ー スポンサード リンク ー

ラストマン スタンディング,3本の映画を見比べる

ラストマン スタンディング、3本の映画を見比べる

先日「ラストマン スタンディング」ブルース、ウイルス主演の映画を
レンタルで見た。途中からリメイク版に気づき、それでもそれぞれの
映画を思い出しながら見て楽しんでいた。

黒澤明監督の

用心棒

用心棒

 

用心棒【期間限定プライス版】 [DVD]

役柄は三船敏郎主演で、たぶん上州のからっ風の吹く中、肩で風切る
三船さんの殺陣が凄くカッコ良かった!ストーリーといいカメラワークといい
二度斬りと本邦初の効果音!も凄かった。

 

荒野の用心棒

荒野の用心棒

 

荒野の用心棒 完全版 スペシャル・エディション [DVD]

主演はクリント・イーストウッド、用心棒のリメイク版として
イタリアン西部劇、当時マカロニウエスタンとして人気をえた、時代劇を
ここまで忠実にリメイクしたな感心させられた。

またクリント・イーストウッドポンチョ姿と表情がカッコ良く日本でも
一躍知られる様になった。

 

ラストマン スタンディング

ラストマン スタンディング

 

ラストマン・スタンディング [DVD]

『用心棒』『荒野の用心棒』と設定は同じなので、ストーリーは
安心して楽しめます。三船敏郎、クリント・イーストウッドと比べて
見る楽しさがある。

 黒澤明監督の『用心棒』やクリント・イーストウッドの荒野の用心棒は
(西部劇)としてリメイクし、「ラストマン スタンディング」は禁酒法時代の

アメリカを舞台にリメークした作品です。

役柄は三船敏郎役をブルース・ウィリスが、仲代達也役を
クリストファー・ウォーケンが演じています。

リメークと言うだけあってストーリーは『用心棒』とほぼ同じです
時代劇、西部劇、ギャング映画として、これも上手くリメイクされてると思った

ここまで違った見せ方が出来るのかと、そんなに見方で映画全体を
楽しむ事ができる。
主演の雰囲気がかなり違った印象も3本見くらべる価値がある。

本家の三船敏郎は、渋さの中にもどこかコミカルな雰囲気も併せ持っていて
人間的な親しみやすさのようなものを感じます。

クリント・イーストウッドはもの静かでクールな印象,彼の持ち味が
存分に出ている。

ブルース・ウィリスも渋くちょっと暗く上手く演じきっている。
この『ラストマンスタンディング』のブルース・ウィリスも中々良い

その他リメイク映画

すき焼きウエスタン ジャンゴ

ジャンゴ

 

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD]

三池監督ワールドで展開される「ウエスタン」です。
この映画、ヘアで息子も参加、撮影に山形によく通っていた。

そんな縁で鑑賞したが、コミックのようで僕にはなじめなかった。
ラストシーンでカメラが引いていき村全体が移ったとき雪景色になっていて

お金と時間をかけた映画だと思います。三池監督の凄さは出ている。
特にラストシーンは印象に残った。
俳優人もスゴイ、若い人にとってはこの映画も面白いのかも知れない。