ー スポンサード リンク ー

一流へのこだわっり

僕の中での一流の定義は?


 

 

一流品を知るキッカケ

美容師になった時から、最低と最高を常に見るようにしてきた、もともと凡人で
ある僕にとって、一流品など知る由もなかった。

サラリーマン時代に輸出、輸入業のアシスタントを経験し、輸入した商品の卸も兼ねて
東京都内初め、日本の大都市の高級ブディックに出入りすることで、世界の有名一流
ブランドを知ることになる。

僕の初任給の半分以上する、ネクタイなど、誰が買うのかと思える色々な商品を
知ることがキッカケで、お付き合いで無理やりかわされ、身につけることになる。

何故こんないに高いのか疑問に思って調べていく内に、納得させられた。

 

スクリーンショット 2014 11 15 15 57 21

 

コンサルタントからの学び

後に美容業に入ってから、あるコンサルタントとの出会いがあり、
出張や旅に行ったら最高のホテルに泊まる事、またその街の大衆的な場所に
行ってみること、このメリットをおしえてくれた。

これがビジネスに取って、いかに大切かを話してくれた、彼は関西の人だが、
宿泊先と打ち合わせはいつも帝国ホテルと決めていた。

スポンサードリンク



 

一流とされている、ホテルは最高のサービスと雰囲気、人との打ち合わせの
メリット、常連宿にするメリット、出入りするお客様との出会い、等々

飲み物を注文すれば何時間使っても、問題ないラウンジ、その人は1日の内に、何人か
そこで打ち合わせをするのです。

もちろんホテルによっては一般宿泊と一定上階に宿泊者には専用
エグゼクティブラウンジがあり使用するラウンジが違うのです。
もちろんそこを自由に使える。

その中で一番、自分が使いやすい部屋や、場所を確保できるのです。
そう考えるとけして高くないように思えた。

今でしたらコンセルジュも、ビジネスセンターも自由に使え、何でも
ホテルで済ますことが出来る。

それ以来一流のホテルに宿泊したら、そこにあるサービスや設備は
全て使うようにいつも考えて使用している。

これも一流ホテルを知らなければ、僕のような凡人に取って気後れしてしまう
のかも知れません。

その後世界の、僕が行ったことのある都市では、最高とされている
ホテルに1回でも経験するようにしている。

行ったら必ず、そこのスポーツクラブは、必ず行ってみる。ビジネスセンターや
コンシェルジュは頻繁に、もちろん使う

スポーツクラブは僕に取っては、アイディアの宝庫、そこに出入りしている人種や
ロッカールーム、トレーニング設備、サウナ、シャワールーム、アメニティ、
シャンプー、コンデショナー何を使っているのか、ホテルは最高のサービスを提供する
ためにシャンプー、一つを取ってもこだわりが感じられた。

なにせお客様は世界の一流のホテルに泊まっている可能性が有るのだから、
美容室に取り入れたいヒントはいっぱいあった。

もちろん取り入れなくても良い、そのようなサービスをいかに取り入れないで
満足させるかを、模索するのも一つの考え方だ、しかし最上級のサービスを
知っているからこそ、必要あるかどうかも判断がつく。

 

美容室スタッフに求めたこと

とくにスタッフには、入社後一番の目標は、一流、一番を目指す事を唱えてきた。

美容師にとって最大の武器は
世の中で自分にしかできないことをすること、持つことが
最大の武器であり、一流の条件だからです。

もちろん自分、自ら、一流、一番を目指してきた、しかし残念なことに

一流とは?
自分で目指すことは出来ても、決めるのは自分では無く、第三者が判定する
そして、一流の感じ方も人それぞれ違うのです。

しかし他の人ではできない、自分にしかできないこと、極める事が
一流の証であることは間違いない。

私たち1人1人が「一流」であるという自覚を持って、多くの人に
感動を与えていけたら素敵だと思いませんか?

