ー スポンサード リンク ー

4大ソーシャルメディアのルールを知って売上アップ

4大ソーシャルメディアの攻略ルールを知って売上アップ

 

3041097616_04e20b3c27_n

4つのソーシャルメディアをどのように使うか?


  • Facebook(フェースブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • mixi(ミクシィ)
  • Ameba(アメーバ)
 

ソーシャルメディアのルールをを理解することで集客に活用する

メディアを理解して売上を向上させるにはどうすれば良いのかを考えます。
なぜ集客に繋がらないのか?
それにはソーシャルメディヤのルールを理解する必要があります

媒体によっては1000万人や2000万人がいます

メディヤの文化を理解して使い分けることが大切です
それぞれのメディヤの違いについて知らない人が多くいますので
少し考えてみしょう

 

使い方の特徴

 

Twitter(ツイッター)

images-1

日本で200万人

ツイッターは広く浅い人間関係を作る事で知らない人にもつながっていく
事ができます。不特定多数とつながる事が目的で多くの人と情報を共有し
また情報が早く広がり多くの人に伝わるのも特徴です

ルールとしての特徴は140文字しか使えません伝えられる情報量が
限られています。少ない文字数で、コミニケーションを取るには限界があり
いきなり商品を販売したりするのは難しいと言えます。

役割はここだけで、ものを売ったりするのではなく、広く浅い人間関係を
作っていくには良いツールです。

ニックネームや顔を出してないことも有り深い人間関係と言うよりも広く新しい人
不特定多数の人とつながることができます。また情報を取りに行くとゆうよりは

フォローすることで欲しい情報が入ってきます知りたいニュースを発信している
アカウントをフォローすれば情報が向こうから手元に入ってきます。

直接質問で更に一歩進んだ情報収集をする事ができ顧客のニーズやウオンツ
を知ることができます。まずは気になる人をどんどんフォローしていくと
その人と繋がている人とも繋がることができ、ここでは社会的に偉いとか身分は


関係ないので、ヤフーの孫社長も多くの人からの意見を仕事に反映させることは
有名な話です。気になる人に話を投げかけてみる事ができ度の人とも繋がる
事ができます


注意することはネガティブ発言や怒りはツイートを炎上させる元になるので
気をつけましょう

 

Facebook(フェースブック)

imgres

 

フェースブック日本で1000万人世界で9億人
フェースブックの大きな特徴はリアルの人間関係をそのまま保ついう言う事です

リアルの人間関係を築いていく、会社や、友達、サークル学校、業界関係
リアルの人間関係をネット上でも継続できるようにしようというのが趣旨で
使われています。

大学での同窓会のためと言う形で作られています。女性や在校生のための
SNSと言う関係状基本のルールーとしリアルの人間関係を作るために自分の
顔写真ありの実名制がルールです。

プロフイール欄は名刺代わりなので軽視しない事が必要です。

顔写真をつけて実名制が基本で信頼性に繋がる、これが多くの人に認知された
特徴です

フェースブックは顔写真と実名制で信頼関係を築きやすい
というのが特徴です。

このルールを正しく理解してない人は、たまにフェースブック上で
似顔絵や顔をペットにしたりニックネイムにしたりしている人がいまがすが

自分の実在がわからないようにすると言うことはフェースブックの使い方を理解
していない人ということが言えます

フェースブックを何のために使うかを理解してないためフェースブックで多く
の人とつながろうとしている人がいますが知らない人とに、
リクエストを出し続けるとリクエストを停止されたりすることが多々あります。

フェースブックでは実際に逢った人と繋がっていくことが大切です。
フェースブックで不特定多数の人とつながろうとすることはあまり良くないし
フェースブック側もあまり良しとしていません。

フェースブックのグループ機能を使って特定のグループ、お客様のグループや
勉強会のコミュニティーを作ったり趣味のコミュニティーを作り情報を

見せたい人だけに見せることもでき、ここでは個人的な、どこどこのイタリアン
美味しかったとかリアルの人間関係と同じようなものですから私的な事を書いても
興味を持って見てくれます。

これは顔写真と実名制だから自分が話すことに責任を持つことが出来ます
あくまでも信頼性とリアルに近い人間関係を作って行くのがフェースブックの良さです

今までのネットでの媒体は、匿名性が売り物でした、この欠点は本当にこの人
大丈夫なのかと言った信頼性にかけていたことです、だからここでビジネスする
には信頼性と言う意味でも難しいということが言えました。

 

mixi(ミクシィ)について

091210mixi1

老舗のSNSです。ネット上での人芸関係づくりに於いては
ポイントはニックネームと顔を出さなくていいことも有り人間関係が作りにくい

ですがいろいろなコミニティーが有りスポーツや同じ趣味を持った人同士が
つながりやすい、ですから例えばお店の新しいメニューがどう評価されるか

リサーチしたい時、年代や美容に興味あるコミュニティに行き投げかける
ことでリサーチすることができます

 

Ameba(アメーバアブログ)

imgres-1

1200万人無料のブログサービスで芸能人も多く使っておりSNSと
ビジネスに使いやすいサービスです。

このブログは日記を書いても意味がありません。有名人ならともかく
無名の人の日常に興味を示してくれる人はいません。ですからここは

逆に専門的な特徴を書き続ける事で同じ趣味や書いた専門性に興味ある人が
集まると言えます

まずブログとホームページの違いはほとんど同じと言えます。お店の
ホームページとしても手軽に書き込みや、作ることもできアメバーブログを
使って集客に繋げているお店も多くあります。

アメブロは多くの人の目に触れるチャンスが多くあり、無料なだけに周りに
広告を貼られごちゃごちゃしますが、人目につきやすい利点もあります。

オリジナルのホームページはどんなにかっこよく作ってもヤフーや、グーグル
検索のトップページに表示されない限り無いのも同然になります。

店名を知っている人が検索するかお客様に見てくださいとアピールする以外
見られるチャンスは有りません。他との連携によって見てもらえるチャンスを
作ることが必要です。

 

何れにしてもブログやホームページはお店紹介だけではダメだと言えます

6594302193_fa56cc65b3

 

毎回美容に関しての新しい専門性やお勧めニュースタイル、メニューを
打ち出し続けて検索エンジンにかかるようなコピーライティング技術も必要になります

ブログやホムページは集客の手段、記事が検索されて初めて見に来るという
特徴があります

専門性をとことん書いていく専門家としての意見を書くことで検索エンジンに
ひかかり多くの人に見てもらうチャンスが増えると言えます

何か調べ物をしたいときに引っかかる様な情報、最新ヘアスタイルとか、皮膚に
やさしいヘアカラー、リラックスするアロマ、シャンプー、アンチエイジング等
専門性と一般の人が検索してみたくなるような事を多く書くといずれ
トップページに乗ることになり集客に繋がります

自分の日常を書いても誰も検索してくれないから意味が有りません

専門性を多く書くことで信頼性が増します。自分が必要としている情報を検索した
時に見つけやすい事が大切です

それがブログやホームページの役割。ここであまり売り込みばかりすると
嫌がられて見に来てくれなくなります。お客様が欲しがる情報を流すと
見込み客になりやすいと言えます

アメブロは情報発信をしてメールアドレスを取ってコミニュケーションを
取っていく様にします。ですから専門性の高い情報発信をしていく事が興味を
持たれることにつながります。

ブログやホームページはツイッターやフェースブックと繋がりをもたせることで
お互いが生きてきます