ー スポンサード リンク ー

美肌に良いクレンジングに使える、天然オイルの選び方

美肌にはどんなオイルが良いのか?


化粧品や日頃のケアは何を使ったらいいのか?

まずは天然のオイルはクレンジングに・・・薬局やスーパーで
売っているオイルそのまま使うことができます。

クレンジングの目的は、油性の化粧品をオイルで浮き上がらせる
事です。

普段スーパーや薬局などで購入できるオイル特に食用のオイルには、
合成界面活性剤が含まれていません。

この合成界面活性剤ですが、洗顔料やシャンプーなどに配合されている
洗浄成分で、無添加ではないものをクレンジングとして

お肌に直接つけるのは良くない成分なのです。

ですから、バージンオリーブオイルやバージンココナッツオイル
を使用する人が増えてきたのです。

お肌の構造を壊さないために、余計な物が何も配合されていない
オイルを使うことが大切です。

 

スクリーンショット 2016 07 05 14 07 32

 

 

様々なオイル


クレンジングオイルには様々な物が存在します。

お料理に使うオイルのほとんどがクレンジングに使えます。

オイルは基本的に脂肪酸とグリセリンからできています。
何の脂肪酸がどれくらいの配合で含まれているかでオイルの

性質が決まります。

お肌に良いオイルを使いましょう。

 



 

クレンジングとしておススメオイル


 

  • オリーブオイル
  • 椿オイル
  • セサミオイル
  • ホホバオイル
  • スクワランオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル


 
詳しく見ていきましょう。

 

オリーブオイル


洗い上がりがしっとりするので、乾燥肌におすすめです。
ただし少しべとつきが気になるかも知れません。

また構成する脂肪酸は「オレイン酸」が主成分ですので
ニキビが出る人はこれを使うと悪化します。

酸化しにくいオイルですが、酸化すると独特の匂いがします。

オリーブオイルをクレンジングに使うのであれば・・・
しぼりたての一切化学処理を行っていないエキストラバージンオイルが
オススすめです。

エキストラバージンオリーブオイルは酸化しにくいオイルと
いわれています。

 

椿オイル


オリーブオイルより「オレイン酸」が多く、べとつきを強く感じます。
オリーブオイルと同じくニキビが悪化しますが、超乾燥肌の人には

潤いを与えたくれます。

 

セサミオイル(ごま油)


ごまを絞った琥珀色のものと、炒らずに生のまま絞った透明の
「太白ゴマ油」の2種類があります。

クレンジングとして使うのは、あまり匂いのしない「太白ゴマ油」
おすすめです。

インドのアーユルヴェーダーでは、マッサージオイルとして
使われています。

オリーブオイルよりサッパリしていますので、肌がオイリーな方や
ニキビが出来やすい方はこちらが良いでしょう。

 

ホホバオイル


オイルと名が付いていますが、脂肪酸とアルコールが結合して
生成した液体ロウです。

ロウは皮脂の成分にも含まれるものですので、皮脂の過度な分泌を
抑えます。

あまりべとつかつサラッとしています。
酸化しにくく扱いやすいのが特徴です。

ホホバオイルの持つ高い保湿性と殺菌性は、アトピー性皮膚炎の
方にも適しているものなのです。

品質が良い物は高価でクレンジングにタップリ使うとお金が
かかることが難点です。

 

スクワランオイル


オリーブオイルから取れる「オリーブスクワラン」と「深海ザメの肝油」
から取れるサメスクワランの2種類があります。

伸びが良く、さらっとしているのに保湿力もあります。
酸化しにくく、人間の皮脂に似ていて、刺激が少なく

アレルギーを起こしにくいのが特徴です。

 

エキストラバージンココナッツオイル


徹底的な品質管理のもと、コールドプレス法(低温圧搾法)でじっくりと
抽出した100%の無添加天然ピュアオイルの事です。

ココナッツオイルには美肌の素になる栄養素が豊富に含まれており
高い美容への期待できます。

食べても肌に塗っても良いエキストラバージンココナッツオイル
腸内環境が整え、体内に滞留した肌荒れを引き起こす原因にもなる
老廃物が体外に排出されやすくなるため肌荒れの対策を行うことができます。

ココナッツオイルに含まれる「ビタミンE」は肌へのなじみがよく
乾燥して硬くなってしまった肌をやわらげるとされているので

角質層まで保湿成分を届けることができます。

ココナッツオイルにはアンチエイジングや天然のUVカット
抗菌効果などの美容効果の高い成分がたっぷりです。

さらには、油分の強力な保湿効果。この相乗効果のおかげか
単なる汚れ落としのクレンジングではなく・・・

お肌への美容効果も高いクレンジング方法です。

酸化もしません。

 

おススメオイル


上記したように食用で構いませんが・・・
お肌の構造を壊さないために、余計な物が何も配合されていない
オイルを使うことが大切です。

しかもオイルによっては太白ゴマオイルなどは100度に熱して
冷ましてから使うなどチョットしたコツが有ります。

と言うのはアーユルベーダーで使うほどですから、デトックス効果だ
高いオイルになるからです。

ですのでここで紹介するのは初心者が安心して使えるものです。

食用のバージンオリーブオイルは美容用とは違い、オリーブそのものの
風味や香りが強いため、好みのよる向き不向きがあります。

バージンココナッツオイルなどは食用で問題ありません。

 