一流とは値段の安い高いは関係ない、その商品にどれだけのこだわりと
思いを込めて、相手の使い勝手に答えることが出来るかだと思っています。

しかし特別なものを創る時、時間と手間暇はかかります。
このストーリに共感できて、持った喜びを感じた時、価値は上がり
値段は二の次になるのです。

 

こだわって使った僕の中の一流品

僕の中の一流に対する定義は上記に記した条件に当てはまるかどうか。
これはファッションに限らず、食にしても、機具や自分が扱う商品に至るまで

他とは違う独特の流儀があるかどうか?
実用に耐えるかどうか?
僕の心に満足をあたえてくれるかどうか?

この3つはどうしても外せない
またその制作者やポリシーに共感を覚えるかどうかも
セレクトの基準になります。

 

洋服

僕の洋服選びは、仕事柄、人と違う格好がしたい、ぶっ飛んでいい時は
徹底的にぶっ飛び、ロンドンのストリートファッションには影響を受けた。

ロンドンのストリートファッションは、古着で組み合わせるのが主流
何処の国の古着も、ものすごく安く手に入る。
だから彼らは、高いブランド品は着ない、

逆にファッションデザイナーがストリートから学ぶ、彼らが着てる
古着を何着も買い込んでアイデアソースにしている事が良くわかった。

ヴィクトリア朝ドレスやエリザベス朝風、又はゴシックファッション等
オペラで着ていた衣装も多く売られている。

この時代のブラウスのデザインはレースやプリーツを
あしらって見事です。
僕自身も古着から学ぶデザインの良さをよく知った。

ヴィヴィアン・ウエストウッドのファッションはパンクロックだが
その時代がアイデアソースになっているように思える。
だから飽きがこなく、品位も兼ね備えているのです。
 
ヴィヴィアン・ウエストウッド
 
ヒットラーが開催したベルリンオリンピック1933年の映像は
当時ファッション関係で人気になっていた。

入場行進でのフランスチームなどの女性のコスチュームは
完成されたデザインでした。

当時のデザインスーツが、パリのクリニャンクール 蚤の市で
手に入れることが出来た、僕も妻に何着か購入し今でも
ステキなデザインをしている。

一流品で取り除くことが出来ないファッションとして軍服を
上げることが出来る。実用性から無駄を除き完成された美しさ

やはりフランスや、ドイツ軍ものはデザインでグンを抜いている
ドイツ女性の皮のコート軍隊用など、何回も足を運んで譲り受けた

間違いなく僕の中では一流品だ、シッカリ出来過ぎていて、僕自身が
着ていたが、重たく日本では、車の移動が多く着るチャンスを無くして
スッタッフに上げてしまった。

毎週ポートベローの蚤の市に行っていると、セレクトの良い組み合わせをする
古着やの子と知り合った。
大体そこが仕入れてくる古着を見ていると
来シーズンは何が流行りそうか想像ついていた。

洋服はもちろん、有名な国のブランドフランス、サンローラン、シャネル、
ディーオール、ゴルチエ、
イタリアのバルバス、アルマーニー、グッチ、プラダ、ジャンニ・ヴェルサーチ

ロンドン、ヴィヴィアン・ウエストウッド、アレキサンダーマックイーン、バーバリー
ドイツのファッションデザイナー、ヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)ジル・サンダー、

アメリカ ラルフ・ローレン ブルックス・ブラザーズ
アメリカのトラディショナルの代表みたいなもの

オーストリア ヘルムート ラング(Helmut LANG)

色々と時代に応じて試してきたが、デザイナーが変わってしまうとテイストが変わり
僕の中から外れていく一流品も多くなっていった。

もう一つ加えるとしたら、一流品の定義として何百年も続いて、
テイストを変えないことかもしれない。


 

スーツ

スーツはバルバスが好きだったが日本で手に入らなくなり、
アルマーニーになったアルマーニの一つ気に入らない所は素材を独自に開発している
せいか、選び方によって当たり外れが有ることだ。

結局ヴィヴィアン・ウエストウッド、に落ち着いた。少し個性があってそれが後々
飽きがこない、素材選びが良い、しかもシワになりにくく、縫製もしっかりしている。

とくに女性は選び方によって品があり、個性があり、長く着れる。

カジュアルに着る場合は流行が強く感じられる。ヒューゴ・ボスも
値段も熟れている。

トラディショナルに決めたいときはラルフ・ローレン、一流品への
こだわりが伝わってくる。

麻の、白シャツや、ストライブシャツは、からだのきれいなラインを
出してくれ、麻の洗いざらしにしても風合いが特に気に入っている
多分質の良い麻を使っているのだろう。

