちの身体を作っているのは
間違いなく「食事」です。
食事によって、考え方や、心も変化するのです。