ー スポンサード リンク ー

【Mac での起動ディスクの選択方法】mac とWindows 、macでいつも起動するようにする方法

Mac での起動ディスクの選択方法


最近MacbookにWindows10をいれて一つのパソコンで、
仕事ができるようにした。

Windowsでしか使えないソフトがあり、使用頻度を Macがダントツに
多いのだが、昔作成した書類を見たりとWindowsは月に1度使う程度だ。

 

 

デフォルトの起動ディスクを設定する


Macbookの中に複数の起動ディスクがあり、普通に起動すると
Windowsが立ち上げってしまう。

とりあえず、Macbook中心なので、Macをデフォルトの起動ディスク
する方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

Apple メニューから、「システム環境設定」を選択します。

スクリーンショット 2015 11 09 12 12 38

 
システム環境設定の「起動ディスク」アイコンをクリックします。

スクリーンショット 2015 11 09 12 12 57

 
利用可能なボリュームの一覧から、自分がいつも起動したい
起動ディスクを選択します。

 

8175b009ed081ec702a8eb9739ee268a.jpg


 
その後再起動すると自分が選択した「起動ディスク」が立ち上がります。

僕はMacbookを選択しましたので、次にコンピュータを起動または再起動するとき、
は選択されたボリュームのオペレーティングシステムを使用して起動します。

 

Startup Manager で起動ディスクを一時的に変更する場合


Macのbootcampを使用してWindowsを使う場合

コンピュータの起動中に起動ボリュームを選択できます。

Mac の電源を入れるか、または Mac を再起動します。
すぐに「option」キーを押したままにします。

 

数秒後に下記の、Startup Manager が起動します。

スクリーンショット 2015 11 09 12 57 55

 
マウス、トラックパッド、または左右の矢印キーを使用して、
使用したいボリュームを選択します。

ダブルクリックするか「return」キーを押して、選択したボリュームから
Mac を起動します。

光学式ドライブがコンピュータに接続されている場合は、
インストールディスクを挿入するとそのディスクが Startup Manager に
表示されます。

また、オペレーティングシステムが入っている FireWire/USB 外付け
ハードドライブを接続すると、これらも起動ボリュームの一覧に
追加で表示されます。

Startup Manager では、起動可能なボリュームが接続されると、
それらが自動的に追加されます。