 

シャツ

カラーのシャツはプラダ ボタンダウンでストレッチ素材でシンプル、襟の大きさや
腕の細さも流行に左右されないシンプルな作り、着てて楽、洗濯も乾きが速い
を長い間気に入っていたが、とくにミウッチャ・プラダがデザインしたものを
気に入っていた。

今は長袖を短くカットしてもらい、重ね着として今なお活躍してる。


当時「日常を贅沢に飾る」をコンセプトとしていて、現代的で革新的な素材使いや
デザインの斬新さと、伝統や歴史等の過去との、みごとな調和で注目された。

僕もフアンの一人、バックにしても、軽くて丈夫プラダを使い始めてから
皮のバックはおもすぎて、使う気になれなくなったほど気に入っていた。

白シャツはTHOM BROWNE オックスフォードシャツ、クリスチャンディーオール
麻の白シャツ、ストライブシャツはラルフ・ローレンが気に入っている。

 

スクリーンショット 2014 11 14 23 20 09
【THOM BROWNE/トムブラウン】 ボタンダウン オックスフォードシャツ
白4 メンズ 【ベクトル …


ここ4〜5年買ってはいないがこのへんが今のスタンダードなデザイン

 

ダウン

【THE NORTH FACE】 SUMMIT SERIES 軽量ダウン

スクリーンショット 2014 11 14 17 19 06
ノースフェイス 【the north face】ダウン

小さくコンパクトにたため、じゃまにならない。昔から撮影で急に寒い箇所に
移動とかモデルが寒そうとか重宝し惜しげも無く使える
スポーツにも使えて最高です。

ユニクロがそっくりにし、入れ物まで真似しているのには、驚いた。

いまだからこそアウトドアスポーツウエアーがタウン仕様に注目されてきたが
環境に適用するよう機能重視でデザインされたものは完成度が素晴らしい。

 

ジーンズ

ジーンズはビンテージものリーバイスを買い集めたり、
フランソワ・ジルボー(François Girbaud)、マリテ・ジルボー(Marithé Girbaud)
夫妻が創業した、ユニークなスタイルのジーンズなど、気に入って、子供にも
着せていた。

今一番気に入っているのが、グッチのデザインナーをしていた、
トム・フォードがデザインしたジージャンやボトム、などは

基本を抑えつつ、からだのラインを綺麗に出すようデザインされ
素材や、色落ち具合いも計算され、正に僕にとっての一流品
良い物を知る尽くしたデザイナーだ

皮のライダースジャケット、裏の鞣し方もこだわっている
シンプルで着やすく無駄がない。しかし彼がグッチのデザイナーを
やめてしまってからはグッチは魅力が無くなった。

 

メンズアクセサリ

メンズアクセサリ色々持っていたが、銀製品は肌アレルギを起こし
殆ど手放した。
ブレスレットはカルティエ Cartier ラブ ブレスレット イエローゴールド
45年間一回も外したことがない、温泉、プール、海水、どこでも使用しているが
同じ輝きを失わない。

ネックレスのお気に入りは、ルイヴィトンのマークが小さく
わからないぐらいにデザインされホワイトゴールドのネックレス

 

時計

男のアクセサリーとして一番は時計だと思う、4つぐらい
コレクションしていた、ジャガールクルト、カルティエ・サントス
ブルガリ/ディアゴノ GMT、ROLEX コスモグラフ デイトナ
SEIKO プルミエ キネティック パーペチュアル、と色々使った結果、

時計
 
ありきたりかも知れないがROLEX コスモグラフ デイトナがヘビーに使えて
実用性が一番、海でも、シャワーや温泉と付けたまま何の問題もない。
ゴールドだと僕がつけると成金趣味に見えるがコンビで文字盤黒はオシャレで
この重さが心の満足を覚える。