クレンジングオリーブオイル 【シルク姉さん愛用】レステモ パーフェクトクレンジングオイル 80ml メイク落とし 携帯サイズ オリーブオイル クレモナ クレンジング 
椿オイル 椿油クレンジングオイル 150ml
クレンジングホホバオイル プレマオリジナルピュアホホバオイル
100ml入り
 クレンジング太白ゴマオイル 九鬼 太白純正胡麻油 600g
 クレンジングスクワランオイル 無添加工房OKADA 岡田美容オイル30ml(オリーブスクワラン100%)[無添加工房OKADA スクワラン(植物性) オイル]【6_k】【送料無料】
クレンジングバージンココナッツオイル ブラウンシュガーファースト 有機 エキストラバージン ココナッツオイル 425g

 

特に酸化が無いのは?


特に酸化が無いこの2つは、食べては体によく、肌に塗っても良いです。

  • エキストラバージンオリーブオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル

 

ココナッツオイルは地球上で最も安心して口にできる食べ物
ボケない、老けない、太らない


 

エキストラバージンココナッツオイルはオイルプリング(うがい)も
することができます。
 

歯のホワイトニングや
歯周病予防
関節炎
心臓病
糖尿病の改善など


また殺菌作用もあり、無敵のオイルです。

 

オイルのクレンジング方法


自分の肌質に合わせてオイルを選んだら・・・?

天然オイルクレンジング
蒸しタオル(湿ったタオルを500Wで1分)を厚くないか腕などで
確かめ顔にのせべたつきを拭き取ります。


 

バージンオリーブオイル使用の動画です。

肌荒れが強い人はそのままでも構いませんが、ヌルヌル感が嫌な人は
何回か蒸しタオルで拭き取ります。


 

海外では乾燥地帯が多いいため問題になりません
その点日本は湿気が多く使うオイルを選びましょう。


 



 

1) 500円玉位のオイルを手の平にとる。

2)アイメイクなどコットンにオイルをつけ拭き取り残りを 顔にひろげ温めながら優しく指でマッサージしながら馴染ませる。
ゆっくりとやさしく馴染ませるとメイクが馴染み浮いてきます。

3) 十分にメイクとなじませ終わったら完了です。

4)1枚ではすぐに吸い取ってしまうので3くらい重ねましょう。
3枚程を使い、オイルとメイクを押さえて拭き取ります。
こすらないで吸いとるようにしましょう。

5) 蒸しタオル(湿ったタオルを500Wで1分)を厚くないか腕などで確かめ顔にのせべたつきを拭き取ります。
約30秒程、乗せておくと毛穴が開いて汚れをふき取り
やすくなります。

6) べたつきが気になる方は固形石鹸を泡立て洗顔をする。


 

洗顔する場合は、顔を濡らさず乾いた状態で石鹸をのせて下さい。

ピュアオイルは界面活性剤が含まれていません、残念ながらお湯で
さっと洗いながせる事はできません。

しかしギトギトを取り除く事はできます。
どの位のうるおいを残すのかはご自身で決めると良いでしょう。

さっぱりさせたい時は、クレンジングの後にW洗顔をします。
しっとりのままが好みの場合はクレンジング後拭き取りのみでも大丈夫です。

冬の乾燥しやす時期なら拭き取りのみで使用OKです。

 

石鹸のチョイスは?


洗顔に良い石鹸は天然の油脂から作られた石鹸です。

スクリーンショット 2016 07 05 14 11 48

 
お肌に負担をかけること無く優しく汚れをとってくれます。

石鹸も世の中にはあふれていますが、どれを選ぶか迷います。

石鹸と名がついていても合成洗剤の場合もあります。
裏の成分表示で最初の方によくわからないカタカナやアルファベットが
並んでいるものは除外しましょう。

 

天然の石鹸でも、通常の石鹸には着色料、香料、防腐剤、品質安定剤
などが配合されています。

それらが肌に刺激を与えている場合があります。

 

肌に良い石鹸とは?


一番良いのは無添加石鹸です。

無添加石鹸でもすべてお肌に優しいいわけではありません。

無添加石鹸の作り方には「中和法」「窯焚き法」「冷製法」など
があります。

中でも「冷製法」で作られたものが良いでしょう。

まず無添加と書かれた石鹸を選びましょう。

 

良い石鹸を選ぶコツ


使ってみたい石鹸を泡立てて泡の中の(pHペーハ)を調べます。

酸性か、アルカリ性か調べるのです。

「pHペーハ試験紙」をホームセンター等で購入して
泡立てた中にしたしてpHペーハを調べます。

お肌に優しいpHペーハは8~9位です。

 

pHペーハが10以下なら合格です。
pHペーハの数字が大きいのは(アルカリ度が)高いということです。

アルカリ度が高いと洗浄力が強すぎて、お肌の保湿成分まで
流されてしまいます。

 

肌に良いと書かれていてもpHペーハの高い石鹸は多く存在
しています。