ー スポンサード リンク ー

30代から美ボディーになる方法

自分の体(ボディーライン)を好きになりましょう。


まずは自分の体を愛しましょう、愛すると言うことの中には
手入れをする事も含まれます。

手入れをすると、自分の事がもっと好きになれます。

多くの人が自分の顔よりも、体に不満を抱いている人の方がずっと
多いのです。

体はほとんどの時間衣服に覆われているにもかかわらず
メディアに取り上げられているような、完璧なデザインの小さいサイズの
衣服を着ようとすることは、無理があります。

そこで我慢をしてダイエットし小さいサイズの洋服を着ようと
無駄な努力をするよりは、そのエネルギーを別の方向に向けましょう。

 

 

自分の体やサイズ・体型を受け入れる


自分の体やサイズ・体型を受け入れ、まったく自分では無いものに
変身するのではなく、自分がなれるベストの状態に目標を設定するのです。

 

スポンサードリンク




 

結局大事なのは・・・?

自分の個性を活かし、自分の体を好きになり、(もちろん自分自身も)
その上で、なりたいボディラインを目的地にして育てることです。

 

ベストの体系を保つ方法


ベストな体系を保ち、肌をベストの状態にするためにできる事は
たくさんあります。

ライフスタイルを少しだけ向上させることとして、もっとエクソサイズして
筋肉を発達させ、血色を良くして・・・

水をたくさん飲んで、体内の毒素を洗い流すなど・・・は自分を
向上させるのに役に立ちます。

モデルのように生まれたままの姿で香水のキャンペン広告に
花を添えることはできないかも知れませんが・・・

ずっと美しく見え、気分がよくなるはずです。

 

美ボディは楽しみながら作る


美ボディは、楽しみながら自分で育てていくものです。

できれば、痩せたいとか、もっともっときれいになりたい女性こそ
筋トレをして若返りを目指しましょう。

2週間、週に3回頑張ると筋肉が腹筋が少し割れてくるのが
わかり始めます。

 

スクリーンショット 2016 04 11 12 34 03

 
こうなるとジムで鍛えるのが楽しくなります。

運動をあまりする時間が無い人でも、ストレッチや
腹筋や背筋はお家で出来るはず。

仕事の行き帰りに姿勢を但し、早足で歩くだけでも
血液の循環が良くなり足が細くなります。

歩き方が変わると代謝がよくなり、やせやすい体を手に入れることができます。
脂肪を燃やしやすい体を日頃から作っておくことがポイントです。

 

背筋を鍛えて姿勢美人に


猫背の人は、背筋が弱い、腹筋と背筋のバランスが悪い人が
多いのです。

スクリーンショット 2016 04 11 12 35 03

 
毎日腹筋をし、その後背筋を伸ばすという運動をしていくといいでしょう。
寝る前の15分間を利用して、痩せやすい体を作りましょう。

 

スキンケアも大切な手入れ


大抵の人は自分の体型に、くよくよ悩んで時を過ごしていますが
肌のキメも、外見に大きな影響を与える要素なのに、そちらは
あまり気を配ろうとしません。

バスタブにほんの数分だけ時間をさいて、体の手入れをして
みてください。
 
スクリーンショット 2016 04 13 11 10 31

 
驚くほどの効果が得られるはずです。

 

体に良くないこと


1.冬には、体は何枚もの衣服に殆どの時間覆われています。
凍るほど寒い戸外から暖房のきいた室内へ行き来しそれが体に
どんなに悪いかも考えもしません。

細胞の新陳代謝は悪くなり、古い角質化した皮膚細胞が蓄積し
くすんだ生気がなくなってきます。

週に一度は、長いヘチマ(背中など、手の届くもの)などで
角質を取り除きましょう。

2.膝や肘などの関節部分には、注意が必要です。
薬局店で売っている「白ワセリン」など保湿剤を使って
膝や肘を柔らかく、若々しく保ちましょう。

3.熱すぎるお風呂やシャワーは避けましょう。温めのお風呂の後の
冷たいお風呂やシャワーは、循環を良くして、肌を「目覚め」させてくれ
フレッシュに若がえさせてくれます。

4.良い姿勢を保ちましょう、悪い姿勢は、体の調和がうまく取れてない
ことを意味します。
見かけも良くありません。

肩と首を後ろに引き、アゴと視線をあげて、骨盤をわずかに前に傾けます。
たったこれだけで身長が何センチも高くなり、見た目まで変わってきます。

5.お風呂に入ったら、必ず保湿をしてください。顔と同じぐらい体も
肌が乾燥すると、「しわ」になってしまいます。

季節によって保湿剤の強さを変えましょう。
もしビーチにいて砂や海に囲まれているなら、もっと
強力な手当が必要でしょう。

 

美しい肌のための食事


食事の取り方も、まずは野菜を最初に食べてから主食を食べます。
食べる順番を変えるだけで、ふとらない体質を作ります。

痩せやすい体づくりに大切なのは「分量」よりも「食べる順番」です。
以下のように食べるようにすると良いでしょう。
 

  1. 野菜
  2. 肉・魚などのたんぱく質
  3. 白米などのたんぱく質
  4. 炭水化物も適度に取ります。

 

夜に食べる人は気持少なめにします。
多く食べたい人は、朝の時間帯に取ると良いでしょう。

[肌トラブルの原因は外的要因と食べ物による体の内側の健康が大切]を
チェックしてください。
http://tomio23.com/archives/4751

Untitled
 

 
食事は食べる時間帯と順番が大切です。
朝から大事な会議で脳を活性化したい場合などは

会議が始まる前には消化してしてしまっていることが
大切です。

胃に食べものが入っていると、眠気を誘います。

日頃のチョットした積重ねで美ボディを手に入れる事ができます。