ブルガリ/ディアゴノ GMT、ROLEX コスモグラフ デイトナを最初に
購入した頃は、リューズが手にあたり傷ができた、その後、ROLEX はそれも
改善され、購入した時から、以前のように手に傷を付けタコができることも
無くなった。

パテックフィリップ は実用性においてシャワーや海水の中とは、いかないかも
しれないが、シンプルで、控えめ、一切の流行に左右されない普遍性、
どんなに古いモデルでも修理可能な信頼性から“一生もの”を超えて、

子供から、孫の代まで真に代々受け継いでいくことができる唯一の時計
とイメージすると、あこがれの時計であることは間違いない。
これこそ超一流だと思うのです。

このように書いてしまうと、どの本にでも書いてある、ただのブランド好き
自慢好きと取られても仕方ないが、そうではない、皆が認める一流とは?

何故ここまで値段が高いのか?そのような好奇心から自分の手で
確かめてみたかったのです。

値段の価値ほど違いがあるかどうかは、別にして確かに大きく
感じられる違いがある。
また改めてその違いを書いて見たい。

この違いを感じた時、自分の仕事において、他とは違う独特の何かを
模索するヒントがあるように思ったのです。

今僕が使用しているものNIKE+FUELBAND、
今や時間は携帯を見れば世界の時間がわかるし、一流品の良さも知った
高級時計は単なるアクセサリーと自分の心の優越感であるように思えた今、

僕のライフスタイルからいくと必要ない事に気が付き処分した。

NIKE+FUELBANDのようなものはすぐ商品価値がなくなるので一流からは
外れるが時間が、わかって歩行距離によってパソコンにつなげるとキャラクタが
喜んでくれ記録も出来る。

 

スクリーンショット 2014 11 14 22 56 28
【nike+fuelband ナイキフューエルバンド スポーツ心拍計 リストバ…

これ無しには、歩かないと思う。これをつけているから
歩く元気が出る。だから僕にとって必要な物、最高に気に入っている

 

ベルト

エルメスのリバーシブルのベルトこれはやはり耐久性と
旅行時にスーツにカジュアルに使える。

デザインを変えない良さがある。太さもいつの時代も生き残って
いける計算された幅、太さです。

カジュアルにはジャベツ・クリフ(JABEZ CLIFF)のベルト、使い込むほど
良さがにじみ出てくる。

ジャベツ クリフ
 
これも英国王室御用達の「ロイヤルワラント」サドルレザーベルト、
馬具革(UKブライドルレザー)真鍮バックル》頑丈に出来ていて
一生ものです。

 

靴にはこだわりが強い、靴や、洋服のデザインに魅せられて
ロンドンに行くほど、ジョンムーア 靴の工房The Old Curiosity Shopに訪れた、
当時独創的な靴を作っていた。

また歴史ある英国で保護されている建物ものが靴の工房になっている。
今もその意志が反映されている。

 

ジョンムーア-1
http://www.the-old-curiosity-shop.com/collection/

1)すべてJOHN MOOREのデザインだがこの靴は今でも履いている
気に言った1足です。

2)この靴もミッキマウスのようだがデザインの発想と皮の良さに
魅せられた。

3)このデザインを見た時、このデザインソースは何なのか知りたくなり
ロンドンに行きました。今でも引き継ぎデザインされている。

女性のピンヒールの靴も独創的で美しいデザインのものがあった
アレキサンダーマックイーンのコレクションの靴もここからの
影響があるように思えるほどです。

原宿にあるセレクトショップの走り、ゼクトアがあり、学生だった
ジョン・ガリアーノの洋服や、他にないデザインの
洋服をセレクトしていて靴も、もちろん仕入先をこの店のオーナーで

ある女性店主より聞き、彼女はデザイナーのクリストファ・ヌメスと
結婚しヌメスのデザインの洋服と実にマッチして個性が出る。
これも魅力の一つだった。

残念ながらJOHN MOOREは死去している。二度と手に入らない
ジョンムーア コンバットシューズ だ。

彼の創る靴は、皮選びが良く磨けば磨くほど輝きをまし、
ヘビーに履ける。

僕は彼のデザインされた靴の中で一番シンプルな
モノが。お気に入りの一足だ。

僕はブーツならイギリスの Tricker’s(トリッカーズ)やnewrock-shopの
メタルコレクションが好きだ、女性のロングブーツもクールで丈夫
ファッションを意外と選ばない。

 

スクリーンショット 2014 11 15 14 49 24

ハイドやガクト等、有名アーティスト着用ブーツメンズ
NEW ROCK(ニューロック)レースアッ…


フォーマルならフェラガモが好きだ。
ジョンロブのように変に高くないし、また靴が進化しているとことも
好きです。

靴は以前タニノクリスチー、ミラノの貴族たちの乗馬用ブーツや靴をすべて手で作り、
「靴づくりの名人」と言われたことに始まり皮選びや履いていくうちの
フィット感がスゴイ、後はフェラガモ、など色々あるが

今は個性があってクリスチャン・ルブタンのピンヒールは足を綺麗に見せ
歩く後ろ姿の靴底が真っ赤で、男ごころをくすぐる。

 

スクリーンショット 2014 11 15 15 16 30
 
日本のPADRONE (パドローネ)CLASSIC LACE UP BOOTS / MARCOもいい
CONVERCE (コンバース)やニューバランスの中の、一切の流行に左右されない
モデルを使用している。

 

ポロシャツ

カジュアルに夏に着るポロシャツは色々着た中でやはり
ラコステのポロシャツがネービーカラーなど何回洗っても色落ちや
風合いが変わらず最高だ。

洗えば洗うほどよれ感が良くなる。

 

ラコステポロシャツ
 
ロンドンのホモの中では何と行ってもフレッド・ペリー一番
ソーホーの中でホモが集まるストリートがある。

イギリスのホモはスキンヘッドにマッチョでフレッド・ペリーを
着ていたら間違いなくホモだと思って間違いない。

フレッド・ペリーは何着も持っているが丈が洗っている内に
短くなって僕の体型では無理がある。

ボディーを鍛えた体で、着るとしたらフレッド・ペリーだろう。

Vネックの白のTシャツはGAPが気に入って僕の中の一流品。
その他ストレッチはTシャツはプラダは長持ちする。

今は下着メーカーだが、イタリアヴァローナのintimissimi インティミッシミ
が僕の定番、イタリアに行く人がいたらいつも買ってきてもらっている。

独特のプリントで生地がいいのはヴィヴィアン・ウエストウッド
デザインをあまり変えないところが気に入っている。

 

バック

男性も携帯や色々な手荷物が増えた、パーティーの時はルイ・ヴィトンの
タイガ トラベルケース必要最小限にのものだけ入れる時に使っています。

 

スクリーンショット 2014 11 14 22 22 11
 
ルイ・ヴィトンのセカンドバックは、意外と中が合成が多く長い間には
内側が、溶けてグチャグチャになる。これは一流とは言えない、以後
使用を辞めた。

今はalbe`doセカンドバック、多分名もないメーカーだと思うが
タイで購入したセカンドバックが、薄い割にはものが多く入る
最高に使いやすいく長持ちする。

 

バック
エル・エル・ビーンのトートバック、本来氷を運ぶためのバックですが
実用から必然的に生まれた、丈夫さと無駄の無い完済されたデザイン
これも一流品だと思います。

ゴルフでアルバトロスを出した時、記念で皆にプレゼントとして、選んだのも
このトートバックです。

プラダが出る前は、ハンティングワールドのバックが、フリーのカメラマン
から人気がでて、僕も長く使った。軽くて中に入れるカメラやレンズ、
保護してくれる。

ムダのない収納ポケット、カラーは24色まぜて創りだしたモスグリーンの
ような色、自然の中で溶け込み、どの洋服の色ともあう、とのこと
このストーリとハンティングと言う過酷な環境で雨にも強いことで
気に入っていた。当時日本にショップは無くニューヨークで購入した。

今普段はバックパック、 15インチまでのMacBook Pro、iPadが綺麗に保護されて入る
incase リュックフィット にパソコン入れて毎日使っています。

 

Incaseリック

INCASE(インケース…


デザインに一切のムダがなくパソコンを保護する機能や、背負った時の
背中のクションも最高